山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今シーズン初の紅葉狩り@檜枝岐

拙ブログの過去記事を読み返していたら、ちょうど1年前の週末に、檜枝岐に紅葉を見に出かけていたことを思い出した。
今年の紅葉はどうだろう?確認せずにはいられなくなり、行動に移した。

Deda号を車に載せ、南会津は「道の駅番屋」に移動。道の駅到着は午前11時。
持参したサンドイッチで腹ごしらえし、尾瀬の北の玄関口「御池」に向けて出発。
湯ノ花温泉、木賊温泉を経て、檜枝岐村に入る。

まずは、湯ノ花温泉と木賊温泉をつなぐ峠にある「唐沢トンネル」。


一旦下って、木賊温泉を経由し、小繋トンネルに向かう。
トンネル手前、標高1300m付近では、既にきれいに色づいている。
青空を背景にすると、色彩が映える。
a1-DSC_0220.jpg a1-DSC_0225-PANO.jpg

で、小繋トンネル。ここから先は檜枝岐村だ。
a1-DSC_0228.jpg

標高1000m辺りでは、ようやく色づき始めてきたというところ。
a1-DSC_0236.jpg a1-DSC_0237.jpg

キリンテ、七入を過ぎて、御池への登りに入る。
途中、道沿いには、いくつか小さな滝(渓流?)がある。
a1-DSC_0240.jpg a1-DSC_0242.jpg

標高1200~1400mくらいが見頃だった。
a1-DSC_0245.jpg a1-DSC_0250.jpg a1-DSC_0253.jpg

御池のロッジを過ぎると、赤が鮮やか。
a1-DSC_0255.jpg

魚沼方面に降りると登り返しが大変なので、ピーク付近で折り返し。
ピーク付近の様子。
a1-DSC_0259.jpg a1-DSC_0260.jpg

これは会津駒ヶ岳の登山口。いつか登りに来よう。
a1-DSC_0263.jpg

御池のロッジまで降りてきて、小休止。
エナジージェルで補給、防寒対策を施して下りに入る。
a1-DSC_0264.jpg a1-DSC_0267.jpg a1-DSC_0270.jpg

ブナ平付近は落葉し始めていた。
a1-DSC_0272.jpg a1-DSC_0273.jpg a1-DSC_0277.jpg

時折、鮮やかな赤が目に飛び込んでくる。その都度、パチリ。
a1-DSC_0286.jpg

16時くらいに、道の駅番屋に戻り、宇都宮への帰路に着いた。

本日のコース。


本日の距離:103km
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最高の

最高のロケーションでしたね。
東北地方も標高の高い場所は見頃のようです。
雪の降る前に山岳ロングが出来ればと思います。

ロンリーH | URL | 2014-10-11(Sat)21:46 [編集]


えっ終わり!

えっ、もう「ブナ平」の紅葉は終わってるんですか!がっかり。
まだこれからだろうと思っていたのに(T_T)
それにしても紅葉がきれいですね。
私も今日行こうかと思っていたのですが「御池」からの情報では、「まだ色好き始めたばかり」というので、安心してたのが間違いでした。残念。今度の台風で終わりですね(+_+)
情報ありがとうございました!お疲れ様でした。

へばな | URL | 2014-10-11(Sat)23:49 [編集]


Re: 最高の

ロンリーHさん
天気が良いと色づきが良く見えますね。
昨年は曇りだったので今一でしたが、今年はきれいでした。
もう、雪の心配なのですね。

yama | URL | 2014-10-12(Sun)00:47 [編集]


Re: えっ終わり!

へばなさん
「ブナ平」の落葉は、紅葉が終わりというよりもブナ枯れの影響なのかもしれません。
奥日光も中禅寺湖辺りはこれからということですから、標高1200m付近の見頃はこれからかもしれません。
ただ、今週末の台風は心配ですねえ。

yama | URL | 2014-10-12(Sun)00:50 [編集]


なるほど

こういうアクセスの仕方があるんですね!
来年は、是非誘って下さい^^v

因みに、今週末はこれで燧ヶ岳に登って来ます^^
http://www.tobu.co.jp/2355oze/

abe | URL | 2014-10-14(Tue)10:59 [編集]


Re: なるほど

いまごろは燧ケ岳アタック中でしょうか?
お気をつけて!

yama | URL | 2014-10-18(Sat)12:54 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。