山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山帰来(さんきらい)

今日予定していた「花園渓谷ツーリング」は雨のため中止。
急遽、女房孝行することとなった。

小来川に昨年オープンしたお蕎麦屋さん「山帰来」。周回練習コース上にあるのでいつも気になっていたのだが、これまで入る機会がなかった。
今日初めてお店に入った。
121117_1211~0001

建物はログハウスの造りで、ロッジ風。黒川沿いの土地に建っていて、川に面した側はガラス張りで、清流や木々を眺められる意匠となっている。店内では薪ストーブが焚かれ、BGMにはジャズピアノが流れていた。
建物脇の敷地ではワサビを栽培しているようだ。

川を臨むカウンター席に座り、妻は湯葉蕎麦、私は二八もりと天ぷらをオーダー。なかなかのお味だった。ボリュームもたっぷり。値段はちょっと高めかな。

店内でシャッターをパチパチやるのは遠慮して、リーフレットをいただいてきた。ちょっとおしゃれ過ぎて、ツーリング途中に利用するのは気が引けるかも。
CA3A0074.jpg
CA3A0073.jpg

帰りは大回りして、大芦渓谷の白井平橋に行ってみた(最近こればっかり)。紅葉のピークは過ぎ、落葉が始まっていたが、妻は喜んでくれたので何より。
121117_1233~0002

夕方、ローラー台を少々。
本日の距離:25km(月間累計:760km)

PageTop

花園渓谷方面ツーリングのお誘い

当分、この記事がページのトップに来ます。

17日は高い確率で雨ということなので、ツーリングは残念ながら中止といたします。

11月17日(土)、茨城県久慈郡大子町を発着点として花園渓谷、福島県東白川郡塙町方面を巡るツーリングを企画しました。
コースは次の通りです。


行程案:
セブンイレブン大子池田店8:30=(51km)=11:00北茨城市華川町「そば処花園山房はるき」(昼食)12:00=(8km)=12:30花園渓谷=(31km)=14:30道の駅はなわ14:45=(24km)=16:00セブンイレブン大子池田店
走行距離:114km

距離は短いですが、アップダウンに富んだコースです。特に花園渓谷を越えたあたりの箇所では10%超の勾配が続きます。
タイミングが合えば、花園渓谷の紅葉を楽しめるかもしれません。

参加を希望される方は、その旨コメントを下さいね。

PageTop

大芦渓谷再び

雨天が予想された日曜日。予報では雨は午後からのようだ。乗らずばなるまい。

昨日、紅葉の鮮やかさに心を奪われた大芦渓谷。
今日は白井平橋の先まで行ってみた。

今日は小来川に至る経路は時計回りで。昨日も撮影した、杉木立から見える黒川沿いのカエデ。
s121111-007.jpg

小来川集落から里山を望む。「鶏犬相聞」という風情だ。リタイヤ後はこういう場所で暮らしてみたい。家族はついてこないだろうけど・・・。
s121111-009.jpg s121111-012.jpg s121111-014.jpg s121111-016.jpg

黒川神社の交差点を左折し、古峰ヶ原街道に向かう。
大芦川沿いも紅葉スポットがちらほら。
s121111-019.jpg s121111-021.jpg

昨日同様、一の鳥居手前の橋の袂を右折し、河原小屋三ノ宿林道に入る。
ふつうのパパさんが「斎戒沐浴」されたのはこの辺りだろうか?
林道に入ってすぐに遭遇するカエデの列。
s121111-024.jpg s121111-026.jpg

東大芦川があまりにきれいなので、橋を見つけるたびに脚を停め、撮影タイム。奥に入るにつれて紅葉の発色も鮮やかになって行く。
s121111-032.jpg s121111-035.jpg s121111-040.jpg

引き続き林道を進む。
s121111-041.jpg s121111-047.jpg s121111-048.jpg

昨日もきれいだった「白井平橋」の紅葉。今日は一段と色鮮やかだ。
一眼レフを構えるカメラマンも多かった。河原から白井平橋を見上げるのが人気の構図らしい。クリート付きのシューズでは河原に降りられないので、橋の上からの構図だけで我慢。
s121111-050.jpg s121111-053.jpg s121111-054.jpg s121111-055.jpg
s121111-059.jpg s121111-061.jpg

昨日はここで引き返したのだが、今日はこの先まで行ってみよう。
谷間の山々も錦の衣を纏っている。
s121111-064.jpg s121111-065.jpg s121111-066.jpg s121111-068.jpg

この分だと「大滝」辺りも期待できるぞ、と期待しながら進むと・・・。
う~ん、やっぱり通行止めかあ。昨年の台風で路肩があちこち崩れたりしているのだが、直すつもりがないのかも。MTBなら先に進む選択肢もあるが、ロードでタイヤバーストでもすると取り返しがつかないので、この先は断念(涙)。
s121111-069.jpg

林道を引き返しながら、往路で見過ごした風景をカメラに収める。
s121111-072.jpg s121111-073.jpg s121111-075.jpg s121111-081.jpg

西大芦小学校の川向かいにある「西大芦フォレストビレッジ」。ここの紅葉も見頃を迎えている。
いつもは素通りするポイントだが、今日はちょっと寄り道。
s121111-082.jpg s121111-085.jpg

ここからは南小来川の名無し峠を越えて、小来川周回ルートに復帰した。峠では観光バスに行く手を阻まれ、難儀した。おそらく古峯神社参拝客を乗せているのだろうが、何もこんな狭い山道を通らなくても・・・。

宇都宮市内に入り、大谷地区を通過する。見慣れた風景なので、スルーしてしまうことが多いが、あらためて見ると「奇観」だなあ。
今にも降り出しそうな空になってきたが、13時頃には自宅に戻ることができた。
s121111-088.jpg s121111-092.jpg s121111-093.jpg

本日の距離:93km(月間累計:638km)

PageTop

小来川反時計回り2周+大芦渓谷

今日は朝からきれいに晴れ上がった。明日は天気が崩れるらしいので、今日はある程度距離を乗っておかねば。
と思いつつも、ウダウダしてしまい、自宅を発ったのはようやく11時ごろ。
今日は、小来川周回コース2周のノルマを自らに課した。

山久保方面に向かう途中、長畑の民家の庭先で、立派なモミジの木を見かけた。


小来川保育所前のドウダンツツジ。他の場所に比べ、ひときわ鮮やかな色だ。
s121110-010.jpg s121110-011.jpg

黒川沿いの暗い杉木立の中から見えるモミジ。光の効果もあって、ここも美しい。
s121110-015.jpg s121110-016.jpg

黒川に架かる橋の上から上流方向を望む。向かって右側には民家があるのだが、自宅からこのような眺望を得られるとは贅沢なことだ。
s121110-020.jpg

写真を撮りながら、1周目は淡々とこなした。
2周目は少し強度を高めてみる。が、小来川の峠を登り切った辺りでヘロヘロに・・・・。
疲れたので、ちょっとコースを離脱し、大芦渓谷の紅葉の様子を偵察に。

古峰ヶ原街道の一の鳥居の手前の橋を右折すると、東大芦川沿いの林道に入る。
谷底を覗き込むと、清冽な東大芦川の流れが見える。
s121110-021.jpg

3kmほど進むと「白井平橋」。ここは紅葉の名所だ。
去年の10月末に訪れた時は、全然色づいていなかった。
今年は・・・・?、ご覧の通り。まずまずの色合いだ。2~3日後が見頃かもしれない。
s121110-024.jpg s121110-025.jpg s121110-027.jpg

s121110-028.jpg s121110-030.jpg

さらに上流の大滝方面に進もうかとも思ったが、寒いので、小来川に戻ることにした。
小来川周回コースに戻る途中で見かけた花。寒桜?
s121110-034.jpg

周回コースに戻り、2周目も終了。
途中、黒川の河原に降りて渓流美を堪能。
s121110-037.jpg

紅葉前線は標高400~500m辺りまで降りてきているようだ。1週間で200~300kmずつ降りてくるということだろうか?

本日の距離:120km(月間累計:545km)

PageTop

SR申請

BRM707宇都宮600kmまでのブルベカードとメダルが届いた。
ブルベカードの管理や認定申請、メダルの発送といった一連のスタッフ業務の苦労を見聞し、こうしたことにも感謝の気持ちを忘れてはいけないなあと感じている。

今年の目標の一つは、USG(宇都宮シューペル・グランペール)取得であったのだが、SR(シューペル・ランドヌール)の申請資格も得ることができた。
で、今日、その申請を行った。


写真は、200km~600kmの各メダルと、SR申請に必要な認定番号が記載されたブルベカード。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。