山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日光ハイウェイマラソン

2か月ぶりの更新。
今日は日光ハイウェイマラソン。今年はハーフマラソンの部にエントリーした。
スタート地点は日光宇都宮道路の清滝IC近辺。スタート地点まで自転車という選択肢もあったが、慎重を期してバスで移動。
宇都宮市内から東武日光駅前まで1,230円也と少々高いが、乗換えなしでゆっくり行けるのが良い。
日光駅前からは、スタート地点までの無料シャトルバスで移動。9時前にはスタート会場入りした。
会社の同僚や知人と挨拶を交わしたり、写真を撮りあったりしながら開会式を待つ。

AJ宇都宮のI塚さん。今年もフルマラソンの部に出走する。
a1-DSC_0050.jpg

開会式の風景。寒いのでランナーの姿はまばらだ。


9時30分にフルマラソンの部がスタート。I塚さんや同僚を探したが、見つけられなかった。
a1-DSC_0053.jpg

ハーフの部は10時ちょうどのスタート。
日が高くなって、気温も上がり、絶好のコンディションだ。
往路は下りなので飛ばし過ぎは禁物と自重していたが、最初の5kmは1km5分を切るペースだった。少しペース早過ぎなので折り返しまでは抑えめに行く。
日光ICを過ぎたあたりで、左膝に違和感が。痛いというより膝が抜ける感じだ。下りなのと、路面が微妙に傾斜しているのが影響しているのかも。

49分で折り返しを通過した。前方には降ったばかりの雪を頂いた日光連山の雄姿。
復路はずっと登りだ。心肺の方は問題ないのだが、ハムストリングスに負担がかかる。
ペースは1km6分程度に落ちる。後半に備えて持参したパワージェルを補給。
日光IC発着の10kmハイクの参加者の方々から応援をいただき、モチベーションを維持する。
トンネルを過ぎると胸突き八丁だ。
ペースが落ちたり、歩いている参加者もチラホラ。ゲストランナーの谷川真理さんがおっしゃっていたラスト5kmの追い込みに入る。
清滝インターを通過しゴールゲートが見えてきたときはホッとしたが、実はここからが正念場。
ゴールゲートをいったん通過し、700mほど登って折り返すのだ。この区間が一番しんどく、太腿が攣りそうになった。

無事、1時間51分20秒でゴール。
a1-DSC_0066.jpg

ゴール後は、スタッフ提供の温かい豚汁をいただき、帰路についた。
天候に恵まれ、気持ちの良い一日であった。

スポンサーサイト

PageTop

LSD17km

昨日は東京出張、夕方、「軽く打ち上げ」のつもりが、結構ヘビーに。
だけど、石川県の銘酒「菊姫」は美味かった!

今日(14日)は、午後から二本脚でLSD。
ブルベの先輩であるI塚さん直伝の「膝を痛めない走り方」にトライ。
要はかかとで着地しないということなのだけれど、この走り方って、ふくらはぎが痛くなるんだよなあ。
森林公園入り口(田野交差点)折り返しで約17km。
少々風が強かったが、あまり寒すぎず、快適な2時間であった。

PageTop

LSD23km

昨日(11/1)は早朝、自宅~県庁~自宅の5.7km練習コースを走ってきたが、途中、中央警察署辺りから雨に降られた。
結局、土曜日は一日中雨となった。

明けて日曜日、一転して快晴。9時過ぎにロードワークに出発。
今日は日光街道(N119)を北上し、徳次郎交差点でN293に左折、ろまんちっく村、田下山、大谷を経由して戻ってくる三角コース23kmである。


日光街道側道のアップダウンが、足腰に堪えた。
N293をろまんちっく村方面に向かっていると、一人のランナーに追いつかれ、声を掛けられた。
お住まいは拙宅の近所らしく、今日は森林公園方面に向かっているとのこと。日光ハイウェーマラソンにエントリーされているそうだ。人気の大田原マラソンやつくばマラソンは、あっという間に定員になってしまったらしい。
鈍足の私にお付き合いいただくと恐縮なので、先行していただいた。瞬く間に遠ざかる背中・・・。

田下山入口手前の自販機で水分補給した後は、無補給で自宅まで戻ってきた。
時間は130分ほど、1km6分くらいかかっている。幸い、先週と異なり脚の痛みはなかった。

昼食は、もみじ通りの「とらっとりあ天野」でカミさん孝行。

PageTop

後悔・・・

今日は、自転車はお休みにして、日光ハイウェイマラソンに向けて二本足でのLSDトレーニングに出かけてきた。
コースはこの通り。およそ34kmのコースだ。


10時ごろ自宅を発ち、大谷街道を北西に進む。
先週のジャパンカップの影響か、今日は自転車乗りが多い。
快晴で風も涼しく、気持ちがよい。
途中、城山西小手前あたりの自販機で水分補給。
文挾手前で、猪倉方面に右折する。

ゆっくりペースで快調に走ってきたが、コースの最深部17km付近で異変発生。
右ひざに痛みが出てきた。
路面の傾きが影響しているのかもと思い、道路の反対側に移動してみたが、しばらくすると、痛みがかなりのレベルに。
やむなくウォーキング・モードに切り替え。よりによって、自宅から最も遠い所で痛い目に遭うとは・・・。
コース取りのまずさを後悔した。

痛みが和らいできたので、再度ランニングに切り替えたものの、再びひざ痛。
ウォーキング、ラン、ウォーキングと何度も繰り返しながら、5時間近くかけて自宅に帰ってきた。
本番なら、回収車のお世話になるレベルだ。
もう少し短い距離で、ランニング・フォームを固めなくては、と反省した一日だった。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。