山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

滝ヶ原峠

今日は快晴、自転車日和。家の中の雑事を片づけて、0930くらいにDEDAにまたがり出発。
どこに行こうという当てはないのだが、1300には帰ってきたい。とりあえず小来川方面に向かうことにした。
県道70号線を西に走ると、多くのローディとすれ違う。朝連の帰りなんだろうな。
板荷に至り、今日は時計回りで行こうと決めた。10人くらいのツーリングの集団が出発するところだった。挨拶しながらパスした。楽しそうでいいなあ。
追風基調なのでいつもよりも楽に走れる。あっという間に宮小来川の神社のところに至った。

ここで思案。神社前のY字路を右に行くのが普段のルートだが、それでは1200くらいに家に着いてしまう。せっかく良い天気なのだから、直進し清滝方面に行くことにした。
小来川から清滝に至る約15㎞のこの林道コースには、滝ヶ原峠といって距離は短いものの15%超の勾配が断続的に現れる激坂がある。そのキツさを「凶悪」と表現する人もいる。カーボンバイクを手に入れたのだから、その性能を試してみようという魂胆だ。
鄙びたいい感じの山里を抜け、いよいよ滝ヶ原に差し掛かる。いつもは何人かのローディにすれ違ったり抜かれたりするのだが、今日は誰にも会わない。聞こえるのは自分の呼吸音と上空を飛ぶ飛行機の音だけ。
カーボンだと楽ができるかなという淡い期待は裏切られ、心臓は破裂寸前。
めげそうな気持ちを何とか奮い立たせ、峠に到着。ここの峠は切り通しで見晴らしは良くない。清滝側に下ったところにある絶景ポイントで証拠写真を撮影(ほんとは山がきれいなのだが、アングルが低すぎて伝えられないのが残念)。

下り坂には滑り止めの砂がまいてあるので、慎重に下る。やしおの湯の側を通り、国道120号線を日光市街地方面に向かう。東照宮付近の交通量は少なめ。外国人観光客も全然見かけない。国道沿いの商店街には火災の跡が。何があったんだっけ?
このまま国道をまっすぐ下るルートや霧降大橋手前のバイパスを行くルートも考えられるが、あまのじゃくな私は日光IC側から山久保、長畑、板荷に抜ける山道ルートを選択した。山久保ではランドナーにのった風流な感じの人とすれ違った。
帰路は下り基調で楽なはずなのだが、時折強い向かい風。結構脚にきた。
予定通り1300くらいに自宅着。88km。補給はVAAM500mlのみ。

今日の教訓:軽量バイクでも峠で楽できるわけではない。

20110417takigahara.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんと!

あれれ~、yamaさんも「滝ヶ原峠」でしたか~。 私が頂上に着いたのがPM1頃でしたから、ちょうどyamaさんがご自宅に着かれた頃ですね。

軽量バイクでもキツカッタですか~。 そうとう飛ばしたんじゃないんですか? 私は7k/h台まで落ちちゃいましたが・・・・(T_T)

下りの「砂」はちょっと危険ですね~(>_<)。

 へばな | URL | 2011-04-17(Sun)19:28 [編集]


へばなさんへ

きっと、一日の最低気温が5℃を上回るようになるとサイクリストが滝ヶ原に吸い寄せられるという法則があるんだと思います。
もしかして、へばなさんは「ママチャリもどき」で登坂ですか?それで7km/h台は凄すぎです!!
私は新兵器を投入したにもかかわらず、そのスピードとあまり変わりません・・・・

yama | URL | 2011-04-17(Sun)20:39 [編集]


No title

DEDAの『滝ヶ原デビュー』でしたか?
Allumerのデビュー戦も『滝ヶ原』でしたから、やはりここが原点なんですかね。
段々体に馴染んで来た事でしょう。
次回、また行きましょう。

アルテアルマー | URL | 2011-04-19(Tue)06:31 [編集]


アルテアルマーさんへ

そういえばBOMAでいきなり滝ヶ原~いろはに登りましたね。
今度のツーリングは滝ヶ原班を設けてはどうですか?(と、参加しないのに勝手なことを言ってみる・・・・・・)
今度、予定をあわせて攻略しに行きましょう!!

yama | URL | 2011-04-19(Tue)16:51 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。