山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久しぶりに

ブログの更新を1か月以上怠ってしまった。
山岳ブルベが終了してから、諸々の用事に追い回され、自転車に乗れる時間がほとんど確保できなかったのだ。
こうした状況は年内いっぱい続きそう。
幸い、今日はフリーなので、北方面に乗り出した。
向かうは「檜枝岐」。ブナ平付近は紅葉の盛りだろう。

・・・のつもりだったが、スタートが遅かったせいで、栃木・福島県境の山王トンネルに至ったのが正午ごろ。16時前には尾瀬入口の御池に辿り着けるだろうが、復路のナイトランは確実。国道121号線沿いはクマの目撃情報も多いので、大人の判断。南会津の「ヤマザキショップ」で折り返し。

来た道を登り返し、山王トンネル入り口に至る。このあたりでは木々の葉っぱはまだ緑だ。
DSCN3688.jpg

ところどころ、アントシアニン効果が。周りには赤変している木はない。
陽当たりとか関係しているのだろうか?
DSCN3690.jpg

国道沿いの「不動滝」。いつもより水量が多いような気がする。気のせいかな?
写真を撮っていたら、傍らをローディーがすごい勢いで登って行った。
DSCN3692.jpg

上三依の男鹿川。この川の水は澄んでいて、本当に美しい。
カエデの木が多いが、紅葉しているのは、ほんのわずか。
DSCN3696.jpg

来た道を真っ直ぐ戻るのでは芸がないので、塩原から「もみじライン」に転じるべく、国道400号を尾頭トンネル方面に直進する。
昨年の秋に尾頭峠を逆方向から越えた際には、もっと険しい印象を持っていたが、あっさりとピークを通過。

もみじラインは、登り始めて1時間ほどで峠の茶屋に至る。標高は1,200m。このあたりでも紅葉している木はまばらだ。見ごろは2週間後くらいかな?
DSCN3702.jpg

白滝の前で記念の1枚。
DSCN3704.jpg

茶屋の前にある名物のカエデ。紅葉しているようにみえるが、赤いのは種子。風に乗って竹とんぼのように羽根を回しながら飛ぶのだ。
DSCN3705.jpg

下りではウィンドブレーカとレッグウォーマーで防寒対策したが、それでも寒かった。
料金所では手がかじかんで通行料50円がなかなか取り出せなかった。

もみじラインを下った後は、朝来た道を戻り、明るいうちに自宅に辿り着いた。
今日のルート。


本日の距離:171km。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。