山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM913宇都宮200km渋峠山岳_試走記

恒例となったAJ宇都宮主催の草津山岳は、今年は9/13~14の2日間にわたり開催される。
今年のコースは、基本的には2年前(2012年)と同じコースを使用している。
2年前には、往復とも試走で完走を果たしているが、今年は、日程の調整がつかず、往路の渋峠のみの試走となった。
今回のコース。難関の「滝ケ原峠」が通行止めとなり、迂回路が設定されたものの、獲得標高は5,500mだ。



午前2時に宇都宮森林公園を出発。写真撮影、メール送信など、試走時のルーティンワーク。
DSC_1000.jpg

真っ暗な古賀志林道を登る。ガサガサと藪の中から音がして不気味。
古賀志林道は、自動車進入防止のため、登り口、「頂上」からの左折ポイント、古賀志山南登山道入口付近の3か所にゲートや障害物が設置されている。真っ暗なので見えにくく、注意を要する。また、城山西小学校への下りも、真っ暗、荒れた舗装、テクニカルなカーブと三拍子そろっているので、飛ばし過ぎは禁物だ。

本来は、赤行橋から左折して板荷、小来川方面に進行するのだが、滝ケ原峠手前で法面が崩落、通行止めとなっていることから、迂回路が設定された。長畑方面に直進する。

山久保の丁字路を右折。この先には小集落やゴルフ場があるのだが、近年たびたびクマが目撃されているエリアだ。どうか出ませんように(祈)。
日光ICへの下りカーブに差し掛かると、道路脇の茂みからガサガサと音がし、突然、大きな動物が目の前に飛び出してきた。幸い、クマではなく、鹿だったが、危ないところだった。

日光市街地に到達。セーブオンで補給兼行動食調達。この先、片品村まで補給ポイントは皆無といってよい。

第二いろは坂の登り。いろは坂は九十九折で急峻なイメージがあるが、実は第二いろは坂はそれ程きつい勾配ではない。栃木県でも一二を争う激坂ともいわれる「滝ケ原峠」を登らなかったので、脚が消耗していない。
黒髪平まで来ると、東の空が明るくなってきた。4:45ごろ。
DSC_1003.jpg

中禅寺湖に到達。夜は明けたが、空はどんよりと曇っている。
DSC_1007.jpg

戦場ヶ原。朝の清涼な空気の中で、白樺の木立が美しく映えている。
DSC_1010.jpg DSC_1011.jpg

湯の湖を横目で見ながら、金精峠の登りにかかる。
DSC_1012.jpg

峠手前で、青空が広がってきた。雲量が多いが、このまま天気が良くなればよいのだが。
DSC_1020.jpg DSC_1015.jpg

金精峠。1843mは、全国の国道で3番目の標高。今日の目的地は国道の最高標高を誇る「渋峠」だ。
DSC_1021.jpg DSC_1023.jpg

早朝で気温が低いので、ウィンドブレーカーとレッグウォーマー、軍手を装着。
群馬県側は、雨は降っていないものの、路面はハードウェット。ところどころ霧もかかっている。一気にダウンヒルと行きたいところだが、危ないので緩々と下っていく。
それでもものすごく寒い。手の感覚がなくなってしまった。

PCではないが、この先補給箇所に乏しいため、片品村のセブンイレブンで朝食と行動食の調達。

リスタートし、まもなく、PC1の花咲の湯に到着。
ここでは補給は期待できない。時刻は7:50、予定より30分ほど遅い。出発直後の暗さや、金精峠の下りでスピードを出せなかったことが影響しているのかも。
DSC_1025.jpg

背峰峠を目指す。PC1から峠まで、それほど距離はない。トンネルがピークだ。
DSC_1027.jpg

背峰峠に向けて登ってる途中で、右膝に違和感を感じ始めていた。金精の下りの寒さが影響しているのだろうか?

トンネルの向こう側は、奥利根ゆけむり街道をベースに沼田市街まで下り基調。
が、PC2の手前に、権現峠というちょっとした関門がある。
これまで気が付かなかったが、権現峠には若山牧水の歌碑があった。
DSC_1029.jpg

PC2のセーブオンに到着。9:56、少し取り戻したが、それでも予定より20分遅い。
DSC_1031.jpg

中之条を経て暮坂峠を目指す。
国道353号から、この橋を渡り、県道55号に転じる。この橋の色は、昨年までは赤かったような気がするのだが・・・。
DSC_1033.jpg

暮坂峠に至る、この登り区間が妙に長く感じた。違和感を感じていた右膝は、明らかに痛みが出てきた。後ろ側ではなく、膝蓋の上部付近だ。トルクを掛け過ぎないように気遣いながら登っていく。

途中にある水場。2年前は気温が高く、ここで頭から水をかぶったが、今日は寒いくらいのなのでスルー。
DSC_1035.jpg

工事で片側交互通行の箇所が多く、信号で何度も足止めを余儀なくされる。
ようやく暮坂峠に到着。時刻は11:45。峠にはカフェや若山牧水の歌碑などがある。
DSC_1037.jpg DSC_1038.jpg

一旦下って、今日のメインディッシュ。
草津までの登りと、渋峠への登りだ。
草津手前の上り坂も、ところどころ急勾配の箇所があるが、膝をかばいながら、騙し騙し行く。
草津のセブンイレブンで小休止。ハンガーノックにならぬよう、行動食を多めに調達。

さて、ゴールに向けてアタック開始。スキー場前の丁字路を右折し、渋峠方面へ向かう。
国道292号は草津白根山の噴火警戒レベルの引き上げによって、たびたび通行止めとされてきた。幸い、今日は17時までは通行可能。8月最後の日曜日とあって、交通量もやや多い。
DSC_1040.jpg

ゆるゆると登って行くが、右膝の痛みが尋常ではなくなってきた。何度か停車し、膝を休ませたが、結局191km付近でDNFを決断した。無理に登って、渋峠からの寒い下りで悪化させるのを危惧したということもある。

今日は元々草津には泊まらず、長野原草津口から輪行で帰る計画だったが、DNFにより時間に余裕ができた。
そこで、草津の町内にある町湯に入っていくことにした。「長寿の湯」、なんとお代はタダ。
DSC_1044.jpg

名湯草津の湯で膝も良くなるかと考えたが、痛みはあまり変わらなった。
が、寒いくらいだったので(この日草津の気温は16℃)、冷えた身体が生き返った。

持参した輪行用の服装に着替え、JR吾妻線の長野原草津口駅まで下る。
国道292号沿いに見た「白砂川」。青みの強い水が印象的だった。
DSC_1046.jpg

長野原草津口に到着。駅構内は観光客で混雑していた。
急いで輪行の準備。16時4分発の普通電車の最後尾に陣取る。「テツ」な方もちらほら。
DSC_1047.jpg DSC_1048.jpg

新前橋駅で両毛線に乗り換え、栃木駅で東武宇都宮線に乗り換える。宇都宮に到着したのは20時過ぎ。およそ4時間の電車の旅だった。車中でアルコール補給と行きたいところだったが、ローカル線だったので遠慮した。

せっかくの草津行きだったのにDNFというのは心残りだったが、温泉にも入れたし、それなりに景色も楽しめたので良しとしよう。
本番では、多くの参加者に完走を果たしていただきたい。

本日距離:225km

スポンサーサイト

PageTop

東北ソロツーリング 3日目

4時半起床。5時を少し回ったころ、ホテルを発つ。
3kmほど走ったところにあるサンクスで朝食。今朝も、やっぱり雨!
DSC_0940.jpg

大館市内まで、昨日に引き続き、国道7号を進む。雨はシトシト降っているし、大型車も多く、ちょっと不快。
気分転換に、36kmポイント「道の駅たかのす」で予定外の小休止。
この辺りは秋田美人のメッカといわれる。美人のポスター前で足跡を残す。
DSC_0942.jpg

大館市郊外で国道103号に転ずる。7号線に別れを告げ、やれやれといった気分だったが、103号線も難物。第一に交通量が多い。考えてみればお盆明けの月曜日、朝8時ごろは通勤時間帯だ。
加えて、103号バイパスは自動車専用道らしく、自転車は側道に迂回させられた。側道は草ぼうぼうで、所々木の枝がはみ出し、走りにくい。
スタートして3時間以上かけて、ようやく61km地点のローソンにたどり着いた。ここを過ぎると十和田湖、八甲田越えなので、補給があまり期待できない。

先ほどまでの雨は嘘のように上がり、陽が射してきた。今回のツーリングで初めて日焼け止めの出番。
ローソンで調達した補給食を背中のポケットに満載、それではゆるりと参ろうか。

途中、東北自動車道の十和田ICの前を通過する。青森県ではなく、秋田県内なのが意外だったが、ここまで自転車で来たのかと不思議な感慨。
DSC_0943.jpg

103号線は次第に標高を上げていく。
発電所の放水施設や、
DSC_0948.jpg

大小の滝が目を楽しませ、涼気を運んでくれる(写真は中滝)。
DSC_0949.jpg

サドルを少し下げたおかげか、左ひざの痛みは問題さそう。ただ、今日は右ひざの膝蓋の上部付近が少し痛む。
十和田湖への登り自体はそれほどの勾配ではなく、ピークの発荷峠の標高もスカイツリー程度なので、11時前には十和田湖畔に達した。
DSC_0951.jpg

ビューポイントから展望した十和田湖の眺め。空と湖面の青さが目に染みる。
ただ、なでら男さんからの情報によれば、八甲田方面は雲の中らしいとのこと、ちょっと残念だ。
DSC_0955.jpg

湖の美しい風景を楽しみながら、湖畔のルートを北上する。
やがて青森県入り。そういえば、湖をめぐる県境をめぐり、秋田県と青森県との間にかつて争いがあったな、と思い出す。
DSC_0956.jpg

神秘的な湖面と、透明度の高い湖水。
DSC_0960.jpg DSC_0957.jpg

やがて、ルートは国道102号に転じ、奥入瀬渓流ゾーンに入る。
水の清らかさだけなら、わが栃木県の鹿沼市奥地も負けてはいないが、豊かなブナ林やミズナラなどが特に貴重なのだろう。
甘い香りが漂っていた(ような気がする)が、木の香りなのだろうか?
DSC_0963.jpg DSC_0964.jpg DSC_0965.jpg DSC_0967.jpg

観光客が多いので、スピードを上げず慎重に下る。
再び、国道103号に転じ、八甲田方面に向かって高度を上げていく。
滝や渓流も楽しめる。ただ、十和田湖や奥入瀬とは別の水系のようだ。
DSC_0972.jpg DSC_0973.jpg DSC_0975.jpg

路面は麓からずっとセミウエットで、標高600m辺りからはガスまで出てきた。尾灯を点灯。
こりゃ、ピークの傘松峠の眺望は期待できないなあ、と嘆息しながら登っていると、標高800mを過ぎたあたりから晴れ間が見えてきた。
八甲田山系の山容も見えてきた。
DSC_0981.jpg

ピークの傘松峠通過、13:50ごろ。
写真を撮ってると、脛をアブに食われた。
DSC_0983.jpg

そして、豪快にダウンヒル。
下りの途中にある酸ヶ湯温泉。とんでもない程の積雪量で有名なところだ。
DSC_0986.jpg

いくつかの登り返しもあったが、八甲田北面は基本的に急な下り。あっという間に青森市街地に達した。
市街地と八甲田山があまりに近いのに驚く。

あとは新青森駅に行って、新幹線に乗り輪行して帰るだけなのだが、その前に一仕事。
一風呂浴びて、身を清めなければならない。
新青森駅近くの「あおもり健康ランド」に移動。入場料430円也。
サドルバッグ上部に括り付けてある白いビニル袋の中に、実は着替えが入っていたのだ。
シャワーで汗、汚れを流し、数種類のお湯につかり、大満足。
DSC_0988.jpg

そして新青森駅に到着、16:15。駅舎が立派なのに驚く。
直ちに、輪行の準備。
DSC_0990.jpg DSC_0992.jpg

駅舎内はUターン客等で大混雑。はやぶさ指定席の販売状況を確認すると、18時台の列車まで満席だということ。
出来るだけ早く帰りたいので、17:22発の列車に乗ろうと、立席特急券を購入。
3号車のデッキに輪行袋とともに陣取る。
DSC_0994.jpg DSC_0996.jpg

仙台駅までの1時間半、立ちっ放しであったが、自転車漕ぐのに比べれば・・・。
19:20、仙台始発のやまびこに乗り換え、悠々と自由席を確保、ビールを楽しみながら、宇都宮に無事帰還した。

最後に:
3日間、気ままな一人旅であったが、勝手を許してくれた家族、激励に駆け付けてくれたなでら男さん、そしてFB等を通じメッセージを寄せていただいた友人達に感謝!

あまり無理せず、3日で720km超を走破できる自転車の可能性を、改めて認識させられた。自転車が走りやすい道、補給拠点、宿泊施設などをリーズナブルに提供できれば、日本のツーリズムも幅が広がるのではないか?

3日間にわたり非日常を体験したので、明日からまたドップリと日常に浸かるかと思うと、いささかウンザリ・・・。

 ~FIN~

PageTop

東北ソロツーリング 2日目

4時起床。雨が降らないようにお祈りしながら休んだのだが、・・・やはり雨だった。
DSC_0907.jpg

5:15ごろ、スタートした。
まずは尾花沢、新庄を経由し、遊佐方面に向かう。なるべく起伏の少ないルートで日本海に出る作戦だ。
20分もしないうちに雨は上がり、東の方角には雲の切れ間も見えている。
優しい山並み、実りつつある稲田、そして最上川の風景が美しい。
DSC_0909.jpg DSC_0911.jpg

尾花沢市内、国道347号沿いのセブンイレブンで朝食、7:00ごろ。
国道13号に転じ、舟形町で進行方向を西向きに転じる。
新庄市郊外から国道47号に乗る。2ケタ国道は、自転車に優しくない場合が多い。路肩がほとんどなくなる箇所もあり、大型トラックに追い越しを掛けられるときなどは冷や汗ものだ。

そんな、47号沿いにある施設の数々。
戸沢村の道の駅。なんでも高麗の建築を模したものだそうだ。
DSC_0912.jpg

そして松尾芭蕉の銅像。「五月雨をあつめて早し最上川」もこの辺りで詠まれたのだろうか。
DSC_0915.jpg

芭蕉も目にしたであろう最上川の風景。風力発電所はなかったけれど。
DSC_0916.jpg

国道345号沿い、酒田市郊外で見た雨に煙る鳥海山。晴れの日に見たら、より感動しただろう。
DSC_0919.jpg

11時ごろ、日本海沿いを走る国道7号に達した。一区切りだ。
DSC_0922.jpg

この7号線、翌日も大館まで延々と走るのだが、単調極まりない。
海なし県の生まれ育ちなので、海の眺めには無条件で感動するのだが、100km以上もそれが続くとなると話は別。次第に苦痛になってくる・・・。
DSC_0926.jpg DSC_0925.jpg

11:15ごろ、秋田県入り。ようやく本日の旅程の半分だ。
にかほ市(旧象潟町)のローソンで昼食。11:30ごろ。
Uターンピークのためか、新潟方面に南下する車の量が多い。
DSC_0927.jpg

行けども行けども7号線は続く。考えてみれば、鉄道の運転士も同じような心持ちなのだろうか?
風力発電施設などを展望しながら退屈をしのぐ。
DSC_0929.jpg

秋田市内、秋田城址近くのローソンで小休止。15:10ごろ。
秋田って、ローソンやサンクスをよく見かけるが、セブンは少ないなあ。

やがて八郎潟町に入り、
DSC_0932.jpg

北緯40度線を突破し、
DSC_0934.jpg

今日の目的地能代市まで残り25km。
道の駅ことおかで最後の休憩。
実は秋田市に入ったころから左のひざ(裏側の腱)に痛みを覚えており、サドルを数ミリ下げてみた。この程度のことで、痛みが軽快するケースも多い。
DSC_0935.jpg

17:30ごろ能代市に入る。
DSC_0937.jpg

宿泊予定のホテルを探すのに少し手間取ったが、18:10ころチェックインできた。
DSC_0939.jpg

ひざ痛もあり、外出するのが億劫になったので、食事はホテル内の食堂で済ませた。
あまり期待していなかったのだが、サバ味噌とフィレカツからなる「梅定食」は絶品だった。
コインランドリーで洗濯しながら、しっかりとビールも補給した。

PageTop

東北ソロツーリング1日目

4時半起床。外は雨音がする。
今日から3日間、東北は青森までのソロツーリングを決行するつもりであったが、さすがに躊躇する。

が、朝食のパンをかじっているうちに、雨が止んだ。
5時を少し回った頃、スタート。計画より1時間遅れだ。
路面はウエットだが、アンカー号には泥よけを装着したので無問題。また、革サドルのセラアナトミカには、防水のため、ビニール袋でラッピングしてある。

1日目の目的地は山形県寒河江市、およそ270kmの行程だ。7月に開催された宇都宮600kmブルベの往路を基本としつつ、若干のアレンジを加えたコースだ。異なるのは、大内宿へのアプローチとして旧下野街道を使うこと、大峠越えのあと米沢市街地を経由することなどだ。

栗谷沢トンネルを越えると霧雨、鬼怒川温泉手前からは雨粒が大きくなってきた。この先、補給箇所に乏しいので、温泉街手前のファミリーマートで補給食を調達。

北上するにつれ、雨脚はだんだん強まってくる。川治温泉手前のトンネルを抜けると本降り。川治では雨水が轍を伝って流れていた。
DSC_0876.jpg

五十里湖付近は、深山幽谷といった趣き。
DSC_0877.jpg

一方、山王トンネルを抜け、福島県に入ると、路面はドライだった。
会津田島駅近くのセブンイレブンで休憩。時刻は9:10ごろ。まあまあのペースだ。

この先、大内宿には、旧下野街道を経由して向かう。
途中、「長寿の水」という水場で小休止。ここには、下野街道の由来を記した看板が設置されていた。
DSC_0879.jpg DSC_0882.jpg

中山峠を越えると、小集落があり、立派なケヤキが立っていた。「八幡のケヤキ」というらしい。故事来歴はこの通り。
DSC_0883.jpg DSC_0886.jpg

大内宿。夏休み期間中とあって、駐車場は一杯、観光客も行列をなしていた。
県道側から集落を展望する。生活感があって、これはこれで好ましい。
DSC_0889.jpg DSC_0890.jpg

大内ダムを過ぎて、氷玉トンネルを抜けるとダウンヒルだ。が、行く手方向にかかる雲が厚く、イヤ~な予感。
DSC_0892.jpg

トンネルの向こう側は、ハードウエット、ガスも出ていた。
標高を下げていくごとに霧は濃くなり、前照灯、尾灯を点灯。視界は10mくらいだ。
視界が回復すると、今度は雨。「篠突く雨」という勢いだ。雨粒で顔や腕が痛いし、なにより滑りそうで怖い。道路わきの側溝からは、水が噴き出している。
恐怖心と戦いながら、なんとか麓までたどり着いた。いや~怖かった。自転車で来たことを激しく後悔したほどだ。

会津坂下まで来ると、小降りになってきた。
12:10ごろ、セブンイレブンで小休止。ご当地ポスターが、この地を訪れた証し。
FB経由で米沢のなでら男さんから、「米沢通過は何時ごろ」という問い合わせがあった。市内通過は14時半から15時くらいになりそうと返答。
DSC_0893.jpg

喜多方経由で大峠に向かう。大峠、登り勾配のトンネルがいくつも連続するので、いつもなら敬遠したくなるのだが、雨除けになるので今日は大歓迎。

喜多方から見て最後のトンネルが「大峠トンネル」。4km近くもあり長大だが、途中から下り勾配になる。
DSC_0895.jpg

大峠トンネルの出口が見えてきた。進行方向左側で蛍光色の布を振っている人がいる。
もしやと思えば、やはり、なでら男さんであった。
応援に駆け付けていただき、恐れ入ります。お会いするのは、昨年7月の600以来でしょうか?
痛めていらっしゃる腰のこととか、ご当地のコース情報とか会話を交わす。結構な差し入れまで頂戴した。
DSC_0896.jpg

名残は尽きねど、暗くなる前に宿に入りたいので、激励に対しお礼を述べて先を急ぐ。
米沢市内を経由して、川西町で小休止。15:40ごろ。地元銀行の看板を借景に1枚。
DSC_0898.jpg

ここまで来ると、18時台のゴールはほぼ確実だ。暗くなる前にたどり着けそうだ。
なにしろ、ブルベと違ってライトが少々貧弱なので。

7月の600試走の時には気づかなかった最上川にかかる吊り橋。白鷹町あたりか?
DSC_0899.jpg

そして、最上川のビューポイントから1枚。ブルベの試走だと、キューシートに情報を書き込んだりと忙しく、写真もそうは撮れなかったりするのだが(へばな師匠等の例外を除く)、ツーリングだとそういう制約がないのが良い。
DSC_0903.jpg

そして、18:20ごろチェリーパークホテルにチェックイン。
フロントで「宇都宮から自転車で来たのか」と聞かれ、「そうだ」と答えると、とてもビックリしていた。大層驚いていただいて、恐れ入ります。
DSC_0906.jpg

部屋でシャワーを浴び、近くのローソンで買い出し。もちろん、アルコール燃料調達も怠りない(笑)。
DSC_0905.jpg

このホテルに宿泊すると、隣接の入浴施設「湯~チェリー」には無料で入れるので、とても良い。降雨でそれなりにダメージを受けた身体を癒すことができた。

PageTop

夏休み前半

今年は13日(水)~19日(火)の1週間、連続休暇が取れた。
15日までは旧今市市の実家でお盆にかかわるあれこれ。
墓に迎えに行ったり、仏壇に盆飾りをしたり、親爺の晩酌の相手をしたり。13日夜には弟が、15日には妹家族が合流。
周りに何もない実家なので、基本的に暇。なので、連続休暇後半に東北自転車旅行を決行すべく、旅程の検討。

1日目=16(土)
 4:00 スタート               0km
 8:54 南会津町セブンイレブン    90km
11:48 会津坂下町セブンイレブン  148km
15:16 川西町小松ローソン      211km
18:08 寒河江チェリーパークホテル 271km

2日目=17(日)
 4:00 スタート              0km
 7:48 戸沢村サンクス        68km
11:29 にかほ市ローソン       134km
15:45 秋田市ローソン        211km
18:58 能代市タウンホテルミナミ  269km

3日目=18(月)
 5:00 スタート        0km
 8:23 大館市ローソン   61km
11:02 十和田湖畔     108km
14:57 新青森駅      179km

帰還のための新幹線候補は、
 新青森1638=1829仙台1844=1958宇都宮
 新青森1722=1855仙台1910=2016宇都宮
 新青森1744=1929仙台2000=2109宇都宮
 新青森1824=1952仙台2000=2109宇都宮
 新青森1838=2030仙台2037=2150宇都宮
と、まあ、こんな感じかな。

ところで、天気予報によれば、土曜日から日曜日にかけて、西日本~東北の日本海側は大荒れになる可能性があるとのこと。心配ではある。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。