山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鬼怒川CR

今日、明日とセンター試験が実施されている。今年は我が家に受験生がいないので緊張感がない。過去5年間は歳回りが悪く(?)、毎年受験生がいたのだ。
08年 次女の高校受験
09年 長女の大学受験(1年目)
10年 長女の大学受験(2年目)
11年 次女の大学受験
12年 長男の高校受験

まあ、受験生の有無に親父の自転車生活はあまり影響を受けないのだが。
というわけで(どういうわけだ?)、今日も自転車でブラブラしてきた。DEDA号のタイヤをEXTENZA RR2X(25C)に換えたので、そのテストも兼ねて。同社製品を買うと、結果として私が尊敬しない人を利することになってしまうのだが、そこはまあ性能重視ということで・・・。

月曜日に降った雪がまだあちこちに残っており、日陰はカチカチ、ツルツルになっている所が多い。北の方角や山方面は吉でないので、今日は南に向かおう。
10時半ごろ出発、鬼怒川のサイクリングロード(CR)を南下する。
CRは日当たりが良いので、雪が残っているところはほとんどない。
午前中は風がないので楽チンだ。30km/h位で巡航する。
ちょっとガスってるものの、筑波山の姿も良く見える。


が、気分良く飛ばしていると危険も。橋の下はご覧のとおり雪が残っていたり、凍っていたり。こういう箇所は無理せず「押し」で行く。
rps20130119_152700.jpg

CRは砂ヶ原橋で終点。右岸から左岸に河岸を変える。砂ヶ原橋の上から鬼怒川上流方向を眺める。水が冷たそうだ。
rps20130119_152734.jpg

大道泉橋を渡り、小金井方面に西進。ここから先は牛久発の200kmブルベでお馴染みのルートだ。壬生町役場側の「パベ」も通過する。タイヤを23cから25cに換装したので効果あるかもと期待したが、違いは全く分からなかった。

正午を過ぎて段々と北寄りの風が強くなってきた。冬場に南方面に出張すると、必ず復路は向かい風になるんだよね~。
13時半ごろ家に着いたが、走行距離は70km。何だか中途半端だ。
軽く補給して1時間ほどローラーを回す。実走とあわせ、無理矢理100kmにした。あ~スッキリした。

本日の距離:100km(うちローラー台30km)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

25C!

ほほ~「25C」ですか! ブルべ仕様でしょうか? 長距離走の場合、エアーボリュームがあるほうが疲れ具合が少ないかもしれませんね(*^^)v

へばな | URL | 2013-01-19(Sat)20:11 [編集]


Re: 25C!

へばなさん
このところパンクの神が降臨する回数が増えていたので、その対策です。乗り心地向上も期待したのですが、鈍感なせいか違いが分かりません(笑)。

yama | URL | 2013-01-20(Sun)18:22 [編集]


5年連続

笑えます。
来年うちは、ダブルです。
子どもの受験、私も関係ないのですが…
来年を口実に、今のうち遊んでおかないと(笑)

abe | URL | 2013-01-20(Sun)22:05 [編集]


Re: 5年連続

abeさん
いやいや、笑い事ではなかったですよ、この5年間は。
ダブルというのも大変ですね~。うちも2年後、また受験生と同居するとことなります。

yama | URL | 2013-01-21(Mon)07:34 [編集]


いつでも25C

再来年はご長男の受験ですね。うちは,今年次女の高校受験です。^^;

25Cですが,23Cと比べて,抵抗などは差を感じたことはありません。今では,25Cしか使わなくなりました。今度,三船さんの26Cを使ってみたいです。^^;

なでら男 | URL | 2013-01-21(Mon)20:15 [編集]


Re: いつでも25C

なでら男さん
何の疑問も持たずにずっと23cを使っていたのですが、いろいろな方のインプレを見て試すことにしました。
26Cという規格があるのを初めて知りました!

yama | URL | 2013-01-22(Tue)07:36 [編集]


受験生

受験生を持つ親は結構大変ですか?
自分の場合まだ4年ほど猶予があるのでピンときません。


23Cと25Cの入れ替えはクロスバイクでやりましたがやはり違いは実感出来ませんでした。

ロンリーH | URL | 2013-01-22(Tue)15:00 [編集]


Re: 受験生

ロンリーHさん
受験生を持って何より大変なのは「健康管理」ですね。風邪やインフルエンザを持ち込まないように気を配りました。それ以外の、試験の出来不出来は本人の責任ですから。
あ~、それより入学してからの経済的負担の方が重くのしかかりますかね。
25C、乗り心地の変化はわかりませんが、パンクのリスクが減ればそれでいいかなと考えるようにしています。

yama | URL | 2013-01-22(Tue)20:54 [編集]


25C

yamaさんへ

長文ですみません。

受験ラッシュご苦労様です。
その様な苦しみ(楽しみ)は羨ましいです。

うちは、一人っ子ですから。


25Cの話ですが、
小生も今年から、25Cを投入予定です。

「23Cと25Cは変わらない」のはフレームの剛性と何か関係するかも知れません。

小生のフレームでは、この差は歴然で、
フレームで吸収する振動と、タイヤで振動を吸収する役割分担に明確な差が確認されました。
(比較 PRO4:25C VS PRO3 23C)

他には、ダウンヒル時の安心感(タイヤ接地感)が向上しました。
又、ダウンヒル時のS字を走行時のロール切り替え時も
25Cの方がタイヤの形状が丸みを帯びている為、
ロールの切り返しが滑らかで、感動しました。

制動時も、タイヤが太い方が摩擦係数が高くなる為、
ロックしずらい方向になるのが、机上からも言えるはずです。

難点は、パンク時にCO2ボンベでは、タイヤの内用量が大きくなり、若干空気圧不足になる傾向です。

汽車 | URL | 2013-01-25(Fri)05:16 [編集]


Re: 25C

汽車さん
25Cに換えてそんなに違いが出ましたか~。
違いが分からぬのは鈍感なのか、あるいは限界を試すような乗り方をしていないせいなのか。雪の影響がなくなったら、今度下りでの性能を試してみようと思います。

yama | URL | 2013-01-25(Fri)05:38 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。