FC2ブログ

山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

県道246号線

県道246号線(草久粟野線)を登ってきた。
今日のルート。賀蘇山神社を越えたあたりから勾配が急になり、平均9%が約4km続く。


アプローチは、森林公園入口(田野交差点)~国道293号経由~鹿沼市街方面~県道15号経由~口粟野。途中、久野のファミリーマートで水を補給。
日差しは強くないものの、蒸し暑い。けれど、粟野川の清流で視覚だけでも涼しさを味わう。
001_convert_20110724150652.jpg

ほどなく賀蘇山神社前に到着。ここまではなだらかな登り。向こうに見える左カーブを曲がったあたりから本格的な登りが始まる。
004_convert_20110724150848.jpg 005_convert_20110724151037.jpg
今日は、ホイールを替えてみた。普段ANCHOR号に履かせている手組ホイールをDEDA号に装着。心なしか回転が滑らかになった気がする。この組み合わせも良いかも。

つつじの湯手前2kmほどにあるポイント。渓流美が楽しめる。写生している人もいた。
この辺りまで来ると空気がひんやりして気持ち良い。
008_convert_20110724151220.jpg

「七曲がり」の激坂を越え、つつじの湯入口にたどりつく。汗びっしょりで温泉にでもつかりたい気分。
だが向かうのはこちら。写真でも斜度がわかる。
009_convert_20110724151338.jpg 010_convert_20110724151458.jpg
つつじの湯を過ぎてすぐのところにあるバスの回転所付近で、ミニバイクに乗った若い衆の集団にパスされた。ノーヘルの輩もいる。若いんだから化石燃料に頼らず、グリコーゲンを使って登ってきなさい!

急坂の途中にある「太郎次の滝」。一度滝壺付近まで降りてみたいのだが、クリートで鉄製階段を降りるのは危険なので上からパチリ。滝壺あたりは涼しそう。
011_convert_20110724151626.jpg 013_convert_20110724151741.jpg

断続的に現れる10%超の箇所をクリアし、前日光林道との合流点に到着。写真は合流地点にある「日瓢鉱山」。
この辺りで標高1,000mとなんとなく記憶していたのだけれど、高度計は830mほど。ちょっぴりガッカリ。
014_convert_20110724151903.jpg

合流点を右折し、ほぼ一人占め状態の前日光林道を駆け降り、古峯神社前に。
このまま県道58号(古峰ヶ原街道)を鹿沼市街まで降りようかと思ったが、それも芸がないので、南小来川の峠を越えて小来川~板荷~文挟と経由して宇都宮に戻ってきた。約95km。

今日は粟野川、大芦川、黒川の3つの沢沿いを走ったことになる。
鹿沼市内には、永野川、粕尾川、粟野川、大芦川、黒川などの清流があり、沢沿いに道や集落が形成されている。沢と沢を結ぶのは険しい山道なので、自転車乗りにとっては実に恵まれた環境だ。
今度、一日ですべての沢沿いの道を走破するツーリングでも企画してみようかな。

スポンサーサイト



PageTop