山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM510「いわき」の参考情報

BRM510宇都宮400kmいわきのコースは、あまり複雑になりすぎないように設定したつもりだが、交通量の多い幹線道路を避け、市道・農道などにエスケープする部分もあり、いくつかミスコースに陥りやすいポイントがある。
深夜、真っ暗な時間帯に通過する場合、そのリスクは一層高まる。
参加する方々のために、そうした箇所の現地の状況などを紹介する。

PC4を発って1.9km地点にある「キュー57」。最もランドマークに乏しい箇所だ。
十字路だが信号、一時停止標識、案内標識、看板等はない。手掛かりとしては、手前右側(自販機よりさらに手前)の「大泉運輸」、そして交差点右側に見える常磐線踏切だ。


キュー57から左折後の進行方向を眺めた写真(グーグル・ストリートビューより)。日没後は視認できないかもしれないが、数百m先に、左より「クリナップ工場」、「細谷前交差点」、「自由の女神像」が見える。車列は国道6号だ。
CUE57(2).jpg(Google)

次は、へばな師匠をタイムアウトに導いてしまった一因「勿来の関」。
キュー69の左折ポイントが分かりにくい。
キュー68「勿来の関跡三差路」から1.6kmほど坂を登ると、正面に「文学歴史館」の建物が現れる。この建物の前で、道は軽くカーブしながら、下りに入っていく。
CUE69pre.jpg(Google)

下り始めて150mほど進むと、「キュー69」のポイント。左前方に外灯のある駐車スペースが現れたら、鋭角に左折する。左折した先は当初2車線の下り道だ。
CUE69.jpg

次は、日立市のPC6を発って400mほど進んだところにある「キュー90」。
ランドマークの「久慈茅根病院」の緑色の看板は、夜間だと目立たない。横断歩道を目印とするとよいかも。
CUE90.jpg(Google)

「キュー94」。昨年の400kmで、私はここでミスコースした。
昼間見ると田園の中の何でもない三差路。夜は真っ暗で、おそらく左側を流れる用水路にも気づかないだろう。
目印は、100m手前の常磐自動車道。高架をくぐったら心の準備だ。
CUE94.jpg(Google)

そして最後に「キュー98」。佐竹高校入口交差点を左折すると、短い上り坂に入る。坂の途中に右折ポイントが現れる。
目印は「ひなん場所」の看板だが、小さく、しかも高い所にあるので気付きにくいかも。
CUE98.jpg(Google)

昼間の風景と夜間の雰囲気は全く異なるので、あくまで参考まで。
とにかく、十分な光量のライトを用意することと、「迷ったかな」と感じたら早目に停車して確認するのが一番だ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Googleは

この「Google」の写真はいいですね~。
良く調べましたね、さすがです!

つ~か、もうちょっと早ければ・・・・(T_T)

へばな | URL | 2014-05-02(Fri)20:19 [編集]


Re: Googleは

へばなさん
ストリートビューのおかげで、キューシートの下調べが効率的にできるようになりました。
まさか、勿来の関の小道までストリートビューがカバーしているとは思いませんでしたので、そこが悔やまれます・・・。

yama | URL | 2014-05-02(Fri)23:04 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。