山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小来川1周

今日は寒いけれど穏やかな一日。
昨日のツーリングで目撃したブリッツェン柿沼コーチの高ケイデンストレーニング。さっそく試してみることにした。
コースは小来川周回コース時計回り。路面の凍結が心配だったが、凍結箇所を見つけたら引き返すと決めて出かけた。結果として、凍結しているところはなく、問題なく登る下る曲がるをこなせた。寒かったけど・・・・

高ケイデンスを維持するために、ギアは34×21に固定。ケイデンス100で回しても20km/hちょっとしか出ない。
我慢してクルクルと県道を西に向かう。傍目にはハムスターのように見えるかもしれない。

赤石橋に到達し左折、短い登りに入る。ギアが軽いのできつくはない。むしろ辛いのは下り、スピードに回転が追いつかない。

黒川神社に向かうダラダラ登り。ここもギアが軽いので楽。
今日は天気も良く風も弱かったが、自転車乗りは少なかった。2人しかすれ違わなかった。小来川は寒いと敬遠されているのだろうか?

峠への登りに入るとさすがに高ケイデンスは維持できない。ひいこら言いながら峠にたどり着くと珍しい光景が!
小来川周回するサイクリストにはお馴染だが、この峠には不思議な「バス停」がある。山の中にある停留所で、辺りに人家や施設はない。
そこにバスが停車していたのだ。

私はこの停留所でバスを見かけたのは初めてだ。トトロでも乗るかと見ていたけれど乗客はいなかった。

ここからはずっと下り基調。さすがにインナーでは脚の回転が追いつかないのでアウターに切り替えた。

周回を終え、自宅方面に戻るが、森林公園入り口付近でハンガーノック気味になった。高ケイデンストレーニングは結構カロリーを消費するのかもしれない。正月太りが解消するといいな。

今日の距離:67km(月間累計307km)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。