山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM126宇都宮200km牛久発_本番

今日は、AJ宇都宮の今年初ブルベとなるBRM126宇都宮200kmの開催日。スタートは7時と8時。
前日の新年会の疲れを若干引きずりつつ、5時に起床。
5時半に投宿先の大野屋旅館の玄関先に降り、受付の設営。暗い中、幾人かのランドヌールが既に集まり始めている。
予報では朝のうち雨が懸念されたが、幸いにも晴れている。

6時に受け付け開始。ブルベカードの記入など、いつもの風景。
DSC_0307.jpg DSC_0309.jpg

会場の駐車場に並ぶ、高級自転車群。
今日は、7時、8時あわせて100名弱が出走することになった。
DSC_0312.jpg

7時スタート組は6時半から、8時スタート組は7時半からブリーフィング。
運営担当のS藤さんの留意事項等説明の後、私よりコース上の要注意箇所の説明。
DSC_0313.jpg

へばな代表と私は、8時にはスタート地点を離れ、コースをたどりながら宇都宮に移動。
森林公園内にPC2を開設するためだ。
道すがら、ランドヌールに声を掛けながら進む。
晴れていて風が強くないのは幸いだが、比較的気温が高く、重装備の参加者は暑そうだ。

10時40分ごろPC2を設置する自然休養村管理センターに到着。
DSC_0315.jpg

そしてPC2の全容(笑)。
本日のPC2担当は、へばなん、K田さん、I藤さん、私の4名。
DSC_0316.jpg

1時間前には群馬県太田市より自走のK田さんが到着していた。I藤さんはPC1よりPC2まで参加者の様子を見ながら自転車で移動中。

これはブルベカードの通過証明欄に貼るシール。
PC1(野木町)はレンガ工場跡にあるホフマン炉のデザイン、PC2(宇都宮)は大谷の平和観音。
DSC_0317.jpg

PC2に移動する途中の様子から、先頭は12時近くに到着と読んでいたが、実際には11:30に7時台の先頭が飛び込んできた。この方、第4ウェーブ(7:15)スタートなので、折り返しまで4時間15分しか掛かっていない。

13時ごろには到着のピークを迎え、ロビー内はこんな状態。
疲労を訴える参加者もいたが、復路は追い風だからと励まし(騙し?)、送り出す。
DSC_0320.jpg

好コンディションということもあり、14時半までに全ての参加者が通過した。
本部に全員通過確認の連絡をし、PC2撤収。

K田さんは太田までこのMTBで、I藤さんは背景にある白いバイクで自宅まで、へばなさんは運動不足解消のため北鹿沼駅まで徒歩で移動されるというので、ここでお別れ。
今日は朝早くからお疲れさまでした。
DSC_0322.jpg

なお、実走スタッフのHEIZOさんの報告によれば、PC3のファミリーマート下館五所宮店では、参加者のためにテントや椅子まで用意していただいたそうだ。親切なご対応ありがとうございました。

参加者の皆さん、宇都宮ブルベはいかがでしたか?
今後もAJ宇都宮提供のブルベをお楽しみください!

スポンサーサイト

PageTop

AJ宇都宮新年会@牛久

BRM126宇都宮200kmを翌日に控え、AJ宇都宮のスタッフと賛助会員の有志が新年会を開催した。
場所は、ひたち野うしく駅前の「かに正宗」。
16名の参加者を得、18時にスタート。


I塚さんの音頭で乾杯!
DSC_0297.jpg

ランドヌールの胃袋にかかると、お料理はあっという間に平らげられ、飲み物追加の嵐。
参加者一人一人より今年の抱負を聞いたり、各人が密かに胸に秘めている構想をチラリと披露したり。
有意義で楽しい時間はあっという間に過ぎた。
DSC_0300.jpg DSC_0306.jpg

投宿先の大野屋旅館の部屋でも、数人により第2ラウンド開始。
翌日のBRMのことをすっかり忘れて、夜は更けていくのであった。

PageTop

BRM126宇都宮200km牛久発_試走編

昨日(1/18)、BRM126牛久発のコースを試走してきた。
牛久発は、スタート地点までのアプローチが問題。今回は、宇都宮線、水戸線、常磐線を乗り継いでの「輪行」となった。
4:42発の宇都宮駅始発に乗り、小山まで移動。土曜日の始発であるが、通勤客が結構乗っている。お疲れさまです。


牛久駅には7:18に到着。なぜ、スタート地点に近い「ひたち野うしく駅」ではないのかというと、コインロッカーがないから。牛久駅のコインロッカーにディバックや輪行グッズなどを預け、軽く朝食を摂った後、隣駅まで自走にて移動。
定刻の5分前にスタート地点に到着した。

定刻にスタート連絡メールを送信。
ところで、大野屋さんだが、今月末をもって営業を終えられるということ。食堂には既に休業の貼り紙があった。残念だ。
DSC_0286.jpg

牛久発のコースは平坦であるが、ランドマークに乏しい複雑な裏道ルートをつなぐのが特色。
今回もその傾向を保っているが、用意されているコマ図通りに進めば、迷うことはまずないだろう。
PC1までの要注意箇所は、坂東市の西仁連川沿いを走る土手道。舗装状態が悪く穴だらけだ。朝のうちに通過するので晴れていれば問題ないが、雨が降っていたりしたら注意が必要だ。
このほか、何か所か工事中のところもあったが、いずれもガードマンの誘導にしたがって問題なく通過できた。

PC1のセブンイレブン野木運動公園通り店には10:13着。
店員さんに、来週、BRMのPCとして使わせていただく旨を伝えたのだが、どうも話がかみ合わない。よくよく聞いてみると、明日(19日)に開催される野木町の駅伝大会と混同されていたようだ。
DSC_0288.jpg

PC1~PC2は勝手知ったる道。過去にBRMで使ったルートともかなり重複している。
要注意箇所は特にないが、鹿沼の市街地に入るあたりで昼食時に重なった場合は、飲食店に出入りする車に注意することくらいかな。PC2の宇都宮森林公園自然休養林管理センターには12:37到着。
DSC_0289.jpg

森林公園内では、PC2の隣のサイクリングターミナル内の食堂で補給可能だが、時間に余裕のない場合は、田野交差点にあるセブンイレブンまたはファミリーマートを利用するのが良いかもしれない。
私は、補給なしで先に進んだが、壬生に向かっている途上でどうにも腹が減り、上田交差点のファミリーマートでおにぎりを補給した。
PC3に至る道も、市道を随所に盛り込んだ複雑なコースではあるが、コマ図と距離計を頼りに進めば間違うことはないと思う。

PC3のファミリーマート下館五所宮店には14:48に到着。写真は撮り忘れた。
店長にBRMのことを告知すると、ブルベを知っているらしく、「埼玉ですか?今回は何kmですか?」と聞かれた。ブルベのことをご存じなら話は早い。

最終区間(PC3~GOAL)は日没との競争になった。電車があるので17時までにはゴールしたいなと希望していたが、久しぶりの200km超えで、次第にタレてきた。風もないのに25km/hくらいまで落ちる。
日没には間に合わなかったが、残照のなか、17:11にゴールした。写真では明るく見えるが、実際には薄暗い。
DSC_0291.jpg

コマ図の距離表示204kmに対し、サイコン計測ベースで203.3km。PCごとに距離リセットすれば、全く問題ないレベルだ。それより気になるのが、ガーミンの高度計表示、「-7m」と潜望鏡深度だ(笑)。
DSC_0292.jpg

国道6号を伝って牛久駅まで約4km自走し、18:08発のフレッシュひたちには間に合った。
乗り換えの友部駅ホームでは、地元のサイクリストに声を掛けられ、水戸線の車中、自転車談義を楽しむこともできた。
実走部分もさることながら、輪行による移動も新鮮な一日であった。

【おまけ】
往路


復路


本日の距離:220km(輪行に伴う自走分含む)

PageTop

BRMのキューシート作成

ブルベの主催者が、BRM毎に参加者に必ず配布しなければならないのが、キューシート。
コースの行程を示したテーブルだ。
私は、3月2日にAJ宇都宮が主催する200kmブルベのコース担当になっているので、キューシートを用意しなければならない。また、最近のBRMではコマ図の提供も当たり前になりつつあるので、その用意も。

コース担当は初めての経験なので、いろいろ試行錯誤しながら取組んでいる。
先週の日曜と昨日、コース調査をしてきたので、スタッフの一人H部さん提供のテンプレートにデータ入力した。


このテンプレートは、コマ図作成も支援してくれる優れもの。さすがに図形データの生成まではしてくれないが、交差点名や道標表示、距離数などはキューシートとリンクしており、手作業を大幅に省くことができる。
おかげで、半日で何とか形が出来上がった。
CUEMAP.jpg

肝心なのはこれから。昨日の調査で、当初想定していたルートでは規定の距離に600m不足することが判明、コースの修正が必要となったのだ。なので、芳賀から茂木へのアプローチと、復路の下野市内のコース取りを一部修正。トータル201.8kmと問題ないレベルにはなった。が、キューシートを作成するためには、道標やランドマークの情報が必要。

下野市内は、ストリートビューで道標やランドマークの確認もできるのだが、芳賀~茂木はエリア外。実地調査は不可避だ。今日は風が強いので、自転車で調べに行くのは億劫だなあ。
なので、妻を「茂木まで源太饅頭買いに行こう」という名目で車で連れ出し、ついでに道標表示やランドマーク、距離数の記録等々をお願いした。
おかげさまで、夕方にはキューシートとコマ図の第1稿が出来上がった(カミさんに感謝!)。

【閑話休題】ブルベの話はここまで。最近、とても気になることが。ミドリガメ(ミシシッピキミミガメ)の販売・飼育が在来種保護の観点から法律で禁止されるかもしれないとのこと。うちには長女が10年前に買ったミドリガメが生息中。平均寿命は40年くらいらしい。自分の寿命の方が先に尽きそうである。その後は一体・・・?

PageTop

コース調査その2

先週の日曜日、初乗りを兼ねてBRM302のコース調査をしてきたのは既述の通り。
今日は、その続きを調査兼実走してきた。
まずは県道1号線経由で益子から笠間にアプローチ。
途中、茂木の深沢あたりで野焼きに遭遇。風向きのせいで煙にまかれ、一時は視界が全く効かないほどだった。


先週、コースを離脱した才木交差点には10:45くらいに到着した。この調子なら日没前に帰れる。
信号待ちをしていると、国道50号を水戸方面に往くデローザが1台。
なんと、雷都さんだった。大洗方面に向かわれるということ、200kmコースですね。

言葉を交わしてお別れし、先に進む。
まずは県道42号線を南下し、道祖神(どうろくじん)峠へ。距離は短いが、勾配は結構きつい。
寒い日であったが、大汗をかきながら峠に至る。
道祖神を祀った小さな石像がある。
DSC_0282.jpg

峠を一気に駆け下り、PC2に予定しているセイコーマート石岡宇治会店に到着。11:15。
軽く補給した後、上曽峠を越え、真壁、二宮、下野、壬生を経由して宇都宮に戻ってきた。

今日の成果物。
DSC_0284.jpg

調査を終えて判明したこと。
(1)PC3として下野市小金井のミニストップを予定していたが、進行方向右奥、しかも左折ポイントにあるのでPCとしては不適。本吉田交差点のセブンイレブンをPCとした方が良さそうだ。
(2)最後にショッキングなこと。全行程走り終えて、サイクルコンピュータ計測で200kmに600mほど足りないことが判明。どこかでカバーしなければ。

本日の距離:159km

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。