山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM415宇都宮200km勝手試走

先週できなかったBRM415宇都宮200kmの勝手試走、今日実行した。
11日に試走を断念したことは当ブログに書いたのだが、拙文を読まれたAJ宇都宮のS代表から、「試走にチャレンジするなら参考にして下さい」と丁寧なメールとともにコース情報等をお送りいただいた。私に合わせてくれた訳ではないだろうが、コマ図やルートラボもアップされた。
ここまでしていただいては、多少天気が悪くてもランドヌールとして挑戦せざるをえまい。

7:30くらいに自宅を発ち、コマ図NO.4(以下単にNO.Xと表記)のポイントに到着。この時点で7:50。勝手試走なので、ここをスタート地点とさせていただこう(単に鶴CCの坂を登るのが嫌だっただけ?)。写真は霞たなびく森林公園付近の山々。昨日の雨に加え、気温が高めなので霧がかかっている。


PC1のセブンイレブン黒磯戸田店までは、600km等でおなじみのルート。国道293は交通量が多く好きではないが、NO.6を左折すると車も少なくなり、快適。ただし、路面はセミウエット。
NO.6→ s20120318-041.jpg

塩谷から通ずる県道242から、東北自動車道のアンダーをくぐり2つ目の信号(NO.9)を左折、県道30(新道)に入る。
NO.9→ s20120318-042.jpg

ここからは、ひたすら北上。昨年の300、400、600kmでは、NO.12のセブンイレブン那須関谷店が使われたが、今回は素通り。
NO.12→ s20120318-043.jpg

PC1には9:58到着。
パンとコーヒーで補給していると、60歳位の紳士から「今日は何キロ走るんですか?」と尋ねられた。ご自分も自転車乗りであるとのこと、道理で質問の仕方が違う。200km走ること、これから烏山、真岡方面に向かうことなどを答えると感心されることしきり。12月に風邪を引いたのがたたって最近は全然走っていないとか。「事故の無いように頑張ってください」と激励され、俄然力がわいた。
NO.13→ s20120318-044.jpg PC1→ s20120318-045.jpg

次の区間は下り基調。タイムを狙うなら、この区間で稼がねばならない。ただし、今日は路面が濡れているので慎重に行きたい。
旧黒磯市街に向かう県道369(通称「板室街道」)はまっすぐで下り基調だが、道の駅があるため、観光客などの車が多い。
NO.14で右折するのだが、右折先が工事で通行止め。ガードマンに聞くと3月中には終わる予定だが、若干遅れ気味とのこと。
NO.14→ s20120318-047.jpg

仕方ないので県道369を直進し、大きく迂回。大田原に4年ほど住んでいたことがあるので、この辺りには土地勘があるのだ。
運動公園付近で本来のルートに復帰し、NO.16の右折ポイントに。新幹線高架下をくぐると間もなくNO.17の左折ポイント。カーブしながらの緩い下り坂なので、行き過ぎに注意。
NO.16→ s20120318-048.jpg NO.17→s20120318-049.jpg
 
コマ図通りに進めばミスコースの懸念はないが、心配だったのがNO.19。国道4号を越えて最初の信号なのだが、地味な交差点なので行きすぎてしまう可能性もなきにしもあらず。
NO.19→ s20120318-050.jpg

大田原郊外を経由し旧黒羽町に向かう県道182は、車も少なく気持ち良い道。若干の向かい風なので下ハンを握ってちょっとガンバってみる。やがて田園風景の向こう側に黒羽の小じんまりした街並みが見えてくる。NO.21で左折。
NO.21→ s20120318-052.jpg

旧黒羽町はかつては木材で栄えた町。古い建物が残り雰囲気がある。那珂川橋西の交差点右側にあるそば店「かまくら」はお奨めできる店なのだが、空の様子があやしくなってきたのでパス。
那珂川橋を渡り、田町十字路(NO.24)を右折、県道27号に入る。写真は、十字路左側にある建物「たまち蔵屋敷」。
s20120318-053.jpg

県道27~県道298も心地よい道。那珂川沿いを走るので景色がよく、適度なアップダウンにも富んでいる。
ミスコースしそうな箇所はないが、NO.26の手前は要注意。下り坂のうえ緩くカーブしているので、スピードを出しすぎると急に信号が現れるということになりかねない。
PC2セブンイレブン那珂川町馬頭店には11:55着。
PC2→ s20120318-054.jpg

次の区間では、旧烏山町、市貝、益子を経由し、真岡市久下田を目指す。
県道27を南下し、興野大橋東(NO.32)を右折。橋を渡ったらすぐ左折し、国道294に入る。交通量が増えるので注意。
NO.32→ s20120318-055.jpg

今回のコースで特に楽しみにしていたのは、県道64から分岐し市貝の丘陵部を経由する「農業用道路」。初めて走る道だ。S代表のコメントではアップダウンが連続し「某所」を想起させるような道だとのこと。
「某所」って一体?
小さな橋の向こう側に写真の様な小さな道標(NO.37)がある。
ここを左折すると、目に飛び込んできたのは、9%の勾配表示・・・・
NO.37→ s20120318-056.jpg  s20120318-057.jpg
牧場が点在するのどかな雰囲気の丘陵地帯を登ったり下ったり、「宇都宮テイスト」を味わえる。路面が濡れていて泥はねがひどいが、晴れていれば気持ち良い道だろう。

農業用道路に別れを告げ、益子方面に向かう。ちょっと分かりにくいのがNO.47~49。NO.47はランドマークの看板も小さく地味なものなので、距離計を頼りに行きすぎないように。NO.48は短い坂を登り切った所にある。NO.49は平地林の中にあり、右手の青い建物が目印。
NO.47→ s20120318-060.jpg NO.48→ s20120318-061.jpg NO.49→ s20120318-063.jpg

写真はNO.54の「観光いちご団地」付近。例年、この時期は観光客でいっぱいなのだが、今日は少なめ。天気のせいか、風評被害のせいか・・・。どちらにしてもハウス内はリスクは小さいんだけどね。
NO.54→ s20120318-064.jpg

NO.55~NO.60は一昨年、昨年の「牛久発ブルベ」で通ったルート。NO.61以降は初めて通るはずなのだが、何故か既視感がある。何年か前に道に迷って、この辺りを彷徨ったのだろうか?
PC3セブンイレブン二宮バイパス店には14:21着。雨が本格的に降ってきた。家内に頼んで車で迎えに来てもらおうかと迷ったが、ここまで来たのだからゴールを目指すことにした。
PC3→ s20120318-065.jpg

レインウェアを着込み、ゴールの森林公園に向けてスタート。
雨脚はますます強くなり、迎えを頼まなかったことをちょっと後悔・・・・
NO.85までは牛久発ブルベなどでお馴染のルート。NO.86以降は今回初めてのルートだ。が、鹿沼市内は最近まで通勤していたこともあり、迷うことはない。
NO.86を右折。交差点右側の郵便局を見逃さないように。
路面はハードウェットだ。
NO.86→ s20120318-066.jpg

森林公園には16:16に到着。本番では、赤川ダムの堰堤を通り、サイクリングターミナルでゴールとなるのだが、今日はここまでで許してもらうことに。
s20120318-068.jpg

おっと、往路ではNO.1~NO.4をオミットしていたんだっけ。鶴CCの坂を慎重に下り、NO.4に着いたのが16:27。
所要時間8h37mだった。

今日の距離、218km(自宅から自走16kmを含む。月間累計773km)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。