山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

琴平~唐沢山~太平山

週末ごとの悪天候や仕事により、しばらくまともに自転車に乗れずにいた。
一方、BRM719宇都宮600kmも迫っており、来週には試走するつもり。ぶっつけ本番では心配なので、少なくとも100km程度は走っておきたい。

北の方角を見ると何やらいやらしい雲があるので、今日は琴平峠~唐沢山~太平山方面に出かけることとした。
9時ごろ自宅を発ち、羽生田街道、国道121号、合戦場経由で琴平方面にアプローチする。
途中、「車両通行止め」の工事看板があって逡巡したが、反対側からローディ3人組が降りてきたので、行けるかもしれないと続行。サーキット場前のゲートが半閉じ状態になっていたが、自転車が通り抜けた形跡がある。軽々に使いたくはない言葉だが、「自己責任」ということで進入。
今日のお題は「ケイデンス維持」。水上山岳の試走の時は、疲れもあったのだがケイデンスが安定しなかった。登りでも70以下に落ちないように、軽いギアでクルクル回す。頂上付近で黄色いジャージの方をパス。
下りは、車が通行していないせいか木の枝や葉が散乱しており、気持ち良くダウンヒルという訳にはいかなかった。

唐沢山の麓のセブンイレブンで軽く補給し、次は唐沢山を西側から攻める。犬伏側からより、こちらの方が傾斜がきつい。
3人のローディを抜きながら、頂上へ。残念ながら、10%を超えると、ケイデンス70維持という訳にはいかないようだ。

最後は、太平山を国学院側より攻略。比較的天気が良いせいか、あじさい坂辺りは人で一杯だった。
ここも勾配がきつく、特に少年自然の家あたりでは、道路が壁に見えた。ガーミンの表示では、17%ほどあったようだ。
当然、スピードは一けた台に落ちる。
謙信平の茶店も観光客やハイカーで賑わっていた。茶店の売店でDr.ペッパーを一気飲み。血糖値を上げて復路に備える。

復路も往路と同コース。作新学院の近くでノーヘルのローディにパスされ、大人げなく追走。メーターを見ると40km/h以上出ていた。ノーヘルでそんなにスピード出すと、いつか痛い目遭うよ。

110kmほどだったが、まあまあ良い練習ができた。来週予定の600km試走も何とかなるかな?

本日のコース。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。