山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

乗り初め ~栃木・佐野方面~

宇都宮の今朝の最低気温は-6℃。昨日ほどではないものの、厳しい冷え込みだった。
今年に入り、ローラー上でそこそこ乗ってはいるものの、実は外をいまだ走っていない。今日も寒さに怯み、出掛けるかどうか逡巡していたら、妻より「家でウダウダしていないで走ってきなさい!」と一喝。これに背中を押され、10時ごろ出発した。

めざすは栃木市方面。定番の小来川方面は路面が凍結しているおそれがあり、この時期は南をめざすのが正解。
まずは太平山、工業高校前よりアプローチ。太平山神社の初詣客の車が多かった。謙信平数百m手前より、車が数珠繋ぎ。その脇をスイスイと通り抜ける。
お次は西山田林道。ここは車は少なかったが、結構な数のハイカーが歩いていた。

大中寺手前で林道を降り、ぶどう団地経由で佐野市方面に向かう。次の目的地は唐沢山。
登り始めて間もなく、ウォーキング中のとても美しい女性とすれ違った。もしかして山の神?今年は何か良いことがありそうな予感。
ヘアピンカーブが連続する辺りで視界が開ける。写真では見えにくいが、新宿のビル群やスカイツリーが展望できる。頂上付近では日光連山の姿も。白根あたりは雪で真っ白だ。
s121222-DSCN3010.jpg s121222-DSCN3014.jpg

頂上でウィンドブレーカーを羽織り、一気にダウンヒル、葛生をめざす。
一番館で小休止。ここで白いパナソニックのクロモリに乗ったローディに声を掛けられた。見ると、U井さんだった。すでに琴平をこなし、唐沢山に向かわれる途中とのこと。今年もよろしくお願いします。

U井さんとお別れし、琴平峠をめざす。
監視小屋を通り過ぎ、高度を上げていくと・・・。
へばな御大の登場!
s121222-DSCN3015.jpg

新年の挨拶を交わし、近況を報告する。琴平峠を3往復する(つまり峠を6回通過する)のが今日のノルマとのこと。さすがです。
トレーニングの邪魔をしないよう、早々に切り上げ、峠をめざす。このごろ山練をサボっているせいか、いつもよりきつく感じた。
s121222-DSCN3017.jpg

寒ーい下りを経て、栃木市内に向かう。今日は風が弱いのが救いだ。
皆川の工業団地経由で合戦場、この後は午前中来た道を戻るだけ。

調子良く巡航していたのだが、壬生の国谷手前辺りで後輪から異常な振動が・・・。今年初のパンクだ。後輪を外し、チューブ交換の準備を始めて茫然。ツール缶の中にタイヤレバーが入っていないのだ。あっちゃ~。年末に川治に行った際、MTBのサドルバックに移し替えたのをそのままにしていたんだっけ。
タイヤのトレッド面を見ると、ガラスの小片が刺さっていた。原因はこれか。とりあえず空気だけ入れ、自転車店がある場所まで騙し騙し行こうと乗り出した。が、1kmほど走ったところで、再びタイヤがペッタンコに。

シーズンイン前のこんな時期に「カミさんマイレージ」を行使して迎えに来てもらうのも勿体ない話だ。以前「達人はタイヤレバーなしでタイヤを外してしまう」という記事を読んだことを思い出し、トライすることに。タイヤビードとリムの間に指が入ればできるはずだ。が、指が入るほどの隙間ができない。
途方に暮れていたところ、ふと閃いた。クイックレバーをタイヤレバーの代わりに使えるのではないか?試してみると、呆気なくタイヤを外すことができた。

パンク修理もうまく行き、好天・ほぼ無風の中を気分良く自宅に戻ってきた。やっぱり実走は心地好い。ハムスタートレーニング(ローラー練)は運動にはなるが、ストレス解消にはならないからね。

今日の距離:110km(月間累計:210km)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。