FC2ブログ

山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

サッカー観戦

高校生の息子の所属はサッカー部。現在、インターハイの県予選が開催されており、この土日はベスト8、ベスト4を賭けた試合が行われた。
高校生になってからは息子の試合を見に行く機会はめっきり減ったが、この週末は気まぐれで観戦してきた。

土曜日は鹿沼市の流通団地内にあるサッカー場。
現地までは自宅から12~3km。交通手段は当然ながら自転車。
第1試合、10時ちょうどのキックオフだ。
比較的ボールが良く回り、有利にゲームが進んだ。結果、5-0で快勝。ベスト8に進出した。

日曜日、会場は佐野市の佐野●大のグラウンド。自宅からは50km程度。夜間に降り続いていた雨が上がったので、今日も自転車でGO。路面が濡れているので、フェンダーを装着してあるAnchor号の出番と相成った。
湿度は極めて高いが、それほど暑くはないので、走り出せば快適なはずだ。
9時ごろ自宅を発ち、上石川、壬生のわんぱく公園側、合戦場、皆川を経由して琴平峠へ。なぜ、わざわざ琴平峠経由でって?それは、せっかく佐野まで出かけるのに、琴平か唐沢山に寄らなければ、峠の神様に叱られるからだ。
DSCN3472.jpg

峠の手前(栃木側)が工事中であったが、通行可能。
DSCN3471.jpg

路面が濡れているので、慎重に下る。NO.35あたりのカーブで3匹の猫が休んでいた。これが、チャノンデール、クロモリ、バッドボーイかなと思いながら、ふと前方に視線を移すと大きな動物が。なんと「鹿」だった。カメラを取り出そうとしている間に、崖下に消えてしまった。

11:20ごろ試合会場に到着。入口が見つからず、少し右往左往した。
今日の会場は芝生ではないが、なかなか立派なピッチだ。
相手は県大会を何回か制している強豪。
12:00、キックオフ。
DSCN3473.jpg

前半は双方とも決め手に欠ける展開で、一進一退。給水タイムの後、25分ごろ、味方チームが相手DFの隙を突き先制。1-0のまま前半を終了した。
後半は、実力に勝る相手チームの攻撃が激しくなった。たびたびゴールを脅かされ、1点献上。その後も波状攻撃が続いたが何とかしのいで1-1のまま延長戦突入。
延長戦後半3分、相手方のFWに切り込まれ失点。1-2で敗退した。
結果的には負けたが、強豪相手に最後までよく戦った。
それにしても高校サッカーは、中学までとは比較にならない。スピード、パワーとも次元が異なる。競り合いなどはものすごく迫力があった。

さて、これから宇都宮まで帰らねばならない。芸がないことは承知の上で、琴平峠経由で朝来た道を引き返した。
16:30には自宅に到着。
さっきまでユニフォーム姿で戦っていた息子は、スィーツの数々を爆食中だった。

久しぶりのAnchor号使用感。
実走では昨年の600km試走以来1年ぶりではないか。素直な乗り味が新鮮に感じた。今年の600km試走でも使ってみようかな。
一方、セラアナトミカに慣れすぎてサドル(フィジークのアリアンテ)がすごく固く感じた。

週末の距離:135km

スポンサーサイト



PageTop