山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木賊温泉・湯ノ花温泉

有給(連休)も4日目。へばな師匠には「仕事大丈夫?」と心配されている。実は私が一番心配なんです。
が、折角の休暇を有意義に使わなくてはというわけで、今日は自転車で福島県を訪ねた。
目的地は檜枝岐村方面としたのだが、時間が押していたので結局、手前の南会津町にある「木賊温泉」で折り返した。


自宅を8:30に発ち、鬼怒川温泉を経由して国道121号を北上する。あれっ、昨日のドライブと同じルート?
ただ、車と違って自転車だと沿道のちょっとした事物にも目が留まる。
たとえば、「湯西川ダム」の本体。五十里岬トンネル手前の橋の上から左方向に見ることができる。
写真を撮っていると突然轟音が。野岩鉄道会津鬼怒川線の電車が隣の橋梁を渡ったのだ。道の駅湯西川を背景にパチリ。
 s20120613-004.jpg s20120613-005.jpg

中三依の丁字路を左折し山王トンネルに向かってしばらく走ると左手に小さな滝が見える。ここも車だったら素通りだ。撮影技術がないので滝に見えないのが残念。
s20120613-006.jpg

次は「男鹿高原駅」に寄り道してみた。ここは知る人ぞ知る「秘境駅」。1日平均の乗降客は2人で、周りに人家は全くない。「なんでこんなところに駅を造る必要が?」と考え込んでしまうようなロケーション。なんでも駅近くの変電所に雪深い季節でも迅速にアクセスするために設けられた駅だとか。
s20120613-008.jpg s20120613-010.jpg s20120613-011.jpg s20120613-012.jpg

山王トンネル手前で12:00となった。
福島県側に出ると、しばし快適なダウンヒル。5kmほど下ったところにあるコンビニ「Yショップ会津高原店」で補給食調達。このお店は以前はココストアだったはずだ。

Yショップを出て少し下ると変形丁字路に出る。352号線を左折してしばらくすると写真のような看板が。
「新潟方面への通り抜け不能」「中山トンネルのスノーシェッド内で工事による通行規制」
国道352号は奥只見湖や枝折峠を経由して新潟県に至るのだが、枝折峠付近が土砂崩れにより通行止めになっているらしい。国内屈指の豪雪地帯を走る「酷道」だけにメンテには想像以上の労力を要するようだ。
s20120613-013.jpg

栃木県側はガスっていていかにも梅雨時といった感じであったが、福島県側は晴れ間が広がっている。交通規制の影響か、交通量も少ない。自転車にとっては、とても快適なコンディションだ。
10kmほど登ると中山トンネルに至る。勾配がきついのは手前1kmくらいだけだ。
中山トンネルでは第2トンネルの工事が行われていた。
s20120613-014.jpg

トンネル内は照明が暗い。トンネルの出口、スノーシェッドとの接続付近で工事規制が行われていた。
トンネルを抜けると快適なダウンヒルが続く。何度か走っている道だが、今日はすごく走りやすい。追風のためだ。ということは帰りは登りの向かい風(涙)。

内川橋の丁字路に出る数km手前に現れる看板。ここを左折し木賊温泉方面に登っていく。
s20120613-015.jpg

この道も素晴らしい道。写真のような素朴な風景が続く。川の流れも驚くほどきれい。
昨日は車、今日は自転車で福島県を訪れたが、風景の美しさは特筆ものだ。何が違うのかなと考えて、思い当たったのが、ゴミの少なさ。わが栃木県も含めて関東地方では、山道を走ると必ず目に入るのが不法投棄されたゴミの山。それが福島県、特に会津地方には見当たらないのだ。公徳心の現れなのか、地元の方々の努力の成果なのか、あるいはその両方なのかもしれない。
s20120613-016.jpg s20120613-017.jpg s20120613-019.jpg


6kmほどで木賊温泉の集落にいたる。共同浴場と駐車場にあった案内看板。
一風呂浴びたいところだが、時間が押しているのでここで折り返し。
s20120613-020.jpg s20120613-022.jpg

来た道をそのまま戻るのはあまりに芸がないので、唐沢峠を経て湯ノ花温泉方面に向かう。
峠には新しい立派なトンネルができていた。
s20120613-023.jpg

峠を下ったところにある湯ノ花温泉郷。ひなびた良い感じの風景だ。ここには共同浴場が4つもあるらしい。
s20120613-024.jpg

4km走ると国道352号に出る。あとは来た道を淡々と戻るのみ。
中山トンネル手前にある「八総スノーシェルター」。豪雪地帯の証だ。
s20120613-025.jpg

復路では、日光市轟付近と鞍掛トンネル付近で小雨に見舞われたが、あまり濡れずに済んだ。自宅着は18:30くらい。日没前に帰ることができた。
まとまった休暇ももう終わりだ。

今日の距離:230km(月間累計:691km)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

230k!

230kmですか~、走りますね~(^^♪
「南会津」方面は、どこ走っても気持ちよく走れますよね。私も大好きです(^_^)v

>事前のマイナス情報に身体が適応し、「なんだ大したことなかったじゃん」という効果を狙っています。    
      ↑
プロフィールマップが発表されたけど、「大したこと」大有りでございますよ!「復路」はほとんど無理っぽいんですけど・・・・(>_<)

へばな | URL | 2012-06-14(Thu)20:48 [編集]


4日目ですか?

勤続27年の夫は、一昨年生死を彷徨う大病時以外、有給を取ったことがないのですが…
我が夫のBKは、どうなっているのでしょう(笑)
家に居られても困るで、知らん振りをしておこう!

abe | URL | 2012-06-14(Thu)23:00 [編集]


Re: 230k!

へばなさん
無事仕事に復帰いたしました。
本当は木賊温泉経由で檜枝岐村に出たかったのですが、帰宅が夜になってしまうので断念しました。
が、南会津の美しい風景を堪能することができました。

復路厳しそうですね。へばなさんを更にガッカリさせてしまう情報もあるのですが・・・、後日。
試走、私は6/30出発を選択しました。那須塩原市高林付近に出没中の「熊」が心配です。

yama | URL | 2012-06-16(Sat)00:15 [編集]


Re: 4日目ですか?

abeさん
私の働いている業界には、監査的な目的から一定期間職場を離れなければならないというルールがあるため、年に1度このような休みが入ります。もっと良い季節に取れれば良いのですが、なかなか時期は選べません。

それでも、今年の休みは長距離走あり、ブルベスタッフありと中々充実したものとなりました。

yama | URL | 2012-06-16(Sat)00:26 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。