山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

茂木・益子方面

妻と所用のため帰省中の二女を伴って、益子に行ってきた。
「ちょっとした行楽を兼ねて昼食でも」ということになり、目的地は「森のレストラン」とした。今年の正月に仲間とツーリングで寄った店だ。かねて「私たちも連れて行って」と言われていたのだ。

天気も良いので私は別行動、自転車で現地近くまで行くことにした。益子までの運転なら妻でも大丈夫。益子町の総合運動公園で11:30に待ち合わせすることにした。

私のルートは宇都宮~芳賀工業団地~道の駅もてぎ~芳賀広域農道経由で益子入りするもの。正月のツーリングとほぼ同じルートだ。9:30くらいに出発し、運動公園駐車場には11:30くらいに到着。間もなく妻もやって来た。

車の中で着替え、運転を交替。運動公園から森のレストランまでは2kmほど。益子中学校入口を曲がり、森の中の狭い道を行くと、30台くらい停められそうな駐車場が現れる。
12時前なのに、すでに入口付近は順番待ちの行列。他を当たるのも大変なので、名前を記入して待つことにした。9組待ち。

40分ほど待って、店内に案内された。私は「秋野菜とウナギのパスタ」、妻はハンバーグ、二女は「もち豚のステーキ」をオーダー。写真は撮らなかったが、お味もボリュームも満足できるものだった。行列ができるほど人気なのもうなづける。

昼食後、陶器店が並ぶメインストリートを散策。息子のために大きめのご飯茶碗を購入。身体がでかくなったのに小さなご飯茶碗を使っているのが気の毒なため。

写真はメインストリートの西端にある「日下田家住宅」。


散策後、帰路につくのだが、私は再び自転車。
距離を稼ぐため、益子~市貝~芳賀工業団地~白沢~サンヒルズGCの名無し峠~ろまんちっく村と、牛久発宇都宮ブルベのコースの一部を逆回りする形で帰って来た。
結果として、ご覧のような8の字コースとなった。走行距離はちょうど100km。100km超えは、8月末の300km山岳の試走以来だ。


本日の距離:100km(月間累計:260km)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。