山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM720宇都宮600kmの試走(復路編)

PC5を折り返し、復路に入る。
復路のルート。



あと300kmかと考えると気持ちが萎えるので、次のPC6までの53kmのことだけを考える。
HEIZOさんが補給中であろうローソンの前をパスし、先を急ぐ。
深夜になると睡魔が出てくるのは確実なので、適当な仮眠場所を確保しなければならない。
白鷹町に向かうN287で眠気が出てきた。生あくびを連発。その都度、給水したりして凌ぐが、そろそろ限界。
334km付近に道の駅「白鷹ヤナ公園」があるので寄り道。ここは昨年の試走の際、ご一緒したなでら男さんに教えていただいた場所だ。
トイレの前のベンチの上に横になる。
屋根裏には電撃殺虫器?が設置されており、ジジジという音が絶え間なく続いている。この音を子守唄代わりとして仮眠。正確な時間は分からないが、40分程度は寝ただろうか。

コースに復帰。国道を右折し、橋を渡りD9と合流。距離計が使用不能なので、ランドマークを見逃さないように注意する。338.6kmポイントの「ファーストカーゴ」は夜間照明されており、良い目印になる。

雨が強まったり弱まったりしながら、絶え間なく降り続いている。
距離はわからないがNO.57と58の間に工事個所があり、路肩付近を除き表面のアスファルトが剥がされてる。通行は可能なのだが、左に寄りすぎるとホイールが段差と干渉して危険。暗いうえに雨が降っているので見えにくい。危うく落車しかけた。

幸い、落車もミスコースもせずにPC6のセブンイレブン飯豊椿店に到着。日付が変わって14日の00:51。貯金は4時間程度と変わらず。これからは貯金のはき出しだ。
HEIZOさんはちょうど出発するところで、PC6から2kmほど先の「道の駅いいで」で仮眠していくとのこと。

PC6で軽く補給後、私も道の駅に寄り、仮眠することにした。さきほど白鷹町の道の駅で寝たばかりだが、夜間のしかも雨が降る白布峠越えは回避したいので。
道の駅いいでには、立派な屋内休憩所があり、HEIZOさんは床の上でサバイバルシートにくるまっていた。もう一人、バイカーも仮眠中。
私は体を冷やさないようにレインウェア上下を着て、ベンチ上で仮眠。
3時少し前に起き出し、リスタート。
DSCN3537.jpg DSCN3536.jpg

米沢市内までHEIZOさんとご一緒する。
地図読みしてきたので全く不案内というわけではないが、距離計が役に立たない中、心強い。
ニトリがある変形五差路を右折し、小野川温泉方面に向かう。この辺りで空が白んできた。

いよいよ白布峠アタック。時刻は4時半を回ったころ。
気合を入れている矢先に強い雨が落ちてきた。場所は小白布集落付近。
一昨年の600km試走に際に仮眠したバス停に避難。しばらく雨宿りする。が、雨音を聞いているうちに寝落ちしたようだ。ハッと気づくと5時半を回っている。このバス停には眠りを誘う何かが住んでいるのだろうか?

米沢側からの白布峠への登りは勾配がきつい。特に温泉付近の傾斜は壁に見える。15%は超えているのではないかな。サイコンがないのでスピードが分からないが、おそらく5~6km/h、ナメクジのようにゆっくりと登る。
猫があくびしながらお出迎え。

温泉街を過ぎると九十九折れ区間。10%勾配が数キロ続く。サルの群れがお出迎え。「後ろから押してくれ」と声を掛けると、身体のデカい奴に「キーッ」と凄まれた。
DSCN3539.jpg

強い雨は止んでいるが、霧雨は絶え間なく降っている。ミストシャワーのようで、火照った身体に気持ち良い。
トンネルを過ぎるとピークはもうすぐ。周りの景色を楽しむ余裕も出てくる。
DSCN3540.jpg

7時を少し回ったころ、峠を通過。ふもとから1時間半以上かかった。
山形県よ、さようなら。福島県に戻ってきたぜ。
DSCN3543.jpg DSCN3544.jpg

桧原湖側への下りはじめは濃霧が立ち込め心配したが、高度を少し下げると視界が戻ってきた。
ガスっているが、桧原湖が見える。雲がユックリと立ち上っている。
DSCN3546.jpg

路面がウェットなので慎重に下ってきたが、それでも下りは速い。およそ1時間弱でPC7の「セブンイレブン猪苗代若宮店」に戻ってきた。時刻は8:10、貯金は1時間38分まで減っている。
HEIZOさんは随分と前に着いたようだ。
「やっぱり白布はきついですねえ」と話しかけると、なんとここでDNFするとのこと。
距離計代わりのガーミンが不調、コマ図ホルダーも壊れてしまい、気持ちが萎えてしまわれたようだ。「もともと怪我から復帰第一戦、無理するつもりはありません。良いリハビリになりました。」とのコメント。
「私のキューシートを差し上げますよ」と慰留に努めたが、決心は変えられなかった。
ここまで431km超、リハビリにしてはタフすぎるコースにチャレンジされ、お疲れさまでした。

HEIZOさんに別れを告げ、PC8を目指す。
ここからゴールまでは、昨年のコースと一緒。地図なしでもゴールできる自信はある。
この区間、距離が35km強と短いうえに下り基調。いわばサービス区間だ。
加えて雨が完全に上がり、晴れ間も見えてきた。磐梯山が良く見える。
DSCN3548.jpg

今回の試走で雨に遭わなかったのは、この区間が初めてだった。
この区間では、かわりにお尻の痛みが出てきた。最強サドル(と思っている)セラアナトミカをもってしても、長時間の降雨で出来たレーパンの擦れはカバーできないようだ。シャーミークリームを持参しなかったことは失敗だった。

PC8の「セブンイレブン北会津中学校前店」に10:27に到着。
何とか、完走が見えてきた。

次の区間は、氷玉峠越えがある。ヒルクライムも開かれる道路だが、白布ほど厳しくないので心配無用。
ただし、日差しが強まってきたので暑さが心配だった。
が、栃沢集落を通り過ぎたあたりで、雨が降り始めた。天然シャワーだ。
峠まで結構距離があり、まだか、まだかと心の中で呟いていたが、峠は会津若松市との境界だ。左側に写っている「下野街道」看板が目印。
DSCN3549.jpg

トンネルをくぐり大内ダム側に出ると、雨は本降り。
大内宿まで慎重に下って来る。
大内宿の公営駐車場付近は観光客の車で大渋滞なので注意。誘導員はいるものの、あまり自転車の存在に注意は払っていないようだ。

大内宿を過ぎたら、すぐに三叉路を右折し、中山峠方面に向かう。
雨は本降りを通り越し、驟雨になった。顔が痛いほどだった。

N121に出ると、あとは最終PCに向かうのみ。
通常はあまり感じたことはないが、雨上りのN121は不快。大型車が通り過ぎるたびに、大量の跳ね水を浴びる。次にこのルートを使うときは、川の反対側の県道を使ったほうが良いかもしれない。

会津田島の街を抜け、PC9に向け徐々に高度を上げていく。
前から気になっていた荒海川の滝(というより瀬?)を覗いてみる。ミニ吹割の滝といった風情だ。吹割の滝もミニだけど。
DSCN3551.jpg

PC9のヤマザキショップ会津高原店には14:40到着。来週のブルベのことを店員に伝えるのに気が行ってしまい、レシートを受け取り損ねるところだった。危ない危ない。

いよいよ最終区間、できれば日没前にゴールしたい。
山王トンネルを抜けると栃木県、路面は湿っているが、空は晴れている。分水嶺を境に天候まで変わるようだ。
五十里ダムもご覧のとおり、良い天気だった。
DSCN3553.jpg

旧今市市まで下りてくると結構暑い。まあ、猛暑というほどではないが、東北に比べると、まるで別の季節だ。
最後の難関、鶴CCの坂も何とかやり過ごし、18:23、宇都宮森林公園サイクリングターミナルにゴール。
合宿中の少年少女たちが夕食している前で証拠写真の撮影。
DSCN3554.jpg

薄暗くなってきたので、家路を急ぐ。が、森林公園を出て数分後、強い雨が降ってきた。あ~あ、さっきまで晴れていたのに・・・。
何だかんだと、最後まで雨に付きまとわれた試走だった。

2日間の走行距離:627km(自宅⇔宇都宮森林公園の自走往復含む)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

レポ作成

レポ作成早いですね。

どんなブルベでもそうですが天気によって難易度が変わりすぎますね。まあ仕方がないですが。
出来れば初めて走るスカイラインとかは楽しんでもらいたかったです。
機会があれば車に自転車積んで高湯側から上って欲しいです。

復路のN287やD10.11辺りは自分の練習コースです。
普段は走り易いルートなのに・・・。

今回は雨が大半でしたからアンカー号のメンテナンスをしっかりしてやってください。

ロンリーH | URL | 2013-07-15(Mon)15:01 [編集]


Re: レポ作成

ロンリーHさん
三連休の最終日は報告作成と洗車と最初から決めていました(笑)。
アンカー号にこびりついた泥やブレーキシューの滓を洗い落とすのに苦労しました。
100km走るくらい疲れました。

yama | URL | 2013-07-15(Mon)16:20 [編集]


余裕で

レポのアップも速いし、次の日にメンテナンスまでやっちゃうとは!さすがの強さですね(^^)v

私なんか、今日になってもママチャリの掃除してません。やっと体が動くようになったぐらいですから(T_T)

やっぱりyamaさんは「雨男」でしたね。私はyamaさんと同じ日に走ることだけは避けました。HEIZOさんは、知らなかったのかなぁ~(^_^;)

へばな | URL | 2013-07-15(Mon)17:12 [編集]


お疲れ様でした

試走お疲れ様でした。詳細レポート助かります。

皆さんの試走が雨だったと言う事で、7/20当日は
晴れだと嬉しいです。。不謹慎でスミマセン。。

岳人 | URL | 2013-07-15(Mon)19:48 [編集]


お疲れさまでした

いやー、宇都宮600は雨を呼んじゃうんですかね?

しかし、関東の猛暑を考えれば、雨に歌えばだったのでは?
雨男もこうゆう季節には、かえって良いのかもしれませんよ。

ふつうのパパ | URL | 2013-07-15(Mon)21:24 [編集]


そうか、山さんは雨男だったかぁ

試走お疲れさまでした。
実は、私、シャミークリームも携帯していたんですよ。言ってくだされば、、、。悔やまれます。
Edge800は家に戻ってハードリセットしたら復帰しました。
あの時は、DNFすることだけを考えてしまっていたので、思いつきませんでしたが、よく考えたらデータ消えないようにSDカード側にコース入れていたんですよね。
先ほど、AJ用のレポートを仕上げました。校正して明日代表に送り、ブログはその後アップ予定です。
私もカッコつけてないでセラアナトミカにしていれば、あと170kmくらい無理して走ったかも、、、。

HEIZO | URL | 2013-07-16(Tue)02:21 [編集]


Re: 余裕で

へばなさん
強くはないんですが、自転車は屋内保管のため、きれいにしないと上にあげさせてもらえないんです(笑)。
多少の雨は覚悟していましたが、これほどとは・・・。「雨男」確定でしょうか?まあ、本番が晴れると良いですね。

yama | URL | 2013-07-16(Tue)05:04 [編集]


Re: お疲れ様でした

岳人さん
7月20日、週間予報だとちょっと微妙ですが、晴れることをお祈りしましょう。
是非「テルテルボウズ」持参でご参加ください(笑)。

yama | URL | 2013-07-16(Tue)05:08 [編集]


Re: お疲れさまでした

ふつうのパパさん
おっしゃる通り、熱中症では命の危険もありますが、雨だけでは死にませんからね(笑)。
だけど、「雨に歌えば」という感じではなかったですよ。

yama | URL | 2013-07-16(Tue)05:11 [編集]


Re: そうか、山さんは雨男だったかぁ

HEIZOさん
土日はお疲れさまでした。そして大変お世話になりました。
猪苗代でお別れした後、どうされたか気になっていましたが、森林公園に戻ってきたらお車がなかったので、無事帰還されたのだとホッとしました。
猪苗代の時点ではレーパンの擦れはそれほどでなかったので、お借りするということすら気が付きませんでした。雨にさらされた後の乾きかけが危険だということが分かりました。
アナトミカ、400km超では威力を発揮します。まあ、人によって向き不向きはあるようですけど。お薦めです。

yama | URL | 2013-07-16(Tue)05:16 [編集]


遅ればせながら,..

お疲れさまでした。
昨年の試走では晴れてたのに,..。^^;
そして,今度の土日は米沢の天気予報は好転。土日とも降水確率30%になりました。自慢ではないですが,わたし,まだ,600km で雨に降られたことがないんです。^^;

実家の親父も1週間の様子見ですので,なんとか参加できそうです。当日はよろしくお願いいたします。

なでら男 | URL | 2013-07-18(Thu)18:19 [編集]


Re: 遅ればせながら,..

なでら男さん
試走中、それほど気温が低くなかったのは幸いでしたが、雨に降られないに越したことはありませんね。
移動距離が長い600kmで雨に降られたことがないなんて、十分自慢になりますよ(笑)。
今週末は天気が悪くなさそうで何よりです。600kmをトコトンお楽しみいただけると嬉しいです。

yama | URL | 2013-07-18(Thu)22:06 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。