山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

紅葉狩りツーリング その2

今日も紅葉狩りツーリング。先週日曜日に雨で流れた計画の代替案だ。
日光市鬼怒川レジャー公園を発着点にするのは先週の案と同様だが、コースを変更。先週のプランでは瀬戸合峡~山王林道方面に向かうことにしていたが、すでに紅葉の見ごろを過ぎている可能性もあるので、もみじライン~八方ヶ原(裏ルート)~県民の森方面を目指すことにした。

集合場所まで自宅より35km弱、自走で向かう。
途中、今市より眺めた日光連山の姿。心なしか、山体が赤く色づいて見える。


鬼怒川レジャー公園に到着すると、すでにnaoyさんが準備を整えられていた。lemonbooさん、そばそばさんも間もなく到着。お二人は栃木市内から約50kmを自走で駆けつけた(驚)。私を加えた4人が今日のオールメンバー。
s121104-003.jpg

9時に公園を出発、国道121号をnaoyさんの強い引きで北上する。まさかこのスピードでもみじラインに突入する訳ではあるまいね?昨日に続き、嫌な予感。
もみじラインの鬼怒川側料金所を過ぎると「ここからはそれぞれのペースで」ということになり、そばそばさんが「逃げ」、naoyさんが後を追った。
昨日のツーリングの疲れが残っているというlemonbooさんとペースを合わせて登ろうかと思ったら、見る見るうちに引き離された。う~ん、みんな強い(私が弱いだけか?)。仕方ないので風景を楽しみながらゆっくりと登る。
登り始めて間もなく見かけた見事なモミジ。
s121104-005.jpg

川治ダムを一望できる展望台に達すると、naoyさんとlemonbooさんが待っていてくれた。
lemonbooさん、「足先が冷えるので靴下の上にビニール袋を履く」の図。
s121104-007.jpg s121104-009.jpg

数百m登ると、「富士見展望台」がある。ここでは、そばそばさんが待機していてくれた。
駐車場手前にあるモミジの大木。展望台からは真っ白な雪を頂いた「日光白根」の姿を見ることができた。
s121104-010.jpg s121104-012.jpg

ピーク手前にある白滝茶屋にて小休止&撮影タイム。この辺りの紅葉は鮮やかで素晴らしい。
山腹が陽光を受けて輝いているようだった。
s121104-014.jpg s121104-020.jpg s121104-021.jpg s121104-023.jpg

茶屋を過ぎると短い登りがあるのだが、ここでも私だけ千切れる。塩原側料金所まで単独行。
エーデルワイススキー場を過ぎると下りに入る。ふと見ると路傍の日陰にある落葉の上にはうっすらと雪が積もっている。路面がやけに濡れているなと思ったら、軽く降雪があったようだ。

すごく寒~い下りの途中で見かけた紅葉。日が照っていればもっときれいに撮れるのかも。
s121104-024.jpg s121104-025.jpg s121104-027.jpg

当初は塩原で食事し、八方ヶ原に向かうというプランであったが、もみじライン登りの疲れと寒さを味わった後では、このルートがえらく不評。
400号バイパスの丁字路であらためて相談し、「尾頭トンネルを越えて三依経由で鬼怒川まで戻る」ということで話がまとまった。

尾頭トンネル手前数kmにも結構な登りがある。情けないことに、ここでも私は定位置。
尾頭トンネル直前の坂でも鮮やかな紅葉を目にしたのだが、遅れを取り戻すためにひたすらペダルを漕いでいたため、写真はなし(涙)。

トンネルを抜けると、lemonbooさんとそばそばさんが休憩していた。待っていてくれたのかと思ったら、lemonbooさんが体調不良だということ。貧血のような症状らしい。ハンガーノックかな?
日向で横になってもらい、しばし体力の回復を待つ。走れそうだというので、三依の三叉路まで下ることにした。そこまで行けば、野岩線で輪行するという手段もとれる。

とりあえず湯西川の道の駅付近まで向かうことにした。
途中、こちら方面に顔が効くnaoyさんのおすすめで独鈷沢の「木(もく)りん」という蕎麦屋さんで食事。これまで幾度となく店の前を通っていたのだが、入るのは初めて。
暖かいキノコ蕎麦をオーダーしたが、とても美味しゅうございました。蕎麦祭り期間中のキャンペーンということで甘酒まで頂いた。これも美味しかった。
s121104-031.jpg

美味しいお蕎麦で元気になったlemonbooさん、鬼怒川温泉駅まで自走できそうだとのこと。良かった。
五十里ダムでは、ダムを取り囲む山々の紅葉を見ることができた。
s121104-032.jpg s121104-035.jpg

川治ダムに迂回し、展望台よりダムを望む。アーチ式ダムだったのね。地元なのに知らなかった。
ダムの上部にも見事に色づいた山々の姿。
s121104-036.jpg s121104-037.jpg

鬼怒川温泉に近付くにつれ、交通量が多くなってきた。鬼怒川公園駅の手前ではとうとう渋滞。
このまま、レジャー公園まで戻ると渋滞の道を走ることになるので危険、ということで、この辺りの地理に詳しいnaoyさんの先導で裏道をつなぎ、栗原交差点まで戻って来た。
ここでレジャー公園まで車を回収に行くnaoyさんとはお別れ。今日一日ありがとうございました。

lemonbooさんもすっかり元気になり、そばそばさんと栃木市まで自走で帰るとのこと。
お二人とは轟の交差点で別れ、私は朝来た道を辿って帰って来た。

今日の距離:150km(月間累計:345km)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。