山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

因数分解

高校生になった息子、昼食後、ソファーの上でウンウン唸っている。
腹でも痛いのかと聞くと、数学の問題(因数分解)が解けないのだという。
「今日は数学の神が降りて来ねえ~!」

どれどれと問題を覗きこむと、そんなに難しくなさそう。「こんなのは、こことここをカッコで括り出してやればいいんだよ」といい加減なことを言いつつ、試しにやってみると「あれっ、解けない・・・・」。

解けないままというのは非常に気持ちが悪い。ローラー台を回しながら、長考1時間。
突然、「神」が降りてきた。
自転車から降り、汗でびっしょりのまま、紙に解答を書く。どうやら間違いなさそうだ。
「ホレ見ろ」と大人げなく息子に自慢するオヤジ。
「因数分解なんて、どうせ社会に出て使わねえだろ?」と悔しがる息子。

息子よ。確かに因数分解を仕事で使うことはないかもしれない。だけど、「あきらめず、思考停止に陥らず、考え抜く」姿勢が重要なんだよ。実際、仕事上で「万事休す」かと思われた局面でも、あきらめずに考え抜いた末、解決策を見出したという経験もあるんだ。

と、説教しようと思ったが、「ウゼエ~」で片づけられてしまいそうなのでやめた。

今日の距離:70km(ローラー台のみ、月間累計:231km)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。