山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

間一髪

梅雨が明けてから、連日猛暑が続いているが、これを理由に自転車をお休みすることはできない。
とはいえ、徒に暑さが厳しい平地練を強行するよりは、登りが多少厳しくても標高を稼いだ方が涼しくて身体にも良かろうということで、今朝は粕尾峠方面に出かけてきた。

田野の交差点から国道293を鹿沼方面に左折し、仁神堂交差点から木工団地方面に進む。上殿丁字路、大門宿を経て、旧粟野町に入る。この辺りまでは平地で車も多く、暑さが特に厳しい。

大越路トンネルの麓にある「まちの駅」で、小休止。日陰がないので、自販機の後ろでレッドブルを補給。
奥日光にハイキングに出かけている妻より、「自転車乗りがいっぱい」とのメールが入る。奥日光方面の方が良かったかな?

5分ほど休憩したのち、粕尾方面に向けてリスタート。朝練を終えたと思われるローディーが、三々五々下ってくる。
粕尾川は、釣り人や水遊びを楽しむ家族連れで賑わっていた。水辺は涼しそう。
転じて道路側は、むっとするような暑さだ。木陰に入ると幾分涼しいけれど。

発光路(ほっこうじ)辺りで標高500m、空気が爽やかになってくる。けれど直射日光を浴び続けているせいか、気力・体力が奪われ、結局、山の神ドライブインのところでUターンすることと相成った。弱し!

下りは快適だったが、宇都宮に近づくにつれ、北東の方角にどす黒い雲が。
冷たい風も吹き始めた。雷雨の兆候だ。
自宅を前にして濡れ鼠では敵わないので、必死にペダルを漕ぐ。自宅に飛び込んで10分後、果たして雷鳴とともに激しい雨が降り始めた。ギリギリセーフだった。山の神で折り返したのは、結果として的確な判断だった。
と、ほくそえんでいたら、妻より「奥日光はガスっているけど、全然雷はないよ」との情報が・・・。行き先を誤ったということか?

あまりの暑さで写真を撮る意欲も湧かず、今日は写真は一枚もなし。
距離も102kmと中途半端で終わってしまったし、ちょっと後悔が残る内容だった。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。