山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

霧降高原

6月にはBRM614宇都宮300km水上山岳が予定されている。今年はまともな山練をやっていないので、少し心配だ。
実は、次の300kmに「宇都宮10,000」(AJ宇都宮主催のブルベで認定距離累計10,000kmという意味)がかかっているのだ。
そこで、今日は霧降高原へ山練に出かけてきた。

霧降大橋より日光連山を眺める。ちょっとガスっているのが残念だ。


橋の上で持参したアンパンを食す。ヒルクライムに備えた補給だ。
すぐ側らを手をつないだ観光客のカップルが通り過ぎる。若いカップルとアンパンをほおばるレーパン姿の50歳のオッサンの画は・・・、ない。

12:55に霧降大橋スタート。
チェーン、ギアなど駆動系を掃除してきたせいか、心もち軽い感じ。それとも追い風のせいかな。
ギアは34×21固定で。心拍を上げ過ぎないように、少しケイデンス低めで行く。
標高800m辺りを過ぎたところで、ふとサイコンのメーターを見ると、0km/hで止まっている。マグネットの位置を調整したりしたが、復旧せず。センサーの電池切れかも。交換したのは、昨年の600km試走の時だっけ?
まあ、サイコンがなくても走れないことはないので、続行。サイコンがないと、何となく不安になるなんて、文明の毒気にやられている?

頂上から下ってくるサイクリストもちらほら。最後にすれ違った人はシングルギアだったような・・・、見間違いかな?

追い風効果も手伝って、予想より早くピークの駐車場に到着。霧降大橋から55分だった。
DSC_0650.jpg

ガスがかかっているので、眺望はいま一歩。
DSC_0651.jpg

駐車場から少し下ると六方沢大橋。今日はあまり観光客は多くない。
DSC_0653.jpg

大笹牧場側に降りて行ったが、いろいろな事情があるのだろう、牛の放牧が少ないのが残念。

復路は小百経由で。
途中にある砂防ダム。新緑と水の対比が涼しげだった。
DSC_0654.jpg

明日は法事で走れないので、今日天気に恵まれラッキーだった。
今日の距離:100km
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

速い!

自走で行っての、途中でマグネットの位置調整しての「55分」は、速いですね~!

登る直前に「アンパン」など食べてはなりません。胃に血液が集まってしまい筋肉に回りません。 それが無ければ、50分切れたことでしょう(^_^;)

へばな | URL | 2014-05-24(Sat)18:40 [編集]


Re: 速い!

へばなさん
いえ、きっと追い風効果で5分くらいのアドバンテージがあったと思われます。
> 登る直前に「アンパン」など食べてはなりません。胃に血液が集まってしまい筋肉に回りません。
⇒えっ、やはり20分くらい前に補給するのが良いのでしょうか?どうりで途中から足が軽くなったような気が・・・。

yama | URL | 2014-05-24(Sat)18:50 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。