山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM614宇都宮300km水上山岳_試走記

BRM614宇都宮300kmについては、もともと実走スタッフを希望していたのだが、公私のスケジュールの都合で、今日、急遽試走してきた。
天気予報では猛暑、山沿いでは雷の可能性があるらしい。
一抹の不安を抱えつつ、定刻の6:00にスタート。スタート地点は、いつもの森林公園。


PC1(ヤマザキデイリーストア草木ドライブイン店)までは、何度も走ったことのある道。キューシート・コマ図がなくとも走れないことはないのだが、それらのチェックが目的の一つ。
ポイントポイントで記載事項の適否を確認しながら進む。

1時間半ほどで古峯神社の一の鳥居に到着。汗でレンズが曇り、意味不明な感じ。
ここから神域に入る。
2014053102.jpg

一の鳥居から1時間弱で古峰ヶ原高原に到着。ツツジが満開だった。
ここに至る県道は結構な勾配なのだが、まだ日が高くないので、それほど暑くない。
2014053103.jpg

前日光牧場付近でピークに達した後、ダウンヒルを楽しみ、粕尾峠に至る。粕尾峠から足尾側の下りは、路面が荒れていてとても危険だった。スピードの出し過ぎは禁物。
2014053104.jpg

9:34、PC1に到着。ドライブインはツーリングのライダーで一杯だった。
PC1では補給食の種類や量が少ないので注意。速くない人は補給食在庫が払底する可能性もあるので、スタート直後にある田野町交差点のコンビニで携行食を調達されることをお勧めする。
私は、PC1で干し梅を調達しようと思っていたが、なかった・・・。これが後々効いてくる。
2014053105.jpg

CUE11水沼交差点を右折し、県道257号に転ずる。出だしの勾配が急なので不安になるが、それほど長い坂ではなく、すぐ平坦になる。
だが、進むほどに道は細くなり、勾配も再び急になっていく。
秘境感をたっぷり味わえるセクションだ。
2014053106.jpg

ピークは「くず葉峠」というらしい。峠に至るまでは民家は一つもなかったのだが、下りに入るといきなり別荘地だ。
グレーチングが数多く設置されているので注意。
2014053107.jpg

県道62号に転じ、赤城山北麓に向けて登り始める。
この辺りから、じりじりと照付ける直射日光に苦しめられることとなる。
大した勾配ではないはずなのに、スピードは一けた台に落ちる。何だか脚が回らない。
我慢しながら、ようやくピークに到達。峠には何もない。
2014053108.jpg

ピークからはしばし快適なダウンヒルを楽しめる。写真はないが、薗原ダムの堰堤などを見上げながら沼田市街方向に進む。
116.8kmポイントで県道62号から利根沼田望郷ラインに右折する。この望郷ラインが曲者。広域農道だと思うが、日差しを遮るものがない畑の中、登り、平坦、登り、平坦を繰り返す。
最大の勾配は8%程度で、それほどではないのだが、5~6km/hしか出ない。何か変な汗も出てきた。どうやら熱中症になりかけているらしい。暑さに身体が馴れておらず、代謝系がついていけないのかもしれない。
が、ミネラルを補給しようにも、沿道にはコンビニはおろか、自販機もない。
結局、123km辺りで心が折れた。DNFを決断した。
国道120号まで戻り、日光方面を目指すこととする。沿道の気温表示は30℃。
2014053109.jpg

途中、自販機でコーラを調達したり、国道沿いの四阿で横になったりしているうちに、体調も回復してきた。
これなら、何とか金精峠は越えられそうだ。

片品のセブンイレブンで休憩していると、ジャイアントに乗ったローディーに話しかけられた。
桐生の自宅から白根温泉に一泊し、明日金精峠・いろは坂・日足トンネル経由で自宅に戻られるらしい。1時間後には温泉につかり、その後は酒を飲まれるとのこと。そういうソロツーリングも良いなあ。
ブルベを試走しているときって、今日もそうだが、「俺は何でこんなことやっているんだろう。」なんて思ってしまうものなあ・・・。

ジャイアント氏とお別れし、金精峠を目指す。
鎌田交差点手前から眺める尾瀬大橋。
本来は夕方、ここを渡って来るはずだった。
2014053110.jpg

勾配がさほどないせいか、あるいは体調が戻ってきたせいか、脚は比較的回る。
鎌田交差点から1時間ほどで丸沼スキー場に至る。へばな代表に教えていただいた水場で、冷たい水を補給。
この水はとてもおいしい!
2014053112.jpg

少し進むと左手眼下に丸沼が見えてくる。今日は快晴なので、エメラルドグリーンの水面が映えている。
2014053111.jpg

丸沼から菅沼に至る箇所には勾配がきつい箇所が数か所あるが、それほど長くはない。
これは菅沼の眺め。標高1,700m近辺だ。
2014053113.jpg

このあたりまで来ると、相当涼しい。金精峠の手前に、ごく短い下り区間があるのだが、半袖ではとても寒かった。
沿道の林の中には、まだ雪が残っている。
2014053114.jpg 2014053115.jpg

菅沼茶屋から登り返し、2km程度で金精峠に至る。
1,843mの標高表示の前で記念撮影。リアバッグに括り付けてあるのは、片品のセブンイレブンで調達したパン。サルに見つかったら、きっと襲われるだろう。
ここでウィンドブレーカーとレッグウォーマーを装着、下りの寒さに備える。
2014053116.jpg

下り始めてすぐにあるビューポイントから撮影した男体山の姿。
雷を心配したが、大丈夫そうだ。
2014053117.jpg

標高を下げるごとに、むっとするような暑さを感じた。今日は自転車日和ではなかったなあ。
19時ごろには、自宅にたどり着いた。DNFとなってしまったことは非常に残念だったが、大事に至らずホッとした。
帰ってからガーミンの記録を見ると、獲得標高4,025mと、これはこれで立派な山岳コースだったようだ。

本日の距離:245km

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。