山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM510宇都宮400km ゴール

未明に400km銚子を送り出したが、夕方4時には銚子のゴールポイントが森林公園内に開設された。
私は、いわき班なので深夜0時ごろ重役出勤。
手書きの案内ボードが出迎えてくれる。


ゴールを開設した管理センター駐輪場に向かうと、すでに多くの参加者が!
銚子組は既に15名がゴールしているという。
最速は22時すぎに到着した、新潟より参加のKさん。18時間を切る快走だ。副題の「海鮮丼」は食さなかったらしい。
DSC_0623.jpg

このママチャリを駆るOさんも20時間を切った。この方がロードバイクに乗ったら、一体どういう記録が出るのだろうか?
DSC_0625.jpg

いわきルートのハイライト「石川広域農道」で、S藤さんとともにシークレットポイントを担当していただいたO代表。
車の中で仮眠を取られていたが、2時ごろに起きてこられた。鉄人も、さすがにちょっとお疲れのようだ。
DSC_0629.jpg

続々と完走者が到着する銚子班に対し、いわき班はやって来る気配がない。
予想では2時台には先頭が到着するのではと見ていたが、4時近くになってもゼロ。
昨日の強風が影響しているのだろうか?それとも、コース設計者の罠(?)にはまり、コースを見失って途方に暮れているのだろうか?
と、心配していたが、4時を回ったころ、この方がゴール。
やはり、前半の強風が相当体力を奪ったようだ。お約束の「放し飼いの犬」にも遭遇したとのこと。
DSC_0630.jpg

この後、いわき班のゴールが続き、少し安堵する。
6時を回ったころ、「ふつうのパパ」さんが5着でゴール。なんと、途中で1時間以上もラーメンタイムを費やして余裕のタイム。笑顔も素敵だ。
DSC_0632.jpg

6時を回ると銚子ルートは、刻限間近。
チーム亀太郎の面々を核にする集団がゴール。完走手続されているこの女性は初SR達成だそうだ。おめでとうございます。
DSC_0634.jpg

銚子班のゴールポイントがクローズとなり、安堵感が漂うスタッフ陣。
DSC_0635.jpg

いわきルートも、11時の刻限に余裕を残して、DNF宣言された方以外のすべての参加者がゴール。
400kmを走り抜いた精悍なマシンたち。
DSC_0637.jpg

こういうスポルティフも良いなあと感じる今日この頃。
DSC_0638.jpg

こうして、お昼前には無事BRM510_400kmを終了した。
暫定だが、銚子班はエントリー93、出走75、完走69(試走除く)という結果となった。
いわき班は、エントリー35、出走25、完走22(試走除く)であった。
関係者の皆さん、ご協力ありがとうございました。参加された皆さんには敬意を表するとともに、完走された方々を心より祝福いたします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。