山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新春そばツーリング

5:30起床。犬の散歩、朝刊を読みながらの朝食、その他諸々を片付け、7:15頃出発。目指すは「栃木駅」。
今日は、「ふつうのパパさん」提供、「へばなさん」コース監修の「新春そばツーリング」なのだ。
今朝の宇都宮の最低気温は7:21に記録した-4.7℃。一番寒い時刻にスタートしてしまったようだ。走り始めて5分、早くも「自走」を後悔した。寒いというより「痛い」。

汗をかかないよう気をつけながら、ゆったりモードで栃木市入り。8:30ごろ栃木駅に到着すると、主宰者のパパさんが自転車を組立中だった。
今日の参加者は、パパさん、へばなさん、のぶまた・さおぷー御夫妻、神楽坂マダムさん(ユキさん)、テクセラさん、野州さん、私の8名。ただ、野州さんはコース途中で合流ということ。9:00定刻に7名で栃木駅をスタート。
rps20130209_180821.jpg

まずは、栃木ヶ丘ゴルフ場の側道、大柿交差点、真名子カントリー、宇都宮西中核工業団地の坂を経由して大越路トンネル下の「まちの駅」を目指す。さすがパパさん、地元民も知らないような抜け道(というより農道)を良くご存知。粟野の街中をエスケープするルートは今日初めて知りました。
まちの駅で談笑するメンバー。この後、上り坂で苦しめられることを知ってか知らずか・・・。
rps20130209_180759.jpg

大越路トンネルを難なくパスし、寺坂峠へ。ここの最大斜度は14%とか。実はこの峠を走るのは初めてで、ペース配分が分からず苦労した。先行するパパさんを追いかけながら、ふとユキさんのフロントギアを見ると、何とアウター!。後で聞けば、各地のヒルクライムレースで上位入賞を果たしている方らしい。う~、強し。
峠では野州さんが待機されていた。メンバーが続々と峠に到着。テクセラさんは何と折り返して2度目の登坂。
rps20130209_180724.jpg rps20130209_180659.jpg rps20130209_180635.jpg

峠を慎重に下り、今日の主目的地、「出流山荘」へ。
美味しいお蕎麦にありつくためには、お店へのアプローチの急坂を登らねばならないのだ。ここでもアウター縛りで上がって来る方数名。もしかしてフロントギアの使い方を知らないのでは・・・?
rps20130209_180458.jpg rps20130209_180611.jpg

畳の部屋に通されホッと一息。舞茸天麩羅、寒晒しソバ(一升)などをオーダーする。結構なボリュームであったが、今日のメンバーにかかるとアッという間に平らげられる。美味なり。
rps20130209_180544.jpg rps20130209_180520.jpg

昼食後、パパさんの案内で満願寺まで足を延ばす。山門の前で集団撮影の準備風景。
rps20130209_180436.jpg

ここから鍋山の採石場街道を一気に下り、県道202号(羽鶴峠方面)に右折。斜度的には今日のメインイベント、18%の急勾配を登る。ここでもアウター縛りで通す非常識な方々が数名。テクセラさんはこの激坂も2回登り返した(驚)。
DSC07034.jpg rps20130209_180412.jpg rps20130209_180347.jpg rps20130209_180324.jpg

ピークからは鍋山キャニオンを展望できる。絶景である。
rps20130209_180253.jpg

葛生の壱番館で小休止後、琴平峠に挑戦。本日のコースで最大高低差がある坂道だ。
序盤の緩斜面でこっそり抜け駆けをはかる。後ろには誰もついてこない。シメシメとほくそ笑んでいたら、カーブ番号33あたりでのぶまたさん、テクセラさんに呆気なく撃墜された(涙)。
めげずに登っていくと、すごい勢いで登ってくるローディにパスされた。驚いて見ると、何と「Lemonboo」さんだった。彦間方面に行った帰りで、すでに80kmを走ってきたとのこと。さすがです。
峠で待ち合わせた後、佐野に戻られるテクセラさんとお別れ。今日もお世話になりました。
rps20130209_180108.jpg rps20130209_180045.jpg rps20130209_175844.jpg rps20130209_180019.jpg

本日の締めは太平山。数々の峠をこなしてきたせいか、いつもよりきつく感じる。
rps20130209_175747.jpg

謙信平の茶店前で最後の休憩。自転車談義に花が咲く。パパさんよりお団子盛り合わせを頂く。ごちそうさまでした。
rps20130209_175712.jpg rps20130209_175610.jpg

ここで栃木駅に戻られるパパさん御一行とお別れ。野州さん、へばなさんと一緒に工業高校方面に降りてきた。
錦着山の麓でお二人ともお別れし、合戦場、壬生経由で宇都宮に帰還した。日没前に帰れて何よりだった。

ご一緒していただいた方々、どうもありがとうございました。また遊んでいただけると幸いです。

本日の距離:135km

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。