FC2ブログ

山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

松本・乗鞍・高山行2018(2)

前日、松本市西側の郊外に宿を取ったのは、できる早く乗鞍畳平を通過し、高山、白川郷を経由して高岡に19時前に到着するためであった。そうすれば最終の新幹線に乗れるはずだ。
ということで、3時に起床し、他の宿泊者の迷惑にならぬよう、音を立てないようにして身支度を整えた。
宿近くのセブンイレブンで飲料水を調達し、ハイドレーションバッグに充填した。
4時ではまだ真っ暗だが、フロントライト、リアライトの点灯を確認してスタート。

早朝の国道158号線は交通量は少ないが、新島々駅前のバスターミナルから出発した上高地行きの何台もの大型バスに追い抜かれた。
この国道、トンネル区間も多く、しかも登り基調なので、大型車に追い越されるときは緊張を強いられる。
夜明けが近づき、次第に周囲が明るくなってきた。
奈川渡ダムに至ったとき夜明けを迎えた。時刻は4時45分ごろ。
180808-02.jpg

奈川渡ダムから乗鞍エコーライン分岐のある前川渡まではほとんどトンネル区間。
トンネルを4つくぐった先に、前川渡大橋がある。時刻は5時ちょうど。概ね計画通りのペースだ。
この先、本格的な登りが28kmにわたり続く。
180808-04.jpg

早朝のエコーラインを熊鈴を目いっぱい鳴らしながら進む。登り始めて10km程度で乗鞍観光センターを通過。
時刻は6時。同所から乗鞍岳方面を望む。天気は期待できそうだ。
180808-05.jpg

さらに7km進むと、三本滝レストハウス。一般車両はここから先へは乗り入れ禁止だ。ただ駐車している車は少ない。平日だからだろうか?
一旦ここで休憩。自販機でコーラを買い、血糖値を上げる。時刻はすでに7時をまわっており、ペースが大幅にダウンしている。この辺りで標高1800mほどだ。少し休むと汗冷えして寒く感じられる。
180808-06.jpg

三本滝を発つと、ペースがさらに遅くなる。勾配はあまり変わらないはずなのに、疲れだろうか?あるいは空気が薄いから?
三本滝から7km進んだ位ヶ原山荘を通過したのは8時20分くらい。道路の反対側にある水場の水が冷たくて気持ち良かった。
山荘前から行く手を望む。もう少しだ。
180808-09.jpg

位ヶ原山荘より先は森林限界を迎え、眺望が一気に変化する。
青い空。
180808-12.jpg

清冽な雪解け水。
180808-16.jpg

何度も脚を止め、写真を撮っているので、一向に進まない。
180808-23.jpg

そして大パノラマ。登ってきた道を見下ろし、感慨もひとしお。
180808-28.jpg

ようやく岐阜県との県境、畳平に至る。標高は2702m。登山を含め、到達した標高の記録を更新。
時刻は9時15分ごろ。
180808-31.jpg

風が強く、気温も低いので、ゴミ袋を簡易加工したウインドブレーカーを羽織る。マラソン大会のスタート待ちするとき被るあれだ。
これから下っていく岐阜県側も素晴らしい眺望。
180808-34.jpg

美しい山岳風景。
180808-38.jpg

そして雲海。頭を出しているのは立山連峰だろうか?方角が分からないので、不明白山のようだ
180808-39.jpg

標高2000mまで下りてくると、展望台があった。案内ボードと照らし合わせて見るのもまた一興。
180808-40.jpg
180808-42.jpg

一気に駆け下り、再び国道158号線に合流。
標高を下げるごとに暑さが増していくのが実感できる。
高山市街の手前にある荒川家住宅。時刻は10時半ごろだ。
180808-45.jpg

実はこの辺りで自転車に乗るモティベーションが大幅に低下していた。乗鞍への登りによる疲労と、下りの衝撃による手のしびれ、そして気温差に身体が悲鳴を上げていたのだ。
そこで、プランを変更し、高山市内を観光し、どこかで一風呂浴びて、高山駅から輪行で富山に向かおうと心に決めた。

自転車を押しながら古い街並みを散策し、
180808-46.jpg

写真が下手くそで思い切り逆光だが、
180808-47.jpg

高山陣屋の前を通過して、
180808-49.jpg

高山駅に立ち寄った。
が、駅で衝撃の事実が判明した。7月豪雨の影響で、高山本線の富山側が不通だというのだ。
駅前のベンチで暫し思案に暮れた。
当初の計画通りに白川郷を経由して高岡駅に向かった場合、あと150km。しかし、一旦下がったモティベーションを元に戻すのは至難の業だ。また、最終の新幹線に間に合う保証はない。
一方、国道41号線を経由して富山市に向かう場合、あと92km。このルートの難易度が不明なのがリスクだが、ここは後者を選択するのが合理的だろう。ネットで検索すると、富山駅の近くにも銭湯がある。
ということで、一路92km先の富山を目指す。
※後日知ったことだが、この判断は大正解であった。白川郷へ南側からアクセスする国道156号、東側からアクセスする国道360号とも7月豪雨の影響で通行止め箇所があり、高山から白川郷へ自転車でアクセスすることはできなかったのだ。当初の計画通り進んでいたら、進むことも退くこともままならない状況に陥っていた。結果オーライではあるけれど、直前の調査不足は反省材料だ。

高山の市街地、飛騨市辺りは気温が高く、先行きを心配したが、幸い北上するにつれ雲量が増え、気温も下がってきた。数河高原への10kmに及ぶダラダラ登りは想定外だったが。

淡々とノルマをこなしているうちに、やがて神岡を通過。足尾や安中の精錬所に風景が似ている。時刻は15時。
180808-51.jpg

神岡から先は軽い雨模様だった。暑さを警戒していたので多いに助かる。
途中のスノーシェッド区間で数か所工事のため、片側交互通行となっており、その都度、トンネル内を全力疾走させられるのは閉口したが。
そうこうするうちに、富山県境を通過。15時50分。
180808-55.jpg

この後は、道の駅細入で小休止して五平餅を食したり、まったりと富山市街地に向かった。
そしてログも写真も撮っていなかったので、正確な時刻は不明だが、17時半ごろ富山市内の「星の湯」に寄ることができた。
きれいな銭湯でさっぱりできた。
しかし、銭湯を出て自転車で駅に向かおうとしたところ、後輪がパンクしているのが判明。幸い駅までそれほど遠くないので、パンク修理せず、手押しで歩き、駅には18時25分ごろ到着。
駅で輪行の準備をしたり、切符を買ったり、買い物したり、軽くアルコール燃料を補給したりして、19時25分発のはくたかに無事乗車できた。輪行バッグが収納できるよう指定席を求め、最後尾席に陣取ったが、各駅停車のためか車内はガラガラ。
180808-57.jpg

車内でアルコール燃料を追加補給したりしているうちに大宮に到着、乗換えで宇都宮には22時半ごろ帰着した。
今回も計画通りには運ばない旅であったが、それはそれで楽しめた。

最後に本日のルート。

スポンサーサイト

PageTop

松本・乗鞍・高山行2018(1)

今年は長野県松本市・乗鞍岳・岐阜県高山市方面をツーリングしてきた。
当初、自宅のある宇都宮市から足利、高崎、軽井沢を経由して自走する予定であったが、あいにく8月7日は台風13号の影響で朝から雨。
何年か前と異なり、雨をおして自転車に乗るようなモティベーションは失われているので、早々に輪行を検討。ウェザーニュースで調べると、軽井沢より西は雨が降らなさそうだ。
自走計画では自宅を朝4時に出発、軽井沢を正午ごろ通過する予定であった。宇都宮線・両毛線・北陸新幹線経由で軽井沢に正午ごろ達するには、宇都宮駅8時7分発の普通列車に乗ればよい。この1年間溜めたマイレージを使い、妻に駅まで送ってもらった。

高崎~軽井沢の新幹線区間ではSuicaが使えないなどのトラブルとは言えないほどのトラブルがあったが、無事11時21分に軽井沢駅に到着。降車する客でホームは大混雑。大きな輪行袋を携行する身なので、周囲の迷惑にならぬよう、エスレーター待ちの行列の最後尾に位置取り、順番を待つ。インバウンドの客やカップルが多いようだ。駅構外に出るのに10分以上かかったようだ。
軽井沢の天気は霧雨。路面も走行に支障ないようだ。自転車を組み立て、雑多なことを済ませ、正午ごろ出発!
あっ、いかん、サングラスを忘れた。まあ、支障があるようなら、上田か松本辺りのユニクロか100均で調達するとしよう。

軽井沢からは単純に国道18号線を経由せず、県道80号線、通称「浅間サンライン」を行く。県道にルートを変えるとすぐに晴れ間が広がってきた。
下り基調の道を気持ち良く進み、東御市で向きを変え、「海野宿」を通過する。軽井沢を発ってから約1時間程度だ。
街道の真ん中を堀が流れるなど、旧北国街道の風情が残っている。
180807-02.jpg

古い立派な建物には「うだつ」なども残っている。平日のせいか観光客もまばらで静かな佇まいだ。
180807-04.jpg

千曲川沿いを辿り上田警察署の交差点に至る。交差点にはショッピングセンターがあり、スポーツデポの看板も出ていた。ここでサングラスを調達しようかとも考えたのだが、これまで支障もないし、面倒くさいしで素通り。
左折して国道143号線に歩を進める。
ここから松本市街地まではちょっとした峠区間だ。明日の乗鞍越えの練習と思えばよいか。
峠越えの前に、セブンイレブン信州青木村店にて軽く補給。時刻は14時過ぎ。
ここからピークの明け通しトンネルまでは約12km、標高差約500mといったところ。それほどきつい勾配はなく、ダラダラと登って行く感じだ。トンネルまで1時間くらいかなと当たりをつける。

15時10分ころトンネルを通過。心霊スポットらしいが、不気味さはあまり感じない。外房の「おせんころがし」ピークのトンネルの方が格段に怖い。
180807-05.jpg

2つ目のトンネルを通過すると松本市。このトンネルには信号が付いていて交互通行になっていた。ただし自転車はフリー。
180807-06.jpg

2つ目のトンネルから先は、何か所か登り返しもあるものの、基本は下り基調。
途中の「番場」という集落では、写真のような眺望を楽しめた。
180807-08.jpg

松本市内は一般車両に加え、大型の観光バス等で大渋滞。
文化部のインターハイといわれる全国高等学校総合文化祭が開催されているらしく、松本市では吹奏楽のパレード等が行われていた。宿が取りにくかったのはこのためか。
そんな中、松本城に到着。時刻は16時半ごろ。お城を背景に記念撮影。
180807-09.jpg

本日の宿はアルピコ交通上高地線新島々駅のそばにある「ゲストハウスしましま」。
宿到着は17時半ごろだった。
ゲストハウス利用は初めてだったが、ユースホステル的な気楽な印象。
親切な女性スタッフに温泉施設「せせらぎの湯」の利用を勧められたのだが、明朝の出発が早いので、宿内のシャワールームとランドリーを借り、さっぱり。
ついでに宿に併設されている居酒屋「もりぞう」にて軽く一杯。店主お勧めの「山賊焼き」を賞味した。ネーミングから熊肉とかイノシシ肉とかを想像したが、鶏肉の唐揚げ風だった。郷土料理なのだそうだ。とても美味しく満足した。

酔いも手伝って、9時前には気絶したようだ。
本日のルートはこれ。

PageTop

夏休みツーリング(3日目)

夏休みツーリング3日目。
自転車で金沢入りするという目的は果たしたが、今回の旅行のもう一つの目的は、金沢市内を観光を兼ねてジョギングすること。
オルトリープのサドルバッグの中には、ジョギングシューズとランニングウェアが入っていたのだった。
金沢駅を起点に、尾張町、橋場、東山、白鳥路、石川門、21世紀美術館、旧制四高跡、近江町市場などをめぐる。距離にして9km、1時間ほどのコースだ。


5時にホテルを出て、金沢駅に向かう。
金沢駅から武蔵が辻へ、そこから橋場方面に向かう。尾張町で一本路地に入る。
古い街は、路地裏にかつての姿をとどめていたりする。
DSC_0970.jpg DSC_0973.jpg DSC_0976.jpg

橋場のランドマーク、かつては銀行だったところだ。
DSC_0979.jpg

浅野川大橋を渡り、浅野川の右岸に出る。
DSC_0982.jpg

浅野川沿いの散歩道を走る。梅の橋、欄干は木製だ。
DSC_0984.jpg

そして、北島三郎の「加賀の女」に唄われた天神橋。
DSC_0986.jpg

ここから東山の茶屋街に寄り道する。
DSC_0988.jpg DSC_0990.jpg  DSC_0993.jpg

12年前に友人の結婚式の2次会で寄ったお店も、しっかり残っている。
DSC_0991.jpg

東山から天神橋に戻り、金沢城方面に向かう。
お堀の跡に作られた白鳥路に入る。
DSC_0995.jpg

前田利家公の銅像。かつて、この銅像が金ぴかに塗られるイタズラがあった。
DSC_0997.jpg

金沢城のシンボル石川門。転じて兼六園入口付近。「いもり堀」というのは、かつては無かったなあ。
DSC_0998.jpg DSC_1001.jpg DSC_1003.jpg

広坂の交差点から21世紀美術館の敷地内を通り、
DSC_1006.jpg

かつての中央公園(現在の旧制四高記念公園)を見ながら、
DSC_1008.jpg DSC_1011.jpg

尾山神社へ。ここではランドナーに乗ったサイクリストが休憩していた。
DSC_1014.jpg

近江町市場も早朝ではさすがに営業している店もなく。
DSC_1017.jpg

金沢駅に戻ってきた。
DSC_1018.jpg

ホテルでシャワー、ジョギングウェアの洗濯・乾燥、朝食と、慌ただしくジョブをこなし、8時23分発の「はくたか」に乗車。お盆の帰省時期に重なり、混雑を心配したが、上り列車は空いていた。
DSC_1020.jpg DSC_1021.jpg

宇都宮まで新幹線で帰るというのも芸がないので、軽井沢で下車、自走で宇都宮を目指す。
軽井沢~宇都宮は約150km。
観光客でごった返す軽井沢駅でスペースを見つけ、自転車を組み立てる。
駅から東へ1km走ると、群馬県。ここからは旧碓氷峠をひたすら下る。
DSC_1024.jpg

旧碓氷峠は、めがね橋などの鉄道遺構が多数。
ところどころ濃霧で、道はウェット状態だった。
DSC_1028.jpg DSC_1026.jpg

正午近くなり、お腹が空いたので、麓のおぎのやで名物の釜飯を食す。
DSC_1033.jpg

国道18号は交通量が多く不快なので、松井田や安中は旧道を選ぶ。
前橋には県道10号でアプローチする。
前橋市街に差し掛かり、信号待ちをしている際、トラブル発生。
水分補給している際、手を滑らせボトルをアスファルト上に落としてしまったのだ。打ち所が悪かったらしく、飲み口の部分が陥没し、割れてしまった。
ボトルなしで残り100km走るのはリスクが大きすぎるので、あきらめて前橋駅から輪行することにした。
14時50分発の宇都宮直行の電車に乗り、宇都宮に戻ってきた。ローカル線だから大丈夫だろうと思っていたら、両毛線も結構な混み様であった。

何だか尻切れトンボになってしまったが、無事2泊3日の自転車の旅を終えた。

PageTop

夏休みツーリング(2日目)

夏休みツーリング2日目。
今日は柏崎から金沢を目指す。
5時にホテルをチェックアウトし、スタート。
DSC_0880.jpg

国道8号を20分ほど走ると、右手前方に日本海が見えてくる。海なし県に住んでいるので、海を見ると無条件に感動する。
DSC_0883.jpg

国道8号は大型車がビュンビュン飛ばして恐ろしいので、柿崎から海よりの県道に転じる。
ラジオ体操に通う子供たちもいるので、あまり飛ばさず慎重に進む。
雨交じりだった昨日とは異なり、本日は晴天、とても気持ちがよい。
1時間ほど走ると上越市に入る。遠方に見えるのは上越火力発電所。
DSC_0885.jpg DSC_0887.jpg

7時ごろ、直江津を通過。写真は佐渡汽船乗り場。SR600北関東でPCに指定されているところだ。
SR600を走ろうと意気込んでいた時期もあったが、夢のまた夢だなあ。
DSC_0890.jpg

郷津の三差路で国道8号に一瞬復帰するが、ここからは「久比岐自転車道」で糸魚川を目指す。
この道は、旧北陸線の廃線跡を自歩道として活用したものだ。総距離は33kmとのこと。
DSC_0896.jpg

鉄道の廃線跡とあって、トンネルが多数。レンガ造りのものもあったりして、趣きがある。
加えて、日向の暑さとは対照的に、トンネルの中はひんやりしていて快適だ。
DSC_0898.jpg DSC_0900.jpg DSC_0907.jpg DSC_0909.jpg DSC_0912.jpg DSC_0917.jpg DSC_0922.jpg

久比岐自転車道では、日本海、トンネル、滝などの風景を楽しむことができた。
DSC_0911.jpg DSC_0905.jpg DSC_0915.jpg DSC_0918.jpg

自転車道沿いにはトイレや写真のような休憩所も整備されている。家族でのサイクリングなどには最適なコースだろう。
DSC_0924.jpg

久比岐自転車道で、あちこち立ち止まったり、写真を撮ったり、休憩したりと、思いのほか時間を費やしてしまった。
糸魚川市街に入ったのは10時半ごろ。想定よりも1時間ほど遅い。
ヒスイ海岸には、子供が小さいころ、今から20年近く前に家族旅行で来た記憶がある。懐かしい。
DSC_0928.jpg

実は、本日のコースで唯一懸念していた区間がある。糸魚川から黒部に至る約40km、ここは大型車を含め交通量の多い国道8号を使わざるを得ず、しかも親不知という難所を通る。何年か前にベテランサイクリストが不幸にも落命した箇所である。
命懸けで走るのは嫌なので、糸魚川駅から新幹線で隣駅の黒部宇奈月温泉駅まで輪行することとした。
11時39分糸魚川発、11時53分黒部宇奈月温泉着と、たったの14分間だが北陸新幹線初乗車。
DSC_0929.jpg DSC_0930.jpg

隣駅で下車し、速攻で自転車を組み立てる。
12時を回っており、かなり暑くなっている。先を急がないと。
DSC_0931.jpg

黒部からは県道を魚津方面に進み、海沿いに滑川、富山にアプローチする。
富山からは、国道359号により砺波経由で金沢に入る。
ただ、事前の調査が甘かったせいか、富山市内が鬼門だった。
常願寺川沿いに県道315号、338号を進み、富山市街地を南側に迂回して国道359号に入る計画だったが、富山市内は交通量が多く、路肩も狭い、しかも車の運転が荒いなど、およそサイクリストには優しくない環境だった。
糸魚川~黒部を新幹線輪行し、楽をしたが、元はしっかり取られた。
暑さの中、途中のコンビニでガリガリ君補給をしながら、ようやく国道359号の始点にたどり着いた。時刻は14時半ごろ。
DSC_0934.jpg

神通川を渡り、
DSC_0936.jpg

砺波市に入ると、ようやく道標表示に「金沢」の文字が現れる。残すところ40km余りだ。
DSC_0939.jpg

吉野家と「ますのすし」が軒を並べるあたりが富山たる所以。
DSC_0941.jpg

小矢部市手前のセブンイレブンにて、一口羊羹で最後の補給。
DSC_0942.jpg

国道359号の富山・石川県境には、ちょっとした峠越えがある。
登りの区間は4kmほど、高低差は150mくらいなので高を括っていたが、なかなかどうして。
峠の手前は10%近い勾配だった。峠部は内山峠スノーシェルターの中にあった。
DSC_0946.jpg DSC_0948.jpg

トンネルを抜けると、金沢市街地までは下り基調、気持ち良いダウンヒルを堪能する。
が、市街地に入ると交通渋滞がひどい。
予約しているホテルまで10kmというところで1時間も費やしてしまった。ようやく18時半過ぎにホテルにチェックイン。
DSC_0960.jpg

シャワーで汗を流し、家族への連絡、洗濯などのルーティンをこなし、金沢駅の駅ビルでお土産物を物色。
金沢駅周辺は観光客であふれていた。金沢を最後に訪れたのは12年前だったが、当時とは隔世の感がある。
DSC_0962.jpg

食事は、ホテル近くの「勝一」というお店で。一品料理とおでんのお店だった。よく調べずに、適当に当りをつけて入ったのだが、大正解だった。繁盛しており、忙しそう。
ガスエビの唐揚げ、おでんを5品、ミニ海鮮丼、生ビールをつけて合計2,000円ポッキリで、とても美味しかった。
後で調べると、元々は片町で同名の料亭をされていたご主人が、昨年、駅西にこの店を開いたとのこと。
DSC_0964.jpg

仕上げは加賀の地酒「菊姫」のワンカップで。菊姫の重厚感がたまらなく好きだ。
DSC_0965.jpg

こうして2日目の夜も更けていく。
本日の走行ルート。

PageTop

夏休みツーリング(1日目)

毎年恒例となりつつある、8月の夏休みツーリング。
4年目の今年は、北陸方面。8日の出発を予定していたが、行き先がノロノロ台風5号とシンクロしてしまい、1日順延、9日スタートと相成った。
1日目のルートは、宇都宮→鬼怒川→会津田島→駒止峠→只見→六十里越→魚沼→柏崎。
まずは会津西街道に向けスタート。時刻は朝5時ごろ。幸い、心配していた雨は降っていない。

蒸気機関車「大樹」の営業運転開始を翌日に控えた鬼怒川温泉街を通過、龍王峡駅で小休止。青空が垣間見えている。よく見ると、前輪辺りの向こう側に子猫がいる。


五十里ダムに至ると、前日の雨の影響で、普段は清らかな湖水がひどく濁っている。
DSC_0817.jpg

ただ、歩を進めると、男鹿川上流部はいつも通りの清流、とても涼しげだ。
DSC_0821.jpg

9時ちょうどに栃木・福島県境の山王トンネルを通過。
DSC_0822.jpg

10時ごろ、会津田島のセブンイレブンにて小休止。今回はオルトリープの大型サドルバックの他に、ノースフェイスのトレラン用小型リュックを背負っている。リュックの中には背中の冷却を兼ねたハイドレーションパックを装備、セブンにてパック内に入れるロックアイスを調達した。
進路を国道121号から289号に転じ、駒止峠を目指す。
289号は河川改修工事のダンプカーが多数、緊張を強いられた。
この道は直登に近く、およそ14kmを400mほど登る。勾配はそれほどでないが、久しぶりの自転車なので結構堪える。
加えて、標高700m、だいくらスキー場辺りから雨が本降りになってきた。
駒止トンネルを通過すると、只見まで下り基調。雨はやんでいた。
反対側からは30~40名くらいのロードバイクの集団がばらけて登ってくる。学生サークルの合宿かな?

道の駅きらら289には寄らずに通過し、伊南川を渡り、左岸の県道を進む。
目指す只見方面には青空も見えている。台風の余波か、風はやや強め。
DSC_0833.jpg

下り基調の快適なサイクリングを堪能し、12時半ごろ只見町の市街地に入る。
2010年の宇都宮400kmブルベや一昨年のツーリングで利用した地元スーパーで補給食を調達しようと目論んでいたが、残念ながら廃店していた。
とりあえず、只見駅で小休止。
DSC_0843.jpg

只見駅は観光案内拠点を兼ねており、写真のようなディスプレイが掲げてある。
通過するだけでなく、一度ゆっくりと訪ねてみたい。
DSC_0844.jpg DSC_0845.jpg

これより先は六十里越、本日一番の難所だ。
どうやら峠の新潟側は雨が降っているらしい。
逡巡したが、意を決してリスタート。
少し進むと只見ダムの堰堤に至る。このダムは田子倉ダムからの放水を調整するのが役目らしい。遠方に田子倉ダム堰堤が見える。
DSC_0848.jpg

少し進んで、田子倉ダムの堰堤。高さは130mほどある。この辺りから雨が降り始めた。
DSC_0851.jpg

が、堰堤上部に至ると雨は降っていない。標高差100m余りで天気が異なるのが面白い。
DSC_0853.jpg DSC_0855.jpg

勾配はそれ程でもないが、多数のカーブやスノーシェッドが連続し、秘境感を増していく。
おまけに雨脚がだんだん強まってきた。
それでも、スノーシェッドの合間から只見線を展望したり、
DSC_0859.jpg

展望ポイントから田子倉湖を見下ろしたり、変化に富んだ景色を楽しみつつ高度を上げていく。
DSC_0860.jpg

恐ろしげな光景も。雨水が山を駆け下り、滝となってスノーシェッドを横切っている。まるで巨大な洗い越しのようだ。
DSC_0864.jpg

登り始めて1時間ほどでピークの六十里越トンネルに到達。
このトンネル暗くて怖いというイメージがあったが、照明も整っており、難なく通過。
DSC_0867.jpg

そしてトンネルの向こうは新潟県。
雨が断続的に降っているので慎重に下る。
DSC_0871.jpg

実は、只見で食料調達する予定が狂ったので、お腹がペコペコ。
頼りは自宅から持参したパワージェルだけだったのだ。
道の駅いりひろせで食事を摂ることにした。
同所で「ごっぽうそば」なる郷土食を堪能、一息ついた。
写真は道の駅が立地する鏡ヶ池。
DSC_0875.jpg

道の駅付近は雨が止んでいたが、小出方面に向け走り出すと雨脚が強まってきた。
予定では、越後広瀬辺りで国道291号に転じ、旧山古志村を経て柏崎に向かう予定だった。
だが、雨脚の強さに心が折れた。予定を変更し、小出から柏崎まで輪行することに。
小出駅付近の魚野川の様子。濁流が恐ろしげだ。
DSC_0876.jpg

小出からは、宮内乗換えで柏崎まで1時間半ほどだ。
16時56分の電車があったが、輪行の準備に手間取り、乗車が叶わなかった。
18時03分発の次の電車まで、駅でボーっと過ごす。
DSC_0878.jpg

柏崎には19時30分に到着。自転車でも同じくらいの時刻の到着だったかもしれない。
予約していた駅前のホテルにチェックインし、入浴、食事、洗濯を済ませ、早目に就寝。1日目が終わった。

本日の走行ルート。

PageTop