山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もみじライン攻略のはずが・・・

このところ週末は、秋分の日から3週連続で実家の稲刈りを手伝っていたため、自転車に全く乗れなかった。
平日の室内練だけなので、ストレスがたまる一方だった。

という訳で、今日は4週間ぶりのツーリング。
アルテアルマーさんからお誘いがあり、山岳方面に出かけることに。
アルマー邸を7:30に出発。今日の予定は、「宇都宮~塩谷町~東荒川ダム~藤原~もみじライン~塩原~矢板~宇都宮」というルート。昨年8月のAJ宇都宮山岳ブルベ1日目のコースの一部だ。

県道63号線(通称田原街道)を、アルマーさんと先頭交代しながら30km/hくらいで北上。若干の向かい風。早朝の雨で路面が濡れており、先頭車と距離を詰めすぎると泥はねを被る。
走り出して暫くは曇りで肌寒かったが、宮環を渡るころには晴れ間が広がり暑くなってきた。

国道461号との交差点にあるセブンイレブンで小休止。これから藤原までは補給ポイントがないので、ウィダーと塩羊羹を購入。

塩谷町役場手前を左折すると、ダラダラ登り。このルートの途中には名水で有名な「尚仁沢湧水群」があり、結構交通量が多い。
矢板市に入ると本格的な登りが始まる。最初のヘアピンカーブでアルマーさんに軽くパスされる。あわてて追うが離される一方。アルマーさんを見習って、もう少し身体を絞らなくては。

東荒川ダム上に架かる橋の上で撮影タイム。親水公園は家族連れの車で賑わっているようだ。
003_convert_20111010133939.jpg

この後も、階段状の登りが続く。
「豊月平放牧場」で再び撮影タイム。広い草原の真中に大きな木が枝を広げている。まるで映画に出てくるような風景。昨年のブルベの時に感動し、また来ようと思っていたポイントだ。
005_convert_20111010134304.jpg 007_convert_20111010134526.jpg

牧場を過ぎると10%超の九十九折りがあるが、これを越えればほぼ頂上。
藤原までは急勾配の下り、路面も荒れているので慎重に下る。
途中、路面のギャップを飛び越えた際に、後輪に軽い衝撃。と、リアブレーキの引きしろが不安定になった。
アルマーさんに「リアが振れてるよ」と指摘される。
あ~あ、またやっちゃった。スポーク折れだ。
009_convert_20111010134818.jpg

5月末に600kmブルベの試走で折って以来だ。今日は、スポークが折れたまま峠を越えるリスクを敢えて冒す必要性も乏しいため、「もみじライン」はあきらめた。
国道121号線を左折し、鬼怒川~轟~大沢と経由して宇都宮に戻ってきた。92km。
中途半端な距離になってしまい、アルマーさんごめんなさい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。