山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

台風11号

西日本に台風が上陸し、各地で大雨が降っている。

この週末は、自転車には乗れないとあきらめていたが、昨日(土曜日)の午前中は幸いにも雨が降っていなかったので、小来川周回コースを1周してきた。
文挾から赤行橋までの区間は工事中で通れなかったので、指定された迂回路を通ってきた。
迂回路沿いの水田では、すでに見事な稲穂が出ていた。気づかないうちに季節は進んでいる。


そして日曜日、台風の接近に伴い、宇都宮でも断続的に激しい雨が降っている。
壬生や鹿沼の方では突風により被害が出ているようだ。

外出は控えて、本を読んだり、自転車での旅を妄想したり。
来週の中盤から休暇を取ることになっているので、休暇後半を利用して、自転車でどこかへ出かけたいと思っている。
1日250kmずつ走って、3日間でこんな旅はどうかと。






東北新幹線の車内にあるサービス誌「トランヴェール」にイザベラ・バードの「日本奥地紀行」の特集記事があり、それに触発されたコースだ。バードのコースは新潟から会津若松、米沢に至るのだが、会津西街道経由で北上するところなどが異なっている。
最初は妄想のレベルでコースを引いていたが、実際に走破したくなってきた。(つづく)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。