山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週末の行状

1月26日(土)
金曜日の夜、仕事関係の飲み会でお米風味のアルコールを大量摂取。
朝起きてみれば、典型的なアセトアルデヒド中毒の症状。家に帰ってきたところまでは覚えているのだが、その後が繋がらない。息子には「もう酒飲むんじゃねえ」と叱られる始末。
このため、土曜日は終日謹慎することとした。
したがって、走行距離0km。

1月27日(日)
謹慎明けの日曜日、寒いが天気は良さそうなので9時半頃スタート。向かうは最近の定番、栃木・佐野方面。今日は少し足を伸ばして彦間方面に向かうことにしよう。昨年9月の山岳ブルベ300kmで通った老越路(おいのこしじ)を抜け、出来れば梅田辺りまで行ってみたい。
ルートイメージは、太平山→西山田林道→唐沢山→彦間→老越路→彦間→葛生→琴平峠→帰還といった感じ。

太平山はほとんど雪が残っておらず、安全だった。西山田林道は日影に少し凍結箇所があり要注意。
唐沢山は南面は雪の影響なし。今日もスカイツリーや新宿のビル群を展望できた。一方、北面の下りは危険箇所が一杯。特にコーナーに凍結箇所多数。

唐沢山北側を恐る恐る下り、田沼の市街地に入る。県道66号を彦間方面に向かうが向かい風がきつい。しかも遠藤食品を過ぎた辺りから日が翳り、すごく寒い。
飛駒のJAの所を左折し老越路に向かう。路面には雪はないものの融雪剤の痕跡が多数。何か嫌な予感。足利カントリーの入口付近でストップ。ここから先は路面がハードウェットだ。しかも、よく見ると泥だらけ。融雪剤で融けた水が流れ下ってきているらしい。ブルベでもないのに悪コンディションにチャレンジする必要もないので、Uターン。
rps20130127_191921.jpg

古越路経由で葛生に向かう。壱番館で小休止後、琴平峠へ。間もなくピークというところで下ってきたへばな師匠と遭遇!今日はお会いできるような気がしていましたよ。既に3本目に入っているとか。しばし情報交換させていただき、お別れ。
rps20130127_191945.jpg

汗をかかない程度のユッタリモードで帰還した。
本日の距離:148km。

あっ、そうそう、唐沢山へのアプローチで珍しいものを見たのでご紹介。「ダチョウ」が飼育されているのだ。周囲の状況から察するに、普通の民家で飼っているのかも。琴平でお会いしたへばな師匠によれば、ここでダチョウが飼われているのは有名らしい。何度か前を通っているのに、全然気がつかなかった。
顔つきがいかめしい奴に凄まれて少々ビビりました。
rps20130127_191700.jpg rps20130127_191749.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。