山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NAMAZUツーリング&新年会

今日はNamazu Plus(鯰組)のツーリング&新年会に参加してきた。
今日は現地まで自走ではなく、アルテアルマーさんの車で早めに集合場所「永野川緑地公園」まで行き、その近辺でアップしておくことにした。

8:00ごろ緑地公園着。アルマーさんの案内で永野川沿いを南下し、岩舟方面へ。軽くアップのはずなんだけど、全然軽くない・・・
岩船山を左手に見ながら坂を登り、西山田林道へ。この林道は初めてだが、適度なアップダウンが続いて面白い。
と、太平山に向かっているところで、猛スピードのNamazuジャージにパスされた。夜勤明けだというS木さんだった。
少年自然の家側から太平山を登ったが、あまりの急勾配に脚が止まりそうになった。駐車場でS木さんとはお別れ。
山を下り、時間調整のために緑地公園近辺を周回しながら身体を温めた。

9:30ごろ集合場所に向かうとS崎監督が準備中。おはようございます。
三々五々メンバーが集まり、17名ほどのロードレーサー集団に。そのなかに「紅一点」のビアンキ・クロスバイク。
s20120212-002.jpg  s20120212-005.jpg

S崎監督より「今日はあくまでツーリング。速い人は峠で待つように」とブリーフィング。
まずは、太平山に登る。私は、kymさんの後ろに着かせていただいた。相変わらず力強い走りだ。
神社手前の駐車場付近。呑気に写真を撮っていたら、「赤い疾風」がすごいスピードで通過。お待ちくだされ~!
s20120212-006.jpg  s20120212-012.jpg

次は西山田林道を経由して佐野方面に向かう。
途中の「清水寺」で脚をそろえる。
s20120212-013.jpg  s20120212-015.jpg

林道から岩舟方面に降りて佐野に進路を取る。途中、吹きさらしの農道を通るのだが、風が強い。特に横風を受けるとホイールが持って行かれそうな感じ。
なぜか、集団が二手に分かれ、別々のルートに。どちらにつくか逡巡しているうちに取り残され、向かい風の中悲惨な目に遭った。

途中で集団に追いつき(待っていて頂き?)、唐沢山方面に。
登りにはいると木々のせいか風が弱まり、幾分楽になった。まあ、その後は勾配に苦しむのだけれど。

唐沢山の売店付近から足利方面を望む。空気が澄んでいて見晴らしが良い。
s20120212-017.jpg  s20120212-019.jpg

自販機で縁起物「金のおしるこ」をゲットした三人衆。人気商品らしく、直後に買おうとしたへばな師匠はゲットできず。
s20120212-020.jpg

間歇的に吹く突風に注意しながら、慎重に下り葛生に向かう。お馴染の「壱番館」で休憩。
新年会の開始時刻が14:00なので、時間調整も兼ねて。おっと、時間調整なのに、コロッケバーガーなどをたっぷり食している人たちも・・・・・
s20120212-022.jpg

本日のツーリングのトリを飾る「琴平越え」。朝方のアップのおかげか、休憩のおかげか、脚が軽い感じがする。登りが強くなったアルマーさんにもついて行けそうだ。
と、峠まであと数百mと迫ったあたりで、後ろから猛然と追い上げる気配が。S崎監督だった。軽くパスされたので追撃態勢に入るも、三本桜あたりで千切れてしまった(涙)。

ぞくぞく峠に到着するメンバー。峠を前にアタック合戦が繰り広げられる。
報道部長でもあるへばな師匠は、取材にも余念がない。
s20120212-028.jpg  s20120212-032.jpg  s20120212-031.jpg

楽しく辛いツーリングも終わりに近づき、お楽しみの新年会々場「ポアッソン」へ。
s20120212-035.jpg

C澤さんの音頭で「水」で乾杯!酒豪のkymさんなどは「水さかずきじゃねえか」とおっしゃっていたが、お楽しみは帰宅まで取っておいてね。
メニューはハンバーグ、鶏、魚の中から選ぶのだが、私は「魚」をチョイス。いつもながら大変おいしゅうございました。おっと、「鶏」料理もおいしそうですね~。
s20120212-036.jpg  s20120212-038.jpg  s20120212-037.jpg  s20120212-039.jpg

レースや自転車、機材の話題、お酒やケガ・病気の話題で盛り上がり、あっという間に楽しい時間が過ぎた。

天気に恵まれ(風は怖かったけど)、極上のツーリングとなった。今日ご一緒していただいた方々、そして美味しいご馳走を提供していただいたポアッソンさん、どうもありがとうございました。

今日のコース。76km(月間累計478km)。

PageTop

こりゃ複雑だわ~

再来週の日曜日(2/26)は、BRM226宇都宮200kmが開催される。
スタート地点は恒例になりつつある牛久市の「ひたち野みずべ公園」だが、コースは牛久市~香取市~八街市~神崎町~牛久市と、栃木県を通過しない設定となっている。まったく土地鑑がない・・・・。
という訳で、今日午前中は、アップされたキューシートをもとに地図読み。
国道を避け、県道や市道をつないでいるので、コースはかなり複雑。
一応ガーミン(Edge800)を持っていくつもりなのだが、ガーミンのナビは時にひどい暴れ方をするので、あまり信が置けない。コマ図を頼りにルートファインディングを強いられそうだ。

午後は、小来川周回コースを時計回り。
路面凍結が心配だったが、杞憂だった。道端には凍結した雪の塊がごろごろしていたけど。
私の他にも4~5人のサイクリストが走っていた。

某所で写真撮影。これは天然氷の切り出し場。たしか今市の「松月氷室」さんもここの氷を使っていると聞いたことがある。カッチカチの様子。見ているだけで身体が冷える。
120211_1540~0001

帰りは大谷を経由せず、文挟から猪倉にトラバース、鞍掛トンネル経由で。

今日の距離:70km(月間累計402km)。

PageTop

久しぶりの森林公園

午前中にDeda号のバーテープ交換をした。
交換前は元々「ゴールド」だったのだが、褪色により「ラクダ色」に。
気持ちだけでもビビッドに行こうということで、今度はレッドにしてみた。見慣れないせいか、ちょっと違和感が・・・・

(交換前)

  ↓
(交換後)
s20120205-001.jpg

天気が良いので、午後は森林公園で練習。先週、そして昨日のツーリングで坂の弱さを思い知り、負荷をかける必要性を感じたわけ。
で、古賀志林道の裏表を往復5本。
赤川ダム側は2か所ほど残雪が、レイクランド側は落葉が散乱。注意すれば通行は可能。
s20120205-002.jpg

途中、ブリッツェンとブラウ・ブリッツェンのレーサーたちがトレーニングしているのに出くわした。私が10km/hくらいでチンタラ登っている林道を、おそらく20km/hくらいで駆け上がっていった。
プロ相手にムキになっても仕方ないし、ムキになったところで敵うはずもないのでマイペースを維持。
1時間半ほどかけて往復を繰り返した。
10回目の「頂上」。日が傾きかけている。心地よい疲れだ。
s20120205-006.jpg

帰りに眺めた赤川ダムの冬景色。湖面が凍っており寒そうに見えるが、今日は暖かった。
s20120205-009.jpg

今日の距離:50km(月間累計237km)

PageTop

足利ココファームワイナリー

今日はN尾さん、O塚さんのお誘いを受け、足利市の「ココファームワイナリー」へのツーリングに参加した。

9:00に「栃木市総合運動公園」に集合。
左がO塚さん、右がN尾さん、どちらも強い。先週の桐生グルメツアーに続き、何か悪い予感。
s20120204-008.jpg  s20120204-013.jpg

コース設定はN尾さん。「まずは、身体を温めるため、太平山に登りましょう。」
あれっ、どこかで聞いたセリフと場所。
最初のカーブを過ぎたあたりでN尾さん、O塚さん先行、徐々に姿が小さくなる。これもデジャビュ(既視感)?
今日は中学生の集団が大勢走っていたが、彼らと同じくらいのスピードで駐車場に到着。あ~しんどかった。

ふもとまで引き返し、お次は琴平峠。ここでもお二人に先行を許し、一人旅。峠に至り、待ってくれているものとばかり思っていたが、誰もいない(涙)。「冷てえな~」などと毒づきながら、下りを飛ばす。
葛生の一番館で小休止。

次は、県道66号線を名草トンネル方面に向かうのだが、途中国道293号を通ったために非常に怖い思いをした。風が強いうえに、ダンプなど大型車が多く、何度かヒヤリとさせられた。やっぱり土曜日昼間の「293」は避けなければ・・・・・

強い風の中、先頭交替を繰り返し、名草トンネルにいたる。実はこの峠、新旧3つのトンネルが並んでいる珍しい箇所。車や自転車が通るトンネルは「昭和のトンネル」と呼ばれている。
旧い「明治のトンネル」「大正のトンネル」を見ておこうということになり、鬱蒼とした林道を登った。

これが「明治のトンネル」。8年がかりで手掘りで作られた。地元の噂では「出るらしい・・・」。
変なものが写っていないことを祈りつつ・・・・・
s20120204-001.jpg

そして、こちらが「大正のトンネル」。通行はできないが、幾分明るい雰囲気。
s20120204-003.jpg

トンネルを抜け、風に悩まされながらも下りを活かして順調に走行。11:30前には目的地の「ココファームワイナリー」に到着した。
見上げるような急斜面に作られたぶどう畑。ここで醸造されたワインは、沖縄サミットの晩餐会で使われたほど品質が高い。右は、カフェの入口。
s20120204-004.jpg  s20120204-005.jpg

当然、ここでランチと思いきや、お洒落な来客が多いことに気後れする「レーパン三人衆」。
田沼まで引き返し、「道の駅」で昼食にしようということになった。
道の駅「どまんなか田沼」のエントランス。ここに入居している中華レストラン「花と華」は価格がリーズナブルで美味しいと評判。お昼時ということもあり、あいにく満席、待つことにした。
ここで食事が終わって出てきた知り合いのK山さんに遭遇。K山さんは150~200kmのロングライドを得意とするサイクリストだが、最近は寒くて近場しか走っていないらしい。今度ご一緒したいですね。
20分ほど待ち、席に案内された。私はカニチャーハンセット(1,030円也)を注文。いつものように、写真は撮り忘れ。大変おいしゅうございました。
s20120204-007.jpg  s20120204-006.jpg

お腹も満たされたので帰路につく。
O塚さん、N尾さんの強烈な引きにタダ乗りし、葛生、琴平峠経由で栃木市まで戻ってきた。琴平からの下りは追い風もあり、自分が強くなったように錯覚するほど快適だった。

お二人とは合戦場でお別れ。今日一日お疲れさまでした。また、誘ってください。

この後、B☆PTOCHIGIに立ち寄り、しばし雑談と休憩。バーテープ(赤)を購入、ちょっと楽しみだ。

今日のコース。152km(月間累計187km)。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。