山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM126宇都宮200km牛久発_試走編

昨日(1/18)、BRM126牛久発のコースを試走してきた。
牛久発は、スタート地点までのアプローチが問題。今回は、宇都宮線、水戸線、常磐線を乗り継いでの「輪行」となった。
4:42発の宇都宮駅始発に乗り、小山まで移動。土曜日の始発であるが、通勤客が結構乗っている。お疲れさまです。


牛久駅には7:18に到着。なぜ、スタート地点に近い「ひたち野うしく駅」ではないのかというと、コインロッカーがないから。牛久駅のコインロッカーにディバックや輪行グッズなどを預け、軽く朝食を摂った後、隣駅まで自走にて移動。
定刻の5分前にスタート地点に到着した。

定刻にスタート連絡メールを送信。
ところで、大野屋さんだが、今月末をもって営業を終えられるということ。食堂には既に休業の貼り紙があった。残念だ。
DSC_0286.jpg

牛久発のコースは平坦であるが、ランドマークに乏しい複雑な裏道ルートをつなぐのが特色。
今回もその傾向を保っているが、用意されているコマ図通りに進めば、迷うことはまずないだろう。
PC1までの要注意箇所は、坂東市の西仁連川沿いを走る土手道。舗装状態が悪く穴だらけだ。朝のうちに通過するので晴れていれば問題ないが、雨が降っていたりしたら注意が必要だ。
このほか、何か所か工事中のところもあったが、いずれもガードマンの誘導にしたがって問題なく通過できた。

PC1のセブンイレブン野木運動公園通り店には10:13着。
店員さんに、来週、BRMのPCとして使わせていただく旨を伝えたのだが、どうも話がかみ合わない。よくよく聞いてみると、明日(19日)に開催される野木町の駅伝大会と混同されていたようだ。
DSC_0288.jpg

PC1~PC2は勝手知ったる道。過去にBRMで使ったルートともかなり重複している。
要注意箇所は特にないが、鹿沼の市街地に入るあたりで昼食時に重なった場合は、飲食店に出入りする車に注意することくらいかな。PC2の宇都宮森林公園自然休養林管理センターには12:37到着。
DSC_0289.jpg

森林公園内では、PC2の隣のサイクリングターミナル内の食堂で補給可能だが、時間に余裕のない場合は、田野交差点にあるセブンイレブンまたはファミリーマートを利用するのが良いかもしれない。
私は、補給なしで先に進んだが、壬生に向かっている途上でどうにも腹が減り、上田交差点のファミリーマートでおにぎりを補給した。
PC3に至る道も、市道を随所に盛り込んだ複雑なコースではあるが、コマ図と距離計を頼りに進めば間違うことはないと思う。

PC3のファミリーマート下館五所宮店には14:48に到着。写真は撮り忘れた。
店長にBRMのことを告知すると、ブルベを知っているらしく、「埼玉ですか?今回は何kmですか?」と聞かれた。ブルベのことをご存じなら話は早い。

最終区間(PC3~GOAL)は日没との競争になった。電車があるので17時までにはゴールしたいなと希望していたが、久しぶりの200km超えで、次第にタレてきた。風もないのに25km/hくらいまで落ちる。
日没には間に合わなかったが、残照のなか、17:11にゴールした。写真では明るく見えるが、実際には薄暗い。
DSC_0291.jpg

コマ図の距離表示204kmに対し、サイコン計測ベースで203.3km。PCごとに距離リセットすれば、全く問題ないレベルだ。それより気になるのが、ガーミンの高度計表示、「-7m」と潜望鏡深度だ(笑)。
DSC_0292.jpg

国道6号を伝って牛久駅まで約4km自走し、18:08発のフレッシュひたちには間に合った。
乗り換えの友部駅ホームでは、地元のサイクリストに声を掛けられ、水戸線の車中、自転車談義を楽しむこともできた。
実走部分もさることながら、輪行による移動も新鮮な一日であった。

【おまけ】
往路


復路


本日の距離:220km(輪行に伴う自走分含む)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。