山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東北ソロツーリング1日目

4時半起床。外は雨音がする。
今日から3日間、東北は青森までのソロツーリングを決行するつもりであったが、さすがに躊躇する。

が、朝食のパンをかじっているうちに、雨が止んだ。
5時を少し回った頃、スタート。計画より1時間遅れだ。
路面はウエットだが、アンカー号には泥よけを装着したので無問題。また、革サドルのセラアナトミカには、防水のため、ビニール袋でラッピングしてある。

1日目の目的地は山形県寒河江市、およそ270kmの行程だ。7月に開催された宇都宮600kmブルベの往路を基本としつつ、若干のアレンジを加えたコースだ。異なるのは、大内宿へのアプローチとして旧下野街道を使うこと、大峠越えのあと米沢市街地を経由することなどだ。

栗谷沢トンネルを越えると霧雨、鬼怒川温泉手前からは雨粒が大きくなってきた。この先、補給箇所に乏しいので、温泉街手前のファミリーマートで補給食を調達。

北上するにつれ、雨脚はだんだん強まってくる。川治温泉手前のトンネルを抜けると本降り。川治では雨水が轍を伝って流れていた。
DSC_0876.jpg

五十里湖付近は、深山幽谷といった趣き。
DSC_0877.jpg

一方、山王トンネルを抜け、福島県に入ると、路面はドライだった。
会津田島駅近くのセブンイレブンで休憩。時刻は9:10ごろ。まあまあのペースだ。

この先、大内宿には、旧下野街道を経由して向かう。
途中、「長寿の水」という水場で小休止。ここには、下野街道の由来を記した看板が設置されていた。
DSC_0879.jpg DSC_0882.jpg

中山峠を越えると、小集落があり、立派なケヤキが立っていた。「八幡のケヤキ」というらしい。故事来歴はこの通り。
DSC_0883.jpg DSC_0886.jpg

大内宿。夏休み期間中とあって、駐車場は一杯、観光客も行列をなしていた。
県道側から集落を展望する。生活感があって、これはこれで好ましい。
DSC_0889.jpg DSC_0890.jpg

大内ダムを過ぎて、氷玉トンネルを抜けるとダウンヒルだ。が、行く手方向にかかる雲が厚く、イヤ~な予感。
DSC_0892.jpg

トンネルの向こう側は、ハードウエット、ガスも出ていた。
標高を下げていくごとに霧は濃くなり、前照灯、尾灯を点灯。視界は10mくらいだ。
視界が回復すると、今度は雨。「篠突く雨」という勢いだ。雨粒で顔や腕が痛いし、なにより滑りそうで怖い。道路わきの側溝からは、水が噴き出している。
恐怖心と戦いながら、なんとか麓までたどり着いた。いや~怖かった。自転車で来たことを激しく後悔したほどだ。

会津坂下まで来ると、小降りになってきた。
12:10ごろ、セブンイレブンで小休止。ご当地ポスターが、この地を訪れた証し。
FB経由で米沢のなでら男さんから、「米沢通過は何時ごろ」という問い合わせがあった。市内通過は14時半から15時くらいになりそうと返答。
DSC_0893.jpg

喜多方経由で大峠に向かう。大峠、登り勾配のトンネルがいくつも連続するので、いつもなら敬遠したくなるのだが、雨除けになるので今日は大歓迎。

喜多方から見て最後のトンネルが「大峠トンネル」。4km近くもあり長大だが、途中から下り勾配になる。
DSC_0895.jpg

大峠トンネルの出口が見えてきた。進行方向左側で蛍光色の布を振っている人がいる。
もしやと思えば、やはり、なでら男さんであった。
応援に駆け付けていただき、恐れ入ります。お会いするのは、昨年7月の600以来でしょうか?
痛めていらっしゃる腰のこととか、ご当地のコース情報とか会話を交わす。結構な差し入れまで頂戴した。
DSC_0896.jpg

名残は尽きねど、暗くなる前に宿に入りたいので、激励に対しお礼を述べて先を急ぐ。
米沢市内を経由して、川西町で小休止。15:40ごろ。地元銀行の看板を借景に1枚。
DSC_0898.jpg

ここまで来ると、18時台のゴールはほぼ確実だ。暗くなる前にたどり着けそうだ。
なにしろ、ブルベと違ってライトが少々貧弱なので。

7月の600試走の時には気づかなかった最上川にかかる吊り橋。白鷹町あたりか?
DSC_0899.jpg

そして、最上川のビューポイントから1枚。ブルベの試走だと、キューシートに情報を書き込んだりと忙しく、写真もそうは撮れなかったりするのだが(へばな師匠等の例外を除く)、ツーリングだとそういう制約がないのが良い。
DSC_0903.jpg

そして、18:20ごろチェリーパークホテルにチェックイン。
フロントで「宇都宮から自転車で来たのか」と聞かれ、「そうだ」と答えると、とてもビックリしていた。大層驚いていただいて、恐れ入ります。
DSC_0906.jpg

部屋でシャワーを浴び、近くのローソンで買い出し。もちろん、アルコール燃料調達も怠りない(笑)。
DSC_0905.jpg

このホテルに宿泊すると、隣接の入浴施設「湯~チェリー」には無料で入れるので、とても良い。降雨でそれなりにダメージを受けた身体を癒すことができた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ブログもスタート!

いよいよブログもスタートですね。^^;
生憎の雨降りなのに,なにか楽しそうで羨ましいです。^^;

なでら男 | URL | 2014-08-19(Tue)16:38 [編集]


Re: ブログもスタート!

なでら男さん
ブルベの如く、辛かった記憶も楽しいものに書き換えられていますが、そのせいでしょうか?
氷玉峠からの下りなど、自転車を捨ててヒッチハイクしようかと考えたくらいなんですけど・・・。

yama | URL | 2014-08-19(Tue)20:55 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。