山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3月の総括

今日は予報通り、お昼から雨。
午前中晴れ間も見えたので近場で練習をと思ったが、グズグズしているうちに強い風が吹き始め、やがて「暴風」に。出かけなくて正解だった。

で、WOWWOWで「山猫は眠らない」シリーズを観ながらローラー練。
振り返ってみれば、3月は週末の天気に恵まれず、実走したのはわずか4日、距離にして581kmだった。

今日の距離:50km(月間累計:1,314km、年初からの累計:3,500km)

スポンサーサイト

PageTop

柴又ツーリング

今日はへばな師匠主催の「柴又ツーリング」に参加した。
集合場所の永野川緑地公園まではアルマーさんと自走。アルマーさんの「引き」のおかげで快調に進み、途中コンビニ休憩を入れたにもかかわらず、定刻前の7:40には緑地公園に到着。
緑地公園集合組は、主催者へばな師匠、そばそばさん、Lemon Booさん、エヴァニョ~ロさん、M中さん、TAKAさん、アルマーさん、私。昨日の埼玉300kmブルベに参加された郡山のロンリーHさんも参加だ。
今日は約200kmの予定なので、ロンリーHさんは2日で500km走ることになる。中央の写真は、昨日のブルベで泥だらけとなった愛車を清掃するロンリーHさん。
S木(栃木)さんも応援に駆けつけてくれた。
へばな隊長のブリーフィングを経て8:10ごろ出発。
s20120325-001.jpg s20120325-003.jpg s20120325-004.jpg

西山田経由で藤岡、渡良瀬遊水地に向かう。地理が不案内なので、ナビはへばなさんやアルマーさんにお任せ。
大平下付近でとちたけさんと合流。
さらに、渡良瀬遊水地中央エントランス付近の駐車場で、定刻9:30にkymさん、S籐さんと合流した。
s20120325-008.jpg

古河市付近の信号待ちで一枚。皆さん素敵な表情だ。
s20120325-010.jpg

渡良瀬川のサイクリングロード(CR)、利根川CRとつなぎ、次のポイントである関宿を目指す。追風基調のなか快調に飛ばしていたが、「ストップ!」の掛け声で列車停止。新パンク大王となられたTAKAさんがパンクだ。その間、私は余裕をかまして堤防法面に咲く「菜の花」を撮影。
s20120325-011.jpg s20120325-013.jpg

定刻を少し回ったころ、関宿城に到着。10:20。ここでabeさんと合流。
一方、アルマーさんととちたけさんは、ここでお別れ。お疲れさまでした、気をつけてお帰り下さい。
s20120325-015.jpg

江戸川CRに入り、一路、柴又を目指す。追風でスピードが上がる。
CRを疾走する一行。
s20120325-016.jpg s20120325-017.jpg

CR沿いにある「シンザカヤ」さんで休憩。こちらのご夫婦は有名なサイクリストだ。ご主人の愛車リカンベントを拝見。カッコイイ! 「これでブルベに出たら」と、へばなさんに盛んに勧めておられた。「確かに仮眠しやすくなるかも」と返すへばな師匠。
s20120325-018.jpg s20120325-019.jpg

リカを借り、童心に帰るLemon Booさん。同じくabeさん。
s20120325-021.jpg s20120325-022.jpg

シンザカヤさんから目的地柴又は約28km。1時間ほどの距離だ。
お昼になり、空腹を訴える人が増えたため、コンビニ休憩。セブンイレブン三郷駅南店。この時点で12:10。
店外で補給していると、上空には黒い雲が広がり、やがて小雨が・・・・。幸い、本降りにはならず、すぐ晴れ間が広がった。晴れ男kymさんの面目躍如。
s20120325-023.jpg

リスタートし、約30分で目的地周辺に到達。
本来は柴又帝釈天ツアーのつもりだったのだが、へばな隊長が「すぐ引き返さないと日が暮れてしまう」と撤収を決断。「ここまで来たぞ」と証拠写真を数枚。
s20120325-024.jpg s20120325-027.jpg s20120325-029.jpg

往路が追風で楽だった分、復路はもろにアゲインストの風。速い人たちはあっという間に見えなくなる。
と、先行していたTAKAさんが、往路に続き、復路でもパンク。おかげで追いつくことができた。写真はチューブをオペ中のTAKAさん。
s20120325-030.jpg

引き続き江戸川CRを北上。シンザカヤさんでいったん休憩、ここで春日部に帰られるabeさんとお別れ。お疲れさまでした。また遊んでください。

この後も、強い北西の風に悩まされ続ける。kymさん、Lemon Booさんと先頭交替しながら進むが、20~25km/hくらいしか出ない。横風も混ざっているので、バイクが斜めになってしまう。そんな中、「へばな」さんと「そばそば」さんの2両編成列車が、物凄い勢いで追い抜いて行った。常人の仕業ではない。
ひいひい言いながら関宿に到着。休憩しながら、全員が揃うのを待つ。
s20120325-031.jpg

メイングループは栃木市まで元来た道を帰るのだが、私は関宿城で皆さんとお別れし、単独で国道新4号の側道を北上。
風の影響が少ないと思われる東側を通ったのだが、なかなかどうして楽をさせてくれない。側道はゴミや砂利が散乱し、快適とは言い難いのだが、贅沢は言っていられない。
ハンガーノック気味になったので、ローソン三和町上片田店に入りパスタで補給。この時点で16:45。

下野市で、国道新4号側道に別れを告げ、田川CRに入る。18:00。残照が消えつつある中、ヘルメットに付けたヘッドライトと赤色灯を点灯。
s20120325-037.jpg s20120325-035.jpg
宇都宮市に入るころにはすっかり暗くなった。CR脇の茂みで光る猫の目が不気味・・・・

自宅には19:15ごろ到着。
実走試験中の「セラ・アナトミカ」については、200km程度の距離ではお尻にノーダメージということを確認。
主催者のへばな師匠をはじめ、今日ご同行いただいた皆さん、お世話になりました。次の機会にもよろしくお願いいたします。

今日の距離:228km(月間累計:1,204km)

PageTop

日光方面へ

今日は、AJ埼玉主催の300kmブルベ「アタック日光東照宮が」開催されている。
福島からロンリーHさんが参加されているので、応援のため日光方面に出かけてきた。それと「セラ・アナトミカ」の実走テストも兼ねて。

当ブルベのコースは、小山市~旧西方町~旧粟野町~古峰ヶ原街道~小来川~滝ヶ原を経由し、「セーブオン日光東照宮前店」で折り返すというもの。折り返しPCのセーブオンで待つことにした。

スタートは7:00なので、ロンリーHさんの脚なら12時台には着いてしまうだろう。10時過ぎに自宅を発ち、新里街道~県道248(だいや川公園前の道)~霧降大橋南を経由し旧日光市内に入った。
途中、小雨がパラパラと落ちてきたが、本降りにはならずに済んだ。ラッキー!
日光の街中は観光客の姿を随分見かけた。外人客もちらほら。風評も落ち着いたのだろうか。

11:45ごろセーブオンに到着した。お店の前にある教会をパチリ。

この写真を撮った直後、デジカメが電池切れ・・・・。本日の写真はこれ1枚のみ。

お店でパンを購入、補給しながら参加者の到着を待つ。30分ほど待ったが誰も来ない。
そのうち身体が冷え、辛くなってきた。
急遽、方針を変更、ブルベのコースを逆行し、滝ヶ原峠頂上で待つことにした。

清滝まで上がっていくと道路わきには結構な量の雪が残っている。雪解け水で路面が濡れている箇所が多い。
「やしおの湯」前を通過し、滝ヶ原峠に向けて登る。残雪がだんだん深くなる。幸い路面には雪はない。
強面の印象がある滝ヶ原だが、清滝側から登るとずいぶん楽なんだね。

峠に到着し、ウィンドブレーカーを着込み、しばし待つ。誰も来ない・・・・。
寂しさに我慢も限界、小来川方面に下ることにした。

大滝の少し北あたりで、2名のブルベ参加者とすれ違う。その後も、小来川神社に至るまで五月雨式に4~5名の参加者と出会ったが、いずれもロンリーHさんではなかった。もしかして8:00スタート?

応援に来たのにロンリーHさんに会えなかったのは心残りだが、中途半端な位置で脚を止めさせては申し訳ないので、撤収。板荷に向けて快走と行きたいところだったが、かなりの向かい風。30km/hちょっとしか出ないという感じだった。

ところで、セラ・アナトミカについては、ストレスを感じさせないという印象だ。まあ、半日ぐらいの使用では、まともなインプレはできないが・・・。途中、右の内股にノーズの部分が当たる感じがしたので、サドルの方向を若干左に修正。

今日の距離:80km(月間累計:976km)


PageTop

サドル交換

今は専らローラー台用となっている感のある「アンカー号」のサドルを交換した。

300kmまでのブルベでは基本的にDEDA号を投入する方針だが、荷物が増える400km以上ではシートポストバッグのアタッチメントを考慮して、引き続きアンカー号を使う予定だ。
ところが、アンカー号に載せていたサドル(アリオネ)の表皮が破れてきてしまったのだ。かれこれ5年、距離にすると40,000km以上も使ってきたので仕方ないのだが。

400、600kmではお尻の痛みに悩まされてきたこともあり、代替のサドルには何を使うか迷っていたが、長距離ライダーに評判の「セラ アナトミカ」に決めた。
色は「レッド」。バイクの色が地味なので、アクセントとして。もう少しブラウンに近い色かと思っていたが、予想以上に「赤い」。
120321_1856~0001

今日はローラーを回しながら、サドルのポジションを調整した。意外だったのは、アリオネほど高さがないことで、シートポストを数mm上げた。アリオネやDEDA号で使っているアリアンテより適正ポジション範囲(スィートスポット?)は狭い感じで、シビアな調整が必要なようだ。角度はすぐに決まったが、前後の位置は4~5回調整を繰り返した。

今週末は、へばな師匠主催の柴又方面ツーリングに参加する予定だが、早速試すことにしよう。

今日の距離:47km(月間累計:840km)

PageTop

BRM415宇都宮200km勝手試走

先週できなかったBRM415宇都宮200kmの勝手試走、今日実行した。
11日に試走を断念したことは当ブログに書いたのだが、拙文を読まれたAJ宇都宮のS代表から、「試走にチャレンジするなら参考にして下さい」と丁寧なメールとともにコース情報等をお送りいただいた。私に合わせてくれた訳ではないだろうが、コマ図やルートラボもアップされた。
ここまでしていただいては、多少天気が悪くてもランドヌールとして挑戦せざるをえまい。

7:30くらいに自宅を発ち、コマ図NO.4(以下単にNO.Xと表記)のポイントに到着。この時点で7:50。勝手試走なので、ここをスタート地点とさせていただこう(単に鶴CCの坂を登るのが嫌だっただけ?)。写真は霞たなびく森林公園付近の山々。昨日の雨に加え、気温が高めなので霧がかかっている。


PC1のセブンイレブン黒磯戸田店までは、600km等でおなじみのルート。国道293は交通量が多く好きではないが、NO.6を左折すると車も少なくなり、快適。ただし、路面はセミウエット。
NO.6→ s20120318-041.jpg

塩谷から通ずる県道242から、東北自動車道のアンダーをくぐり2つ目の信号(NO.9)を左折、県道30(新道)に入る。
NO.9→ s20120318-042.jpg

ここからは、ひたすら北上。昨年の300、400、600kmでは、NO.12のセブンイレブン那須関谷店が使われたが、今回は素通り。
NO.12→ s20120318-043.jpg

PC1には9:58到着。
パンとコーヒーで補給していると、60歳位の紳士から「今日は何キロ走るんですか?」と尋ねられた。ご自分も自転車乗りであるとのこと、道理で質問の仕方が違う。200km走ること、これから烏山、真岡方面に向かうことなどを答えると感心されることしきり。12月に風邪を引いたのがたたって最近は全然走っていないとか。「事故の無いように頑張ってください」と激励され、俄然力がわいた。
NO.13→ s20120318-044.jpg PC1→ s20120318-045.jpg

次の区間は下り基調。タイムを狙うなら、この区間で稼がねばならない。ただし、今日は路面が濡れているので慎重に行きたい。
旧黒磯市街に向かう県道369(通称「板室街道」)はまっすぐで下り基調だが、道の駅があるため、観光客などの車が多い。
NO.14で右折するのだが、右折先が工事で通行止め。ガードマンに聞くと3月中には終わる予定だが、若干遅れ気味とのこと。
NO.14→ s20120318-047.jpg

仕方ないので県道369を直進し、大きく迂回。大田原に4年ほど住んでいたことがあるので、この辺りには土地勘があるのだ。
運動公園付近で本来のルートに復帰し、NO.16の右折ポイントに。新幹線高架下をくぐると間もなくNO.17の左折ポイント。カーブしながらの緩い下り坂なので、行き過ぎに注意。
NO.16→ s20120318-048.jpg NO.17→s20120318-049.jpg
 
コマ図通りに進めばミスコースの懸念はないが、心配だったのがNO.19。国道4号を越えて最初の信号なのだが、地味な交差点なので行きすぎてしまう可能性もなきにしもあらず。
NO.19→ s20120318-050.jpg

大田原郊外を経由し旧黒羽町に向かう県道182は、車も少なく気持ち良い道。若干の向かい風なので下ハンを握ってちょっとガンバってみる。やがて田園風景の向こう側に黒羽の小じんまりした街並みが見えてくる。NO.21で左折。
NO.21→ s20120318-052.jpg

旧黒羽町はかつては木材で栄えた町。古い建物が残り雰囲気がある。那珂川橋西の交差点右側にあるそば店「かまくら」はお奨めできる店なのだが、空の様子があやしくなってきたのでパス。
那珂川橋を渡り、田町十字路(NO.24)を右折、県道27号に入る。写真は、十字路左側にある建物「たまち蔵屋敷」。
s20120318-053.jpg

県道27~県道298も心地よい道。那珂川沿いを走るので景色がよく、適度なアップダウンにも富んでいる。
ミスコースしそうな箇所はないが、NO.26の手前は要注意。下り坂のうえ緩くカーブしているので、スピードを出しすぎると急に信号が現れるということになりかねない。
PC2セブンイレブン那珂川町馬頭店には11:55着。
PC2→ s20120318-054.jpg

次の区間では、旧烏山町、市貝、益子を経由し、真岡市久下田を目指す。
県道27を南下し、興野大橋東(NO.32)を右折。橋を渡ったらすぐ左折し、国道294に入る。交通量が増えるので注意。
NO.32→ s20120318-055.jpg

今回のコースで特に楽しみにしていたのは、県道64から分岐し市貝の丘陵部を経由する「農業用道路」。初めて走る道だ。S代表のコメントではアップダウンが連続し「某所」を想起させるような道だとのこと。
「某所」って一体?
小さな橋の向こう側に写真の様な小さな道標(NO.37)がある。
ここを左折すると、目に飛び込んできたのは、9%の勾配表示・・・・
NO.37→ s20120318-056.jpg  s20120318-057.jpg
牧場が点在するのどかな雰囲気の丘陵地帯を登ったり下ったり、「宇都宮テイスト」を味わえる。路面が濡れていて泥はねがひどいが、晴れていれば気持ち良い道だろう。

農業用道路に別れを告げ、益子方面に向かう。ちょっと分かりにくいのがNO.47~49。NO.47はランドマークの看板も小さく地味なものなので、距離計を頼りに行きすぎないように。NO.48は短い坂を登り切った所にある。NO.49は平地林の中にあり、右手の青い建物が目印。
NO.47→ s20120318-060.jpg NO.48→ s20120318-061.jpg NO.49→ s20120318-063.jpg

写真はNO.54の「観光いちご団地」付近。例年、この時期は観光客でいっぱいなのだが、今日は少なめ。天気のせいか、風評被害のせいか・・・。どちらにしてもハウス内はリスクは小さいんだけどね。
NO.54→ s20120318-064.jpg

NO.55~NO.60は一昨年、昨年の「牛久発ブルベ」で通ったルート。NO.61以降は初めて通るはずなのだが、何故か既視感がある。何年か前に道に迷って、この辺りを彷徨ったのだろうか?
PC3セブンイレブン二宮バイパス店には14:21着。雨が本格的に降ってきた。家内に頼んで車で迎えに来てもらおうかと迷ったが、ここまで来たのだからゴールを目指すことにした。
PC3→ s20120318-065.jpg

レインウェアを着込み、ゴールの森林公園に向けてスタート。
雨脚はますます強くなり、迎えを頼まなかったことをちょっと後悔・・・・
NO.85までは牛久発ブルベなどでお馴染のルート。NO.86以降は今回初めてのルートだ。が、鹿沼市内は最近まで通勤していたこともあり、迷うことはない。
NO.86を右折。交差点右側の郵便局を見逃さないように。
路面はハードウェットだ。
NO.86→ s20120318-066.jpg

森林公園には16:16に到着。本番では、赤川ダムの堰堤を通り、サイクリングターミナルでゴールとなるのだが、今日はここまでで許してもらうことに。
s20120318-068.jpg

おっと、往路ではNO.1~NO.4をオミットしていたんだっけ。鶴CCの坂を慎重に下り、NO.4に着いたのが16:27。
所要時間8h37mだった。

今日の距離、218km(自宅から自走16kmを含む。月間累計773km)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。