山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古峯神社まで

昨日(土曜日)は仕事だったので室内連のみ。
今日(日曜日)は久しぶりに実走してきた。向かったのは小来川経由、古峰ヶ原方面だ。
古峰ヶ原街道から粕尾峠を回ってこようかなと考えていたが、古峯神社を過ぎたあたりでハンガーノックの予兆が。
まともな補給食を持参していなかったので、途中で引き返してきた。
走行距離は95kmだった。

今日は、昨日に引き続き天気が良かったので、多くのサイクリストに遭遇した。
古峰ヶ原街道では、ブラウブリッツェンの集団とすれ違った。

今日も小来川から県道14号を経由する定番ルートで往復したのだが、いつもは素通りしてしまうお地蔵様や石仏・石碑を観察してきた。
南小来川への名無し峠への入り口にある「向原たたき地蔵」。悪い所を小石でたたくと治るといういわれありとのこと。特に顔が大きく擦り減っているのはどういうこと?
 DSC_0646.jpg

これも県道14号沿いにある石碑群。一番奥の石碑には不動明王像が彫られていた。寛政元年に建てられたものらしい。
今から200年以上前、寛政の改革が行われていた頃だ。帰ってから調べたら、寛政元年は1789年、フランス革命の年だ。
DSC_0639.jpg DSC_0640.jpg

古峰ヶ原街道沿いを流れる大芦川。新緑や野生の藤が映えていた。
DSC_0641.jpg

これも大芦川。水がとてもきれいだった。多くの魚影が確認できた。今日は釣り人も多かった。
DSC_0642.jpg


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

小石で?

あら「小石」でたたくんですか! それは知りませんでした。「身体堅固」と言うのがいいですね~、こんどたたいて来ましょう(^^)v

「寛政」でしたか。あの道は昔からあったんですね。ただ走るだけでなく、このように歴史に触れながらのツーリングも良いものです(^^)

へばな | URL | 2014-05-18(Sun)16:29 [編集]


Re: 小石で?

へばなさん
私は脚を強くしたいと思ったのですが、お地蔵さん、脚が見えないんですよね~。
あの峠は古峯神社に向かうためにあったのかもしれません。そう考えると、私の定番コースは由緒正しい道といえるでしょう(笑)。

yama | URL | 2014-05-18(Sun)20:59 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。