山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冬の気配

今日は午前中、近くの小学校で「国民の義務」を果たしたり、息子の自転車を手入れしたり。
お昼を食べてから、小来川方面に乗り出した。

時計回り周回コースに入る。黒川沿いの木々も随分と色づいた。
 s121118-004.jpg s121118-008.jpg s121118-011.jpg

今日は、黒川神社まで行かず、集落に入る手前の橋のところを左折し、古峰ヶ原街道にトラバースしてみた。このルート、鬱蒼とした杉林の中を抜ける細い山道だ。最大勾配は15%ほど。
クマでも出るのではないかと、びくびくしながら登っていたら、反対側からハンターが数名歩いてきた。やっぱりケモノがいるのかも。

無事、古峰ヶ原街道に出て、進路を古峯神社方面にとる。向かい風が強く、しかもすごく寒い。

古峰ヶ原街道沿いにあるモミジの木。この辺りでは、この木が一番きれいだと思う。
もう少し経つと、陽光を通して、燃えるような赤い色となるはずだ。
s121118-012.jpg s121118-015.jpg

このモミジから少し北上すると「鹿入橋」がある。橋の上からの眺め。大芦川の水がとっても冷たそうだ。
s121118-019.jpg s121118-022.jpg s121118-024.jpg

あまりの風の冷たさに、当初予定した古峯神社参りは断念、西大芦小学校の手前を右折し、小来川周回ルートに戻る。ただ、小来川も寒さに変わりなし。むしろ風は強まったようだ。落葉が顔に吹き付けてくるような感じ。木枯らしなのかもしれない。

赤行橋まで戻ってきて日光方向を振り返る。寒いはずだ。女峰山が冠雪している。
s121118-028.jpg

今シーズン、小来川コースに来られるのもあと数回かもしれない。
本日の距離:80km(月間累計:840km)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。