山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

粕尾峠~古峰ヶ原高原の紅葉

週末ごとに雨が降ったり、所用が重なったりで自転車にほとんど乗れていない。
幸いなことに、今日は用事もなし、天気も快晴!ちょっと寒いけれど。
紅葉見物がてら山練に出かけてきた。
日光方面は寒そうだし、何より車が多そう。なので、穴場の古峰ヶ原方面に向かうことにした。

今日は粕尾峠からアプローチ。
見笹霊園から上日向交差点を経由し、粟野に向かっている途中で、ナマズの朝練に遭遇した。10人くらいだったかな。

粟野から粕尾峠に向かう途中でも、ナマズジャージの方1名とスライド。

山の神の手前で先を行く2名のローディーを発見。挨拶してパスすると、「ナマズさ~ん!」と声を掛けられた。実は、私もナマズジャージで走っていたのだ。
山の神の自販機前で小休止し、言葉を交わす。
声を掛けていただいたのはApricoの方で、草津のヒルクライムなどでナマズ組と一緒になったということだ。
「この坂は2回目だけどきついねえ」との感想。ふと、バイクを見るとフロントはなんとアウターだ!
「ここはアウター禁止区間ですよ」とクギを刺しておいた。

自販機横の木はまずまずの色づきだった。
DSC_0001.jpg

挨拶をして先に進む。
日なたは暖かいが、木陰に入ると寒いくらい。汗が冷えないか心配した。
九十九折りが始まり、カーブ番号20を過ぎると、少しづつ木々が色づいてきた。
山の上の方は見頃のようだ。
DSC_0004.jpg

普段はあまり気づかない滝。昨日の雨で水量が多いようだ。あちらこちらで道が「洗い越し」状態になっていた。
DSC_0007.jpg

峠の手前はこんな感じ。まだ見頃には早いようだ。
DSC_0008.jpg DSC_0011.jpg

峠に至り、横根高原方面に転じる。
登り始めは悪路のうえ、濡れ落ち葉が堆積していて難儀した。
このところ実走が少なかったせいか、かなりキツイ。メーターが一桁になることもしばしば。
そんな中、1匹の犬に追走された。体格の良いビーグル犬で首輪をしていなかった。毛並みは良かったが、このあたりは人家が全くないところなので、迷い犬かもしれない。

ピークに近づくと紅い色が鮮やかになってきた。ただ、台風が多かったせいか、落葉している木が多い。
DSC_0013.jpg DSC_0015.jpg

ピークに至り、ウィンドブレーカーを羽織る。
ダウンヒルの途中のビューポイントで撮影のため小休止。男体山を背景に撮る。
DSC_0018.jpg DSC_0019.jpg

古峰ヶ原高原の手前に少し登り返すところがあるのだが、この辺りの紅葉は鮮やかだった。写真では再現できていないけれど。
DSC_0021.jpg DSC_0023.jpg

古峰ヶ原高原に至る。ちょうど見頃のようだ。
ハイカーの車で小さな駐車スペースは一杯。路上にもかなりの車が停まっていた。
DSC_0025.jpg DSC_0027.jpg

古峯神社に向けて下っていると、何人かのローディーがヒルクライムに取り組んでいた。神社側からはきついんだよね。

一の鳥居に至り、橋の上から大芦川上流方面を眺める。昨日の雨のせいか、水量がすごく多い。が、濁流とならないところが大芦川たる所以。
DSC_0030.jpg

そういえば、白井平橋の紅葉は始まったかな?ほんの数km寄り道すれば、「知る人ぞ知る」という紅葉の名所に行き着くのだ。大芦川渓谷沿いの緩やかな登り道を進む。
目的地に至る・・・。が、ほとんど色づいていない。見頃まであと1週間から10日くらいかな。
DSC_0032.jpg

白井平橋から戻る途中、民家の庭先で「小さい秋」発見。ナナカマドの実のようだけれど、違うような気もする。
DSC_0036.jpg

本日の距離:120km

スポンサーサイト

PageTop

檜枝岐御池付近の紅葉

昨日は自転車で檜枝岐を目指すも、時間の関係で断念。
しかし、御池付近の紅葉を一目見たいという想いは募る一方。妻を伴い、車でリベンジしてきた。
自宅を8時過ぎに発ち、今日は川治ダム経由で南会津方面に。


正午前には御池駐車場に到達するも、満車。そのまま魚沼方面へ直進。標高1,600m辺りでは、このような状況だ。
紅葉はしているものの、少し鮮やかさに欠けるかな。曇天のせいかも。
外気温はおそらく10℃以下。時々見掛けるハイカーは、ダウンジャケットを着ていたりする。
DSCN3710.jpg DSCN3713.jpg DSCN3714.jpg

天気予報では全国的に晴れといっていたが、小雨が落ちてきた。全国でここだけ雨が降っているのだろうか?

さらに直進し、金泉橋を渡り、新潟県にワンタッチ。
17時までには自宅に戻らねばならないので、国(酷)道352号を引き返す。
3年前のBRMで、よくもまあこんな道を使ったわいと半ば感心しながら。
DSCN3716.jpg

ブナ平でも撮影。実際はもう少し黄色が鮮やかだったが、感じが出ない。
DSCN3718.jpg DSCN3720.jpg

帰路は、檜枝岐村内の「山びこ山荘」で「裁ちそばセット」をいただく。裁ちそばとは十割そばのことで、田舎そば風を想像していたが、白くて細手で腰がある上品なそば。そば入りの餅「ハットウ」もついてきた。どちらも大変おいしゅうございました。
我々と入れ違いに4人のローディーが来店。魚沼側から御池を越えてきたようだ。
DSCN3721.jpg

帰りは、木賊温泉、湯ノ花温泉へショートカットしてきた。国道よりも、このルートの方が自転車向きかもしれない。峠を2つ越えるけど。

16時半ごろ、新里街道でブルベっぽいいで立ちの方2名を追い抜いたが、AJ千葉の400kmが行われていたようだ。いろは坂辺りは随分と混んでいたのではないかな。

PageTop

久しぶりに

ブログの更新を1か月以上怠ってしまった。
山岳ブルベが終了してから、諸々の用事に追い回され、自転車に乗れる時間がほとんど確保できなかったのだ。
こうした状況は年内いっぱい続きそう。
幸い、今日はフリーなので、北方面に乗り出した。
向かうは「檜枝岐」。ブナ平付近は紅葉の盛りだろう。

・・・のつもりだったが、スタートが遅かったせいで、栃木・福島県境の山王トンネルに至ったのが正午ごろ。16時前には尾瀬入口の御池に辿り着けるだろうが、復路のナイトランは確実。国道121号線沿いはクマの目撃情報も多いので、大人の判断。南会津の「ヤマザキショップ」で折り返し。

来た道を登り返し、山王トンネル入り口に至る。このあたりでは木々の葉っぱはまだ緑だ。
DSCN3688.jpg

ところどころ、アントシアニン効果が。周りには赤変している木はない。
陽当たりとか関係しているのだろうか?
DSCN3690.jpg

国道沿いの「不動滝」。いつもより水量が多いような気がする。気のせいかな?
写真を撮っていたら、傍らをローディーがすごい勢いで登って行った。
DSCN3692.jpg

上三依の男鹿川。この川の水は澄んでいて、本当に美しい。
カエデの木が多いが、紅葉しているのは、ほんのわずか。
DSCN3696.jpg

来た道を真っ直ぐ戻るのでは芸がないので、塩原から「もみじライン」に転じるべく、国道400号を尾頭トンネル方面に直進する。
昨年の秋に尾頭峠を逆方向から越えた際には、もっと険しい印象を持っていたが、あっさりとピークを通過。

もみじラインは、登り始めて1時間ほどで峠の茶屋に至る。標高は1,200m。このあたりでも紅葉している木はまばらだ。見ごろは2週間後くらいかな?
DSCN3702.jpg

白滝の前で記念の1枚。
DSCN3704.jpg

茶屋の前にある名物のカエデ。紅葉しているようにみえるが、赤いのは種子。風に乗って竹とんぼのように羽根を回しながら飛ぶのだ。
DSCN3705.jpg

下りではウィンドブレーカとレッグウォーマーで防寒対策したが、それでも寒かった。
料金所では手がかじかんで通行料50円がなかなか取り出せなかった。

もみじラインを下った後は、朝来た道を戻り、明るいうちに自宅に辿り着いた。
今日のルート。


本日の距離:171km。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。