山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ツーリングのつもりが・・・

昨晩、アルマーさんからツーリングのお誘いをいただいた。
kymさん企画で、目指すは南摩~上久我方面、集合は栃木市緑地公園9:45とのこと。
酔っぱらっていたこともあって「自走で行きまーす」などと軽い返事。

今朝目覚めて見れば、もはや自走では集合の刻限に間に合わない時刻。
「南摩あたりで待ち伏せします」とメールを打ち、とりあえず「鹿沼市運動公園」を目指した。
昨日同様、今日も西寄りの風が強い。横風でバイクごと持って行かれそうになる。

10:30ごろには鹿沼市運動公園に着いた。県道177号の運動公園入り口信号付近で待っていれば、ツーリング組に合流できるはずなのだが、思いつきで、県道177号を南下して積極的に迎撃に出ることにした。

追風の中32~35km/hで巡航していると、後ろから「右側通ります!」と声がかかり、10名ほどの集団にパスされた。ブラウ・ブリッツェンだった。きれいな集団走行で、あっという間に見えなくなる。写真を撮る隙もなかった。

県道を南下し続け、北半田交差点に至ったのに、ツーリング組とは未だ出遭わない。少々不安になり、来た道を戻る。南摩交差点のセブンイレブン前でアルマーさんに連絡したところ、なんと上日向のスーパー前で休憩中とのこと。ルート変更があったらしい。ツーリング組は板荷の「山里」で食事した後、上久我→南摩と逆廻りする予定とのこと。「山里」で一緒に食事しようと誘われたのだが、結構距離があるし、強風で時間がかかりそうなので、自分は上南摩方面に向かうことにした。途中どこかですれ違えるはずだ。

上南摩のダム工事区間に入る。ほとんど車も通らず、人の気配もない。
施工中のトンネルや山腹の取り付け道路を眺めながら奥地に進む。
s121209-004.jpg

と、突然、目の前に大きな塊が。
s121209-006.jpg

道路を回り込んで近くに寄ると、正体は砕石の山。砕石のストックヤードなのかな?それともダム本体?
s121209-008.jpg s121209-009.jpg

ダム工事区間には廃道が散見される。MTBなら分け入って行くところだ。
もっと上り坂が長いのかなと思っていたら、あっけなくピークに至り、快適な下り道に。道路をほぼ独占状態だ。
s121209-011.jpg

上久我の丁字路に至り、左右どちらに行こうか迷ったが、左折して石裂(おざく)方面へ。林道のような風情の県道240号を西に進む。登り基調だが、勾配はきつくない。4kmほど進むと「加蘇山神社」が現れる。ここのお蕎麦は有名らしい。
s121209-013.jpg s121209-015.jpg

橋を渡って右に進む細い道もあったのだが、ちょっと心細いので、左方面の林道に向かう。500mくらいで行き止まりとなり、ここにも「加蘇山神社」が。こちらは奥の院なのかな?
石段の勾配は急で長い。鳥居の向こう側には、すごく立派な杉の木がそびえ立っていた。
s121209-017.jpg s121209-019.jpg

来た道を引き返し、今度は古峰ヶ原街道~見笹霊園方面を目指す。
ツーリング組とはまだすれ違わない。
見笹霊園入口にて待ち伏せ。待つこと5分ほどで、坂を登ってくる3人のローディが見えた。
ツーリング組=アルマーさん、kymさん、エヴァさんだ。
s121209-020.jpg s121209-023.jpg s121209-022.jpg

折角のお誘いに対し、いい加減な返事をしたことをお詫びした。しばし歓談した後、3人は上久我方面へ。私は宇都宮へ戻ってきた。

今日のコース。風が強く寒かったが、車が少なく適度な起伏に富んだ良いコースだった。


本日の距離:90km(月間累計:320km)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。