山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM511宇都宮300kmのスタッフ試走

昨日(4月27日)、BRM511宇都宮300kmのコースを試走してきた。
コースはこのとおり。宇都宮、牛久、日立を頂点とした三角形のイメージだ(春の大三角形?)。
map201305.jpg

予報によれば、快晴、風強く、寒暖差大きいとのことなので、装備は、半袖ジャージにアームウォーマー、レッグウォーマー、ウィンドブレーカー。

6:00定刻に森林公園駐車場を出発した。出発前に証拠写真を撮り、スタッフ用MLで報告。
130427_0600~0001

鹿沼市の郊外を通り、旧西方町、旧都賀町を経由して小山市美田方面へ。栃木市の国府町交差点からPC1までは水田や麦畑が広がるまっすぐな道。遮るものは何もない。低気圧通過の余波なのか、南西の風が強い。向かい風に閉口しながらも、風に穂をなびかせる麦畑の美しさに見とれながら進む。
PC1のサンクス小山網戸(あじと)店には7:50到着。
rps20130427_225513.jpg

PCとして利用させていただくお店には、試走の際にその旨とおおよその通過人数、通過時間帯等をお知らせするのだが、BRM511では宇都宮発組と牛久発組が同ルートを走るため、通常のBRMより時間帯が広かったり、時間帯が分断されるPCもある。最近、歳のせいか記憶と計算に自信が持てないので、このようなカンペを見ながら伝達する。
rps20130428_053402.jpg

10分ほど休憩しPC1を出発。八千代町に入るまでは追い風基調だ。楽チン楽チン。
途中で通過する交差点。交差点名に注目。「大戦防(だいせんぼう)」という名称から、要塞のようなものを想像していたが、地名の由来は意外なものであった。元々は「台仙坊」「大仙坊」という表記であったらしいが、提灯屋が間違って「大戦防」と書いたのが定着してしまったらしい。
rps20130427_225614.jpg

81.5kmポイントの愛国橋を過ぎると、牛久発ブルベでお馴染みのルートの逆コースだ。芝畑の中を進む。横風が強烈で時々煽られる。
93.2kmポイントの左折箇所。ランドマークがないので距離計が頼りだ。この手前にある「下河原崎」交差点を左折するとミスコースになる。
rps20130427_225855.jpg

PC2の大野屋さんには10:27到着。
130427_1027~0001

お隣りのローソンで軽く補給し、PC3に向けてスタート。この区間では道祖神(どうろくしん)峠の急坂が待っている。
南西の風が強いので追い風基調になるかと期待していたが、横風、時々向かい風。何だか風向きが頻繁に変わっているようだ。
D201を北上し、昨年開通した朝日トンネルを目指す。
コースは、118.6kmポイントでD201から右折し、桜中学校~栄小学校方面に迂回するのだが、ここで手痛いミス。ランドマークの「クラタ」はリフォームの会社なのだが、何故か私は「商店」だと思い込んでいて素通り。らしい箇所がないなあと訝りながら、5kmほど直進。さすがにこれはミスコースだろうと気づき、件のポイントまで引き返してきたが、強風に晒されていたので疲労度倍増。
正しい右折ポイントはこんな風景。ランドマークの「クラタ」の写真も一緒に。信号は黄色点滅で、右手前に墓地が、左側には「桜中学校」の看板がある。
rps20130427_225943.jpg rps20130427_230424.jpg

124.1kmポイントの右折箇所。右折というより道なりのイメージだ。分岐点に小さな道標石碑がある。
rps20130427_230108.jpg

そして、「朝日トンネル」。昨年11月に開通したばかりの真新しいトンネルだ。全長は1784mとけっこうな長さだ。前半は登り基調。路肩が狭いので大型車がスレスレに通り過ぎたりする。当たり前だが尾灯の点灯は必須だ。
rps20130427_230149.jpg

トンネルを過ぎると適度に起伏に富んだ快適な道が待っている。ただし、昨日は横風が強烈で大変だった。体ごと持って行かれそうになり、何度かヒヤリとした。
フルーツライン上には茨城県フラワーパークがあるのだが、駐車場への出入りが多いので通過の際は要注意。

145km地点辺りからいよいよ道祖神峠越えだ。10%超の勾配が3kmほど続く。反対側の笠間からの登りより急かもしれない。
峠を無事通過。
rps20130427_230240.jpg

一気に峠から下って、PC3のセブンイレブン笠間才木店に13:24到着。
rps20130427_230333.jpg

この先PC4までは区間距離43.7kmと今回のコースで最短区間。昨年の400km試走の際はこのルートの逆コースだった。
笠間街道(D61)を進み、中山峠を通過。峠といってもだらだら坂の様相で「えっ、ここが峠だったの?」という感じ。
rps20130427_230634.jpg

この区間には危険な箇所がある。176.7kmポイントでN123に左折し、急カーブの坂を下る。路面が荒れていてこの坂自体も危険なのだが、問題は177.3kmポイントの右折箇所。信号がなく、大型車等の通行も多いので道路横断の際は慎重に。
日立に向かう道も風の影響を受けた。追い風区間は踏まなくとも簡単に40km/h近く出てしまう一方、向かい風になると20km/hくらいまで落ちる。
この分だとPC4から先はずっと向かい風になるかも。
PC4「デイリーストア日立みなと町店」には15:22に到着。
rps20130427_230518.jpg

207km地点付近では数百メートルにわたり道路工事が行われていた。通行可能ではあるが、舗装が剥がされダート状態だ。
rps20130427_230810.jpg

佐竹高校入口の丁字路を左折した後、500mで現れる右折ポイント。上り坂の途中にあるのだがランドマークがない。ここも距離計が頼りだ。
rps20130427_230706.jpg

この後、常陸太田、常陸大宮と進んで行くのだが、予想していたとおり、否、それ以上の向かい風。平地でも17km/h程度しか出ない場所もあった。幾度か心が折れそうになったのだが、自転車でしか帰れない場所なので、ひたすらペダルを踏む。
明るいうちにPC5に着けるのだろうか?
上小瀬交差点に向かっている途中、手製のマップホルダーが突然お亡くなりになった。プラスチック製のボトルケージを流用・補強して作ったものだが、路面の小さなギャップを越えた際の衝撃で根元から破断した。まあ1年以上も良く持ったものだ。
rps20130427_231020.jpg

この後は、コマ図をポケットにしまい、記憶を頼りにコースを進む。何度も走っているルートなので迷いはしない。
やすらぎの里入口の交差点を左折し、長閑な山里風景の中を走る。県境の峠を通過。
rps20130428_025613.jpg

18:29、PC5「ローソン烏山町旭一丁目店」に到着。
薄暗くなったものの明るさが残っているうちに到着できた。
rps20130428_025659.jpg

いよいよ最終区間。烏山の神長トンネルを出たところで完全に残照が消えた。
コースを熟知しているのでGENTOS1灯体制でも走れるが、外灯があまりない区間なので初めて走る方は2灯以上点灯がお勧め。
日が暮れてさすがに風は弱まったが、断続的に北よりの風が吹く。気温が下がってきたのでウィンドブレーカーを着込む。
下江川中学校の角から八溝グリーンライン(YGL)に進入。馬頭からだとYGLは6つ半のコブを越えなければならないが、今回のルートでは2つ半越えれば終わりだ。
鬼怒川に懸かる阿久津大橋を渡ると残りはわずか。
白沢街道(D125)から右折し市道に入ったところで、行動食としてPC5で調達しておいた菓子パンを食していたところ、手元が狂い落下(涙)。3秒ルールを適用しようかと思ったが、拾うまで10秒ぐらい経過した気がしたので諦めた。
サンヒルズゴルフ場のプチ峠を越え、最後は鶴CCの急坂。
鶴の坂に進入する前に、ふと見ると見事な月。水を張ったばかりの田んぼに鏡像が写り込んでいる。手ブレで変な形に撮れてしまった。
rps20130428_025756.jpg

20:45自然休養村管理センターにゴール。
スタッフ用MLと妻宛てにゴールの旨を報告。
300kmの試走だったが、向かい風で腰と太ももはパンパン。400kmくらい走った気分だ。
130427_2045~0001

「雨男」を自認する私には珍しく快晴だったが、強風に終日翻弄された。なかなか好コンディションには恵まれないものだ。

今回の試走で特に印象に残った風景。
鬼怒川に懸かる橋と鯉のぼり。
rps20130427_225735.jpg

見事な芝桜二景。
rps20130427_225814.jpg rps20130427_230925.jpg

本日の距離:336km(自宅⇔森林公園往復22kmとミスコース10kmを含む)

スポンサーサイト

PageTop

植樹イベント参加

昨年も確かこの時期だったが、今年も矢板の「県民の森」で行われた植樹イベントに参加してきた。
スタッフは8:30に現地集合なので、余裕を見て6:00過ぎには自宅を発たねばならない。はい、もちろん今年も自転車です。

田原街道を北上中、田川に懸かる橋の上で後輪からいや~な振動。パンクだ。橋の上でチューブ交換。タイヤのトレッド面に小さな金属片が刺さっていた。25Cに変えて間もないのだが、貫通パンクに関しては何を履いていても一緒だね。
こういうこともあるので、早めに出てきて正解だった。

塩谷町と矢板市の境にあるプチ峠を登坂中、前方から赤いウィンドブレーカーを着たローディとすれ違った。「お早うございます!」と爽やかな挨拶。あとで分かったのだが、宇都宮ブリッツェンの柿沼さんだった。

県民の森には8:10ごろ到着。かなりの人数のスタッフが既に集まっており、自転車でやって来たことに驚かれる。「何時に出てきたの?」「坂は大変じゃなかった?」「なぜ自転車で?」いちいち答えるのは面倒なので、意味不明な薄笑いでごまかす。

私の担当は植樹参加者の誘導やサポート。担当する区画が割り当てられているのだが、ものすごい急斜面。昨年はこんな箇所はなかったんだけどなあ・・・。
担当区画から参加者集合場所を見下ろす。男体山の二荒山神社口並みの勾配だ。
rps20130420_180254.jpg

植樹する場所への誘導や用具の運搬等でけっこう忙しい。写真を撮っている暇はなかった。ほぼ終了し参加者が下山する頃、やっと一息。
rps20130420_180228.jpg

実は、今日の植樹イベントには宇都宮ブリッツェンのスタッフの方々にも参加いただいていた。柿沼さんもお見えで、ご挨拶。「朝、矢板の峠ですれ違いましたね」と返され、赤いウィンドブレーカーのローディは柿沼さんだったのだと、ようやく認識した次第。
昼食後はブリッツェンによる子供向けの自転車スクール。この時点で、スタッフ業務は終了し、後は自由行動。
rps20130420_180140.jpg rps20130420_180059.jpg

子供達のスラロームや板渡りなどを見物し、呑気に拍手などしていたら、別のスタッフから「今日は雨が降るかもしれないよ。帰らなくていいの?」との声。「えっ、雨は明日だと思ってた。早く言ってよ~」と八つ当たりしながら、14時ごろ出発。

帰路は、往路をそのままトレースするのではなく、豊月平牧場、鬼怒川温泉、今市経由で宇都宮に帰還するルート。

東荒川ダムを越えた辺りで、頭上よりヒラヒラと白いものが落ちてきた。ヤマザクラの花びらかなと思ったら、なんと「雪」!
積もりはしなかったものの、一時は視界を遮るほどだった。
雪が降る中、豊月平牧場の前で通過証明。カメラの性能が良くないのか、腕が悪いのか、雪が写っていない・・・。
rps20130420_180026.jpg

急勾配の下り坂を慎重に下り、鬼怒川温泉を過ぎると本格的に雨が降ってきた。路面はハードウェット状態だ。気温の低さと相まって、3年前の宇都宮300kmブルベを彷彿とさせる苛酷な状況に。まさかあの時のように落車・骨折では洒落にならないので、押さえ気味のペースで走り、16:30ごろ自宅に無事帰還した。

ふと気がついたのだが、今年、100km超ライドの際は、雨か風に直面することが多い。やっぱり「雨男」なのかなあ・・・。

本日の距離:104km

PageTop

BRM414宇都宮200kmスタッフ業務

昨日の「牛久発」ブルベに続いて、今日はBRM414宇都宮200km「八溝山ルート」「矢祭ルート」が開催された。
試走時の記事に書いたとおり、八溝山にいたる県道は工事で不通のため、八溝山ルートは矢祭ルートと同じコースを使用した。

コースは、宇都宮森林公園=那須塩原=棚倉=馬頭=宇都宮森林公園。
私の今日の持ち場は、スタート地点とPC3(セブンイレブン那珂川町馬頭店)。
移動距離が50km弱で、PC開設時刻まで時間的に余裕があるので、移動手段は自転車を選択した。

スケジュールは次の通り
5:30 スタッフ集合(森林公園大駐車場)
6:10 八溝山ルート受付開始(エントリー26名、出走22名)
6:30 ブリーフィング開始
6:55~7:00 第1ウェーブ~第2ウェーブスタート(5分間隔)
7:10 矢祭ルート受付開始(エントリー103名、出走91名)
7:30 ブリーフィング開始
7:50~8:15 第1ウェーブ~第6ウェーブスタート
8:45 スタートクローズ
9:00 サイクリングターミナルに移動、運営上の諸事打ち合わせ
9:15 PC3に向けて出発
11:42 PC3開設
18:55 PC3クローズ
20:45 ゴール地点へ移動し、支援。

朝の受付。おなじみの光景ではあるが、今日は参加者が多いので多忙だった。ランドヌール誌の記者さんが取材に見えていた。
rps20130415_042046.jpg rps20130415_042122.jpg rps20130415_042320.jpg

八溝山ルートに参加された「ふつうのパパ」さんのニューバイク。チタンフレームで大人の雰囲気を醸し出している。パパさんもご機嫌の様子だ。
rps20130415_042356.jpg

矢祭ルート組のスタートを見送り、諸事相談を済ませた後、馬頭のPC3に向けて出発。今日の最終区間(PC3~ゴール)を逆に進む。
天気良好、強い南西の風(つまり、ずっと追い風)で実に気持ちが良い。途中、コンビニで軽く補給タイムを入れたものの、追い風効果でちょうど2時間で馬頭のPC3に到着。

今日のブルベは、風への対処がポイントとなりそう(ポイントといっても、追い風の活用と、向かい風の我慢しかないのだが)。復路(棚倉~馬頭~ゴール)はずっと強い向かい風になるはずで、消耗を強いられそうだ。

PC3には到着したものの、開設までには間があること、今日PC3業務を共にするS藤さん、B東さんが到着していないこと、そして何より素晴らしい天気であることから、ちょっとだけコース上を偵察して来ることにした。

馬頭は栃木県にあるが、元々は水戸藩下にあったということで、県内他所とはちょっと違った雰囲気を漂わせている。
町内には「馬頭広重美術館」があったり、郊外にでると長閑な里山風景のなかに美しい花々が咲き誇っていたりと、見所も多い。
rps20130415_042632.jpg
rps20130415_042744.jpg rps20130415_042820.jpgrps20130415_042857.jpg

県境の「明神境峠」にワンタッチし、折り返し。
rps20130415_043038.jpg

鯉のぼりは口をPC3方面に向け、水平飛行中だ。下り坂で普段なら40km/h巡航が可能な箇所でも30km/hも出ない。こりゃー、参加者は相当大変だ。
rps20130415_042948.jpg

意味もなく撮った国道461号の道標。地名が某有名モデルと同音だったので、つい。
rps20130415_042705.jpg

PC3に戻ると、S藤さん、B東さんが到着されていた。
S藤さんの車を利用させていただき、PC開設。
rps20130415_042511.jpg

PCの車の傍らで、自転車の話、ブルベの話、スタッフの話をしたり、S藤さんが密かに練られているプランの一部をお聞かせいただき、予想される苛酷度に戦慄したりして、ひたすら参加者の到着を待つ。

13:20、八溝山組トップが通過。速い。この風の中、8時間を切りそうな勢いだ。到着して4分後には、ゴールにむけて出発された。
その後も5分おきくらいに参加者が到着。4人目?の到着者のブルベカードを見て驚愕。8時スタートの矢祭組じゃないですか!

暗くなりはじめた頃、PC2担当のH部さん、SさんがPC3に立ち寄られた。Sさんはご結婚を来週に控えられているにもかかわらず、長時間にわたりスタッフ業務を遂行された。フィアンセの写真を見せていただき、その美しさに一同羨望したりと盛り上がる。遠方に帰られるB東さんは、ここで切り上げていただき、H部さんの車で最寄りの駅までお帰りになられた。お疲れさまでした。

その後、S藤さんと二人で、ポツリポツリと到着される参加者の対応をしていたのだが、クローズ間際になっても、残り3名の通過が確認できずにいた。
矢祭ルート第6ウェーブのクローズ18:55になったので、通過未確認者3名がいる旨、本部に連絡して、PC3を撤収した。S藤さん、2日にわたり本当にお疲れさまでした。

あと一仕事、ゴールまで一走りし、書類の受け渡しや事務的な申し送りをしなければならない。
時刻は19時、あたりは真っ暗だ。ひさしぶりのナイトランだ。
日中、あれほど強く吹いていた風はピタリと止み、凪いでいる。儲けものだ。八溝グリーンラインのアップダウンを坦々とこなし、平地区間を飛ばす。
途中、氏家の勝山交差点手前で1名、射撃場入口付近で6名のグループに追いついた。参加者以外の人間が親切心のつもりで引いてやったりすると反則になるので、声をかけるのみでパスさせていただく。
ゴールには20:45ごろ到着。馬頭から2時間かからなかった。まあ、サラ脚だから当然か?

サイクリングターミナルに入ると、ゴール担当のI塚代表、へばなさんが疲労困憊のご様子で業務に当たられていた。先に立ち寄られていたH部さんとともに業務のお手伝い。ゴールリストや各PCの通過者リスト、ブルベカードを突き合わせながら、情報の整理。DNF情報やリストへの記載漏れを補正しながら、行方不明者が出ていないか確認する。PC3で通過が確認できなかった3名は無事ゴールしていることが確認でき、ホッとした。PCで買い物してレシートを受領しただけでスルーしてしまったらしい。
2名の方の所在が確認できないので代表から、ご本人達に電話連絡したところ、ゴール済みなのだが誤ってブルベカードを持ち帰っていることが判明。参加者が多いと、こういうことも起こりうるのだね、と一同反省。

お互いの労をねぎらい、ゴールをクローズした。22時にサイクリングターミナルを辞去し、自転車に乗って帰宅。長い一日が終わった。

<備忘録>
◎初参加の方が多いBRMでは、ブルベカードの取扱ルール(記入方法、有人PCでは必ずスタッフのチェックを受ける、ゴール後ブルベカードは提出し持ち帰らない)を徹底する必要あり。
◎スタートチェックをして気になった点だが、ナイトランヘの備えが弱い方も散見された。これも事前の注意喚起が必要かも。
◎信号のある交差点での二段階右折など、ルール・マナーが徹底されていないとの指摘がある。これも継続的に注意喚起していく必要あり。ブルベが健全なスポーツとして社会的な認知を受けるためにも。

本日の距離:135km

PageTop

BRM413宇都宮200kmスタッフ業務

今日はBRM413宇都宮200km「牛久発」の本番。スタッフは6時半に現地集合だ。4時に起床、5時少し前に自宅を出る。

北関東道、常磐道を使い、ひたち野うしく駅前の駐車場には6時10分ごろに到着した。タイミング良く、駐車場でスタッフの一人S木さんと合流した。

スタート場所は「ひたち野みずべ公園」。なぜ「みずべ(水辺)」なのか、ずっと疑問に思っていたのだが、今朝それが氷解した。なるほど「沼」があるわけね。

rps20130413_152132.jpg

7:00より受付開始。今日のエントリーは90名。14名がDNSとなったが、76名の出走というのは宇都宮ブルベでは多い方だ。
rps20130413_152511.jpg

おっ、トッパさん。お久しぶりです。昨年の忘年会以来ですかね?「モデル立ち」が素敵ですね。
rps20130413_152540.jpg

そのほか、ロンリーHさんやabeさん、ちゃりけんさん、石巻のS木さんなど、お知り合いとご挨拶。
abeさんはスタート前からチューブのバルブヘッドが折れるトラブル。折れているのにエアが漏れないのが不思議だ。そのまま騙し騙し行くことを決断された。ご無事をお祈りします。

いつもはスタート30分前(今日の場合は7時30分)から始めるブリーフィングを、今日は5分早めて、7時25分より開始。というのは、近隣の方からブルベ参加者のマナーについて苦情があったため、正式のスタート地点を500mほど西側に変更、参加者に「押し」で移動していただく時間を確保したのだ。

I塚代表による身振り手振りを交えたブリーフィング。名パフォーマーだ。
rps20130413_152608.jpg

K'sデンキの反対側をスタートポイントとし、5分おきに第1~5ウェーブのスタートとした。信号待ちが長く、スタート早々に車列が形成される。
rps20130413_152044.jpg

今日は天気が素晴らしく良い。試走の時は残念な天気だったので、ものすごく羨ましい。S藤前代表によれば、宇都宮ブルベではスタッフ試走と本番の天候は正反対になることが多いのだそうだ。なるほど、確かに・・・。

参加者を送り出したあと、私はPC1の「ローソン結城小塙店」に車で移動。

第1ウェーブが7:50スタートだから、47.3km離れたPC1には先頭到着が9:40くらいと読んだ。余裕はないけれど、ギリギリ間に合うだろう。
が、二重の意味で甘かった。
誤算その1は、結城に向かう県道15号の車の流れ。なんだか詰まっているなと思ったら、前方には制限速度50km区間を悠々と40km/h弱で巡航する軽自動車が。自転車の方が速いかも。
誤算その2は参加者の予想以上の速さ。先頭の方は、PC1を9:30より前に通過したらしい。停車も含めた「平均」速度で29km/hくらいだ。全然間に合わなかった・・・。

9:45ごろ、目的地のローソンに到着すると、ロンリーHさんなど4、5名が補給中だった。あわててPCを開設する。
PC1にはウェーブの間隔通り、ほぼ5分おきで集団が到着する。スタッフは私一人だったので、結構な忙しさだった。忙しさのあまり無愛想な対応になってしまったかも。参加者の皆さん、ごめんなさい。

10:30までに、ほとんどの参加者が通過した。
クローズまであと30分、そろそろ撤収の準備をと思っていたら、参加者が1名到着。なんと、ベテランのM岡さんだ。ミスコースでもされたのかと思って尋ねると、タイヤがバーストしたとのこと。みるとフロントタイヤのサイドが3cmほど裂け、チューブが飛び出ている。お札等で穴をふさぐなど応急措置を施し、出発された。

PC1での業務が終了したので、PC2のある宇都宮森林公園をめざす。ブルベの走行ルートを忠実に辿ったのだが、参加者に全然追いつけない。壬生のわんぱく公園を過ぎたあたりで、やっと3名からなるパックに追いついた。
沿道の鯉のぼりを見ると、口をこっちに向けている。追い風に乗って、全体的にハイペースで進んでいるようだ。昨年BRM415の再現となるかも。

PC2の「自然休養村管理センター」に到着すると、入口には写真のような手製の立て看板が。用意していただいたのは、同センター職員の女性の方。気が利くよなあ~。この方には、先々週、携帯電話紛失の際にも大変お世話になったばかりだ。I塚さん、K田さんがファンになるのも頷ける。
rps20130413_152207.jpg

2階に上がると、へばなさん、K田さんが通過チェックをされていた。仕事ぶりを写そうとすると、すかさずカウンター撮影。
rps20130413_152245.jpg

14時前には走行継続中の全参加者の通過を確認し、PC2もクローズとなった。
明日は、BRM414が引き続き開催される。スタッフは、森林公園に朝5:30集合なので、今日は早めに休ませていただこう。

PageTop

低気圧通過

「爆弾低気圧」という言葉がメディアで多用されているが、どうも浅薄な響きがして好きではない。
が、昨年同時期と同じ規模の「爆弾」がやってくるというので、自転車はお休みとし、来襲に備えた。
幸いにも当地ではそれほどの被害を残さずに去ってくれたようだ。

日曜日の今日は、晴れ間まで見えた。車のタイヤをスタッドレスからノーマルに替えたり、自転車ほどは洗ってやっていない車をキレイにしてワックスがけしたりしているうちにお昼。
が、1時ごろから雲行きが怪しくなり、雷雨。
わが家では、私が洗車をすると必ず雨が降るというジンクスが信じられているのだが、今日も例外を作れなかったようだ。
rps20130407_171126.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。