山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久しぶりに小来川

梅雨時らしからぬ晴れ間が広がった今日、久しぶりに小来川方面に出かけてきた。
厳寒期に無理をして何回か出撃していたものの、春以降はご無沙汰だった。
自宅を出たのは10時を回っていたので、結構な暑さだったが、木陰に入ると涼しく、とても爽やか。

気分よく小来川周回コースに入る。今日は反時計回りだ。
ところが、長畑を過ぎたあたりで、行く手には何やら黒い雲が・・・。
予報では急な雨に注意とか言っていたので、一抹の不安。
頭の中のプランでは、黒川神社の交差点から滝ケ原峠方面に向かい、いったん清滝に出た後、山久保経由で小来川周回コースに復帰する8の字コースを描いていたのだが、この雲を見てあきらめた。
昨年あたりから、どうも「雨男」の気があるので、ここはリスクを回避するということで。
DSCN3474[1]

淡々と1周だけ走り、帰路につく。
天気がまずまずだったせいか、多くのローディとすれ違った。
文挾からの帰り道でカチューシャジャージの方と一緒になり、ローテーションしながら35km/h超のペースで田野交差点まで戻ってきた。
おかげで13時前には自宅に戻って来れた。

本日の距離:67km

スポンサーサイト

PageTop

サッカー観戦

高校生の息子の所属はサッカー部。現在、インターハイの県予選が開催されており、この土日はベスト8、ベスト4を賭けた試合が行われた。
高校生になってからは息子の試合を見に行く機会はめっきり減ったが、この週末は気まぐれで観戦してきた。

土曜日は鹿沼市の流通団地内にあるサッカー場。
現地までは自宅から12~3km。交通手段は当然ながら自転車。
第1試合、10時ちょうどのキックオフだ。
比較的ボールが良く回り、有利にゲームが進んだ。結果、5-0で快勝。ベスト8に進出した。

日曜日、会場は佐野市の佐野●大のグラウンド。自宅からは50km程度。夜間に降り続いていた雨が上がったので、今日も自転車でGO。路面が濡れているので、フェンダーを装着してあるAnchor号の出番と相成った。
湿度は極めて高いが、それほど暑くはないので、走り出せば快適なはずだ。
9時ごろ自宅を発ち、上石川、壬生のわんぱく公園側、合戦場、皆川を経由して琴平峠へ。なぜ、わざわざ琴平峠経由でって?それは、せっかく佐野まで出かけるのに、琴平か唐沢山に寄らなければ、峠の神様に叱られるからだ。
DSCN3472.jpg

峠の手前(栃木側)が工事中であったが、通行可能。
DSCN3471.jpg

路面が濡れているので、慎重に下る。NO.35あたりのカーブで3匹の猫が休んでいた。これが、チャノンデール、クロモリ、バッドボーイかなと思いながら、ふと前方に視線を移すと大きな動物が。なんと「鹿」だった。カメラを取り出そうとしている間に、崖下に消えてしまった。

11:20ごろ試合会場に到着。入口が見つからず、少し右往左往した。
今日の会場は芝生ではないが、なかなか立派なピッチだ。
相手は県大会を何回か制している強豪。
12:00、キックオフ。
DSCN3473.jpg

前半は双方とも決め手に欠ける展開で、一進一退。給水タイムの後、25分ごろ、味方チームが相手DFの隙を突き先制。1-0のまま前半を終了した。
後半は、実力に勝る相手チームの攻撃が激しくなった。たびたびゴールを脅かされ、1点献上。その後も波状攻撃が続いたが何とかしのいで1-1のまま延長戦突入。
延長戦後半3分、相手方のFWに切り込まれ失点。1-2で敗退した。
結果的には負けたが、強豪相手に最後までよく戦った。
それにしても高校サッカーは、中学までとは比較にならない。スピード、パワーとも次元が異なる。競り合いなどはものすごく迫力があった。

さて、これから宇都宮まで帰らねばならない。芸がないことは承知の上で、琴平峠経由で朝来た道を引き返した。
16:30には自宅に到着。
さっきまでユニフォーム姿で戦っていた息子は、スィーツの数々を爆食中だった。

久しぶりのAnchor号使用感。
実走では昨年の600km試走以来1年ぶりではないか。素直な乗り味が新鮮に感じた。今年の600km試走でも使ってみようかな。
一方、セラアナトミカに慣れすぎてサドル(フィジークのアリアンテ)がすごく固く感じた。

週末の距離:135km

PageTop

BRM608宇都宮400kmスタッフ業務in日立

6月8日~9日、BRM608宇都宮400kmのスタッフ業務に従事してきた。
7:46に東武宇都宮線西川田駅にてへばなさんと待ち合わせ、上三川ICより北関東道に乗り、日立市を目指す。
9:30には今回の持ち場「デイリーヤマザキ日立みなと町店」に到着。
このお店、駐車場が広く、店の前には休憩スペースやテーブルまで用意されている。そのテーブルを利用させていただくことも検討した。
rps20130610_201212.jpg

が、牛久発組の通過時間帯がコンビニの書き入れ時にかかるため、コンビニの真ん前は遠慮し、駐車場の隅にひっそりとPC開設。
rps20130610_201048.jpg rps20130610_201124.jpg

◎牛久発のPC2(10:58~14:44)
牛久発はエントリーした84人中、58名が出走したとの連絡を受けている。
11:49、最初の通過者。
12時頃、牛久でスタート業務をこなされたS野さんが宇都宮ブルベ名物「PC通過シール」を携えて駆け付けてくれた。
次々と到着する牛久発組の面々。トッパさんのお顔が写っていませんでした、失礼しました。
rps20130610_200951.jpg rps20130610_200919.jpg rps20130610_200849.jpg

牛久から100km、平坦基調ということもあり、みなさん元気よく、良いペースで走られていた。

◎休憩
14:54にPCをクローズし、PCの隣にある「すぎのや」で遅めの昼食。
へばなさん、S野さんと自転車談義に花を咲かせた。
昼食後、車の中で時間調整していると、ポツポツと雨が落ちてきた。やがて本降り。「雨男」のせいにするへばなさん。
rps20130610_200757.jpg

1時間ほどで雨が上がり、東の方角にはきれいな虹が出ていた。
rps20130610_200726.jpg

宇都宮よりスタートの連絡が入る。宇都宮発は44人のエントリー者中、35名が出走したようだ。

◎宇都宮初のPC2(17:05~21:00)
17時をまわり、PC開設の用意。
暗くなっても参加者に認識されやすく、夜の寒さがしのぎ易そうな場所を探す。店長のお許しをいただき、コンビニ南面の軒下にテントを張った。
rps20130610_200640.jpg

17:59最初の通過者。速い!宇都宮から4時間かかっていない。この方は、素早く買い物を済ませ、我々のチェックを受けると、休まず出発した。滞在時間は5分程度だった。
18:30くらいから、宇都宮発組が三々五々到着する。
おっ、なでら男さんお久しぶりです。昨年9月の300km以来ですかね。
rps20130610_200604.jpg

サンダルな方も元気に通過。
rps20130610_200534.jpg

19:55までに宇都宮発組はDNF1名を除き、全員の通過が確認された。

◎牛久発のPC6(17:14~4:28)
夜が更けて気温が下がってきた。覚悟はしていたものの、やはり身体に堪える。
21時を少し回った頃、牛久発組最初の通過者。

21:30ごろ、群馬の太田よりスタッフのK田さんが合流した。仕事を終えられてから休まずに駆け付けていただいた。たちまちにして賑やかになる。
パールイズミの腹巻の効用を説いたり、次から次へと防寒グッズを取り出して提供したり。さまざまなグッズを解説し奨めるさまは「ジャパネットK田」だ。

23時頃からポツリポツリと到着する参加者。その一方でDNFの連絡も徐々に増えてきた。寒さや眠気で体調を崩される方が多かったようだ。
日付が変わる頃、霧が出てきた。
PCで待機するスタッフも、越冬隊のような様相を呈してきた。
rps20130610_200358.jpg rps20130610_200450.jpg

女性の参加者が途中で体調を崩して救急搬送されるという連絡もあり、緊張が走ったが、大事には至らなかったようだ。
クローズの刻限が迫ったが、まだ3名の通過が確認できない(うち1名は有人チェックを受けずに通過していたことが後で判明)。ウェーブのタイムも考慮し、牛久発組のPC6は4:38にクローズした。

6:30ごろ、具合の悪くなった参加者を介抱したり、救急車を手配したりと奔走された方が到着。救護のために要した時間は考慮される旨もお話したが、疲労著しくDNFを宣言された。お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

◎宇都宮発のPC6(23:06~10:12)
最初の通過者は3:17。300kmを13時間のペースだ。すごく速い。
2番目は3:50ごろ。
長く寒い夜がようやく明け、空が明るくなってきた。そして日の出。たちまち暖かくなってきた。太陽に感謝。
rps20130610_200321.jpg

3番目の通過者はJKさん。300kmの時もそうだったが、奥様のみーちゃんと一緒でないと速いねえ。
rps20130610_200237.jpg

米沢組(なでら男さんとpokkyさん)はほぼ同着。がっつり補給されていた。
rps20130610_200205.jpg

この方は、仙台から自走で駆け付け、400kmを走り、また自走で帰られるという猛者。合計1,000kmだそうな(驚)。
rps20130610_200134.jpg

10時頃までには全員の通過を確認し、PCをクローズした。
25時間近くにおよぶ日立滞在がようやく終わった。
この後、S野さんの案内で那珂市の「ゑびす屋」という食堂に移動。案内されて判ったのだが、今回の400kmのコース上にあるお店だった。揚げ物が美味しいらしく、私はミックスフライ定食1,000円也をオーダー。そのボリュームにびっくり。大変おいしゅうございました。
rps20130610_200058.jpg rps20130610_200026.jpg

水戸北IC付近でS野さんとお別れし、へばなさん、K田さん、私は宇都宮のゴール地点へ向かう。14時半頃、自然休養村管理センターに到着。I塚代表とH部さんがゴール受付業務をこなされていた。
書類の引継をしたり、申し送りをしたりしているうちに宇都宮発組全員がゴール。17時前にゴールをクローズした。

参加者の皆さん、宇都宮ブルベへのご参加ありがとうございました。完走者の皆さんはおめでとうございます。
そして、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。次回の600kmもよろしくお願いいたします。

PageTop

400kmブルベ開催日

今日はBRM608宇都宮400kmの開催日だ。
牛久発は8:00スタート、宇都宮発は14:00スタートだ。
今日から明日にかけ、牛久=鉾田=日立=那須烏山=宇都宮=馬頭=日立=笠間=牛久のルートと、宇都宮=馬頭=日立=笠間=牛久=鉾田=日立=那須烏山=宇都宮のルート上を100名ほどのランドヌーズ&ランドヌールが疾走する。
8日5時現在、DNS連絡を頂いているのは牛久発が18名、宇都宮発が11名だ。天気はまずまずの予報なので、DNSは比較的少ないものと予想される。

今回はへばなさんとともに、日立のPCを担当する。日立PCは牛久発組、宇都宮発組双方とも、往路と復路の2回ずつ通過することになるため、待機時間がすごく長い。S野さんと夜からはK田さんが合流し、4名体制で運営することとなるので、うまくローテーションが組めれば良いなと思う。

参加者の皆さん、400kmを心行くまでお楽しみください。それでは日立でお会いしましょう。

PS.今朝、AJ宇都宮が主催するSR600に初の出走者がスタートした。直江津までの往復600km、累計獲得標高12,000m超という厳しいコースである。無事の完走をお祈りします。

PageTop

裏磐梯ドライブ

先週は400kmブルベ試走で家を空け、来週は400km本番のスタッフ業務で再び家を空ける予定。妻のご機嫌を取っておく必要があるので、今日は家族サービスデー。

裏磐梯は桧原湖畔にあるラーメン店「Sio-ya」までドライブしてきた。
山塩ラーメン650円也×2をオーダー。あっさりとした仕上がりの一品を気に入ってくれたようで何より。
rps20130602_174047.jpg

ラーメン店の前から桧原湖、磐梯山を望む。
rps20130602_174130.jpg

帰り道、磐梯山を表から望む。見る方向によって、これほど表情を変える山も珍しいのではないか。
rps20130602_174200.jpg

天気の良い一日、自転車に乗れなかったのはちょっと心残りだが、マイレージが貯まった感じはするので良しとしよう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。