山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小来川1周

今日は寒いけれど穏やかな一日。
昨日のツーリングで目撃したブリッツェン柿沼コーチの高ケイデンストレーニング。さっそく試してみることにした。
コースは小来川周回コース時計回り。路面の凍結が心配だったが、凍結箇所を見つけたら引き返すと決めて出かけた。結果として、凍結しているところはなく、問題なく登る下る曲がるをこなせた。寒かったけど・・・・

高ケイデンスを維持するために、ギアは34×21に固定。ケイデンス100で回しても20km/hちょっとしか出ない。
我慢してクルクルと県道を西に向かう。傍目にはハムスターのように見えるかもしれない。

赤石橋に到達し左折、短い登りに入る。ギアが軽いのできつくはない。むしろ辛いのは下り、スピードに回転が追いつかない。

黒川神社に向かうダラダラ登り。ここもギアが軽いので楽。
今日は天気も良く風も弱かったが、自転車乗りは少なかった。2人しかすれ違わなかった。小来川は寒いと敬遠されているのだろうか?

峠への登りに入るとさすがに高ケイデンスは維持できない。ひいこら言いながら峠にたどり着くと珍しい光景が!
小来川周回するサイクリストにはお馴染だが、この峠には不思議な「バス停」がある。山の中にある停留所で、辺りに人家や施設はない。
そこにバスが停車していたのだ。

私はこの停留所でバスを見かけたのは初めてだ。トトロでも乗るかと見ていたけれど乗客はいなかった。

ここからはずっと下り基調。さすがにインナーでは脚の回転が追いつかないのでアウターに切り替えた。

周回を終え、自宅方面に戻るが、森林公園入り口付近でハンガーノック気味になった。高ケイデンストレーニングは結構カロリーを消費するのかもしれない。正月太りが解消するといいな。

今日の距離:67km(月間累計307km)

PageTop

茂木・益子ツアー

今日は勤め先の自転車愛好者によるツーリング。行先は茂木・益子方面。
メンバーは、T田さん、N島さん、N尾さん、O塚さん、S永さん、U田さん、G間さん、私の8名に加え、なんと宇都宮ブリッツェンの柿沼コーチにご同行いただいた。
隊長兼コースクリエーターはN尾さん。県庁を出発点とし、平出工業団地、鬼怒通り、芳賀工業団地、道の駅はがを経由して茂木入りする。その後、益子で昼食とし、道の駅はがを経由して県庁に戻ってくるコース。約85kmの行程だ。

最近、私は実走距離が不足しており、今日は100km超を確保したいところ。そこで、集合場所の県庁前に向かうのに、大きく回り道をしてきた。
結果、スタート時刻9:30ギリギリに到着。皆さんお待たせしました。

宇都宮~芳賀間を、レース経験が豊富なN尾さんやO塚さんの強力な引きで快調に飛ばし、あっという間に「道の駅はが」に到着。ここでT田さん、N島さんと合流。


道の駅で挨拶や「こすり合い」を済ませた後、県道69号を東進し、茂木を目指す。
車列は速い組とマッタリ組に自然と別れたが、中途半端な位置を走っていた私は、速い組に見る見る離され、一人旅に。みんな速え~よっ!

茂木の街中で待ち合わせ、本日の「前菜」、城山公園(茂木城址)ヒルクライム。
距離は数百mしかないものの、相当な斜度だ。柿沼コーチも「これは面白い。チーム員を連れてきたい」との感想。
頂上は見晴らしがよく、茂木の市街地を一望できた。
s20120108-011.jpg s20120108-012.jpg

下山後、益子に向かう。途中、国道123号旧道の踏切でSLに遭遇。お正月を祝うプレートや旗を付けている。沿線にはギャラリーが沢山いた。
s20120108-013.jpg

県道206号を南下、木幡の交差点を右折し、広域農道に入る。この道は適度なアップダウンに富んでおり、とても面白かった。ここでもO塚さん、N尾さんの鬼引き炸裂!
途中の交差点で全員集合し、昼食場所を協議。「森のレストラン」というカフェにしようということになった。
益子中入口の坂を登り、砂利道に苦戦しながら目的地到着。
家族連れやカップルが多い、おしゃれなお店。駐車場は車がいっぱいだ。おっさんサイクリスト9人が入っても平気なのだろうか?(あっ、柿沼コーチはちがいますよ。)

案の定、店内はほぼ満席だったので、テラス席を確保。店員さんは「寒いのにすみません」と恐縮していたが、なんの、今日はそんなに寒くないし、コンビニ食に比べたら天国だ。
このお店は、オードブルがバイキング式になっているのが人気の一因らしい。
N島さん、パスタも来るんだから、オードブルそんなに食べたら走れなくなるよ!
s20120108-018.jpg s20120108-017.jpg s20120108-015.jpg

楽しい食事で盛り上がるが、そろそろ帰路につく刻限。
県道255号をひたすら北上し、道の駅はがに向かう。
柿沼コーチの後ろに付かせていただき、ペダリングやフォームを観察。プロにとっては、巡航速度30km/h程度はLSDの部類に入るのだろう。コーチのギアはほぼインナーロー固定で、高ケイデンスのペダリングを維持されていた。140くらいかな、あれを維持するなんて、とても真似できない。それだけでなく、マッタリチームのサポートをしたり、統制が乱れがちな車列をコントロールしたり、気遣いが実に細やか。ナイスガイという形容がぴったりだ。

そうこうするうち、道の駅に到着。T田さん、N島さんとはここでお別れ。お疲れさまでした~。
s20120108-020.jpg

さて、あとは宇都宮に戻るだけ。往路と同ルートを途中まで辿り、競輪場通り経由で県庁に戻ってきた。
最後に記念撮影。
s20120108-023.jpg

今日一日、お疲れさまでした。
特に柿沼コーチには色々参考になる面白い話をお聞かせいただいたほか、辛抱強くお付き合いいただき、ありがとうございました。

今日のコース。110km(月間累計240km)。

PageTop

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
訪問者の皆さま、今年もよろしくお願いします。

年末年始、とても寒~い実家で過ごしたせいか、風邪をひいてしまった。
というわけで、1~3日は完全休養。天皇杯サッカーや高校サッカー、箱根駅伝をTV観戦したりしてゆっくり過ごした。

さて、今年の目標。年間走行距離をどのくらいに設定しようか?
先達の日記等を拝見すると年間走行距離2万kmという猛者の方々が多い。月平均1,700kmが必要なわけで、室内練を入れても相当ハードルが高い。
月平均1,000kmで年12,000kmくらいが現実的な目標かな。
その中にブルベを数回。ちなみにAJ宇都宮主催のBRMは次の通り。

1  BRM226宇都宮200km 牛久 - 香取(佐原) - 八街 - 成田(下総)- 牛久
2  BRM415宇都宮200km 宇都宮 - 那須塩原 - 那珂川(馬頭) - 真岡 - 宇都宮
3  BRM512宇都宮300km 宇都宮 - 大子 - 北茨城 - 塙 - 常陸大宮 - 宇都宮
4  BRM609宇都宮400km 宇都宮 - 那須塩原 - 棚倉 - 大子 - 日立 - 笠間 - 牛久 - 結城 - 宇都宮
5  BRM707宇都宮600km 宇都宮 - 那須塩原 - 白河(大信) - 猪苗代 - 高畠 - 寒河江 - 川西 - 喜多方 - 猪苗代 - 会津田島 - 宇都宮
6  BRM804宇都宮200km【山岳】 宇都宮 - 片品 - 中之条 - 山ノ内(渋峠)
7  BRM805宇都宮200km【山岳】 草津 - 高崎(倉渕) - みどり(東) - 宇都宮
8※  BRM908宇都宮300km【山岳】 宇都宮 - 桐生 - 前橋 - 片品 - 日光 - 宇都宮
9※  BRM909宇都宮200km 【山岳】 高崎 - 片品 - 日光 - 宇都宮
  ※9はBRM908群馬200kmとの連続開催を企図した設定になっているので、8と9双方に
   エントリーするのは不可能と思われる。

順調に行けば、6月の400kmで宇都宮5000を達成できるかも。
昨年は参加できなかった山岳ブルベも、できればフル出走したい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。