山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ソロツーリング奥只見行(2日目)

5時に起床。
ホテルの窓から見えた日の出。
方角的には奥只見方面だ。あの山を越えてきたわけね。
a1-DSC_1063.jpg

出発準備を整えたDeda号。今日もよろしく!
a1-DSC_1064.jpg

本日のルート。六十里越を経て、只見町、駒止峠、会津田島、山王峠を越えて、宇都宮に帰還する。


6時少し前に宿を発ち、途中、国道252号沿いのセーブオンで、軽く朝食。
只見線の越後須原駅で、大白川発小出行きの一番列車に出遭う。
只見線、1日4往復くらいしか走らないので、列車が走っている姿はなかなか見られないのだ。
a1-DSC_1066.jpg

大白川駅前を過ぎると、いよいよ峠道本番。なにせ、6里(24km)くらいの距離しかないのだが、峠越えの過酷さを評して「六十里」と言わしめるほどの難所なのだ。
陽射しが強くなることも加味すると、相当な苦労を強いられると覚悟してかかった。
が、国道252号は、直射日光を遮ってくれるスノーシェッドの連続、山方面から涼しい風も吹き下ろしており、救われた。
スノーシェッドを出ると山岳風景が目に飛び込んでくる。
a1-DSC_1070.jpg a1-DSC_1072.jpg

ピークは県境で、六十里越トンネルがある。8時半ごろ通過。
このトンネルは、暗くて怖かった。
a1-DSC_1075.jpg

トンネルを抜けると快適な下り。
回廊風のスノーシェッドが素敵。
a1-DSC_1080.jpg

下る途中のビューポイントで田子倉湖を望む。紅葉の季節はさぞかし美しいことだろう。
a1-DSC_1081.jpg a1-DSC_1083.jpg

ダムサイト上部から見た田子倉ダム本体と、麓から見上げた巨大な堰堤。典型的な重力式ダムだ。
a1-DSC_1087.jpg a1-DSC_1092.jpg

標高を下げるごとに暑さが厳しくなる。
只見町のコース沿いにはコンビニがないので、「只見ショッピングセンター」なる地元スーパーで、補給食を調達。
レシートの時刻は9:40だった。出発してからの走行距離は70km。
ここは5年前の400kmブルベでもPCとして利用したところだ。

国道289号を伊南川沿いに南下する。日がジリジリと照付け、酷暑の域に達してきた。
駒止峠の麓、道の駅「きらら289」で小休止。11:20ごろ。沿道の気温表示は35℃だった。

意を決して駒止峠に向かう。自転車では二度通っているが、それほどキツイという記憶はなかった。
が、暑さのためか出力が上がらない。
スノーシェッドはあるのだが、半透明のプラスチック(ポリカーボネート?)造り、温室ハウスのようで却って暑い。
やっとの思いでピークの駒止トンネル入り口。時刻は12時ちょうど。
a1-DSC_1096.jpg

駒止トンネルから直滑降で田島方面に駆け下りる。
途中、田島から登ってくるホンダジャージの一団とすれ違った。合宿なのかな?

会津田島のセブンイレブンで、ガリガリ君を食し、身体を冷却。ここでの補給は軽めに済ませた。昼食は12km先の「かいなり蕎麦」でと決めてある。昨日、目当ての蕎麦屋で食べられなかったのが尾を引いており、完全に蕎麦モードだ。

が、2日目も目的の蕎麦屋が閉まっていた・・・。
しかたなく、ヤマザキストアでおにぎりを調達。お昼時を過ぎていたせいか、総菜・弁当類も品数がまばらであった。

2日間最後の峠越え。団子3兄弟と山王トンネル。14時ごろ通過。
a1-DSC_1097.jpg a1-DSC_1100.jpg

県境を越えると、一目散に我が家へ。
とにかく早くシャワーを浴びたい!冷たいビールにありつきたい!
という一心で、17時前には自宅に無事たどり着くことができた。

今回、日本でも屈指の豪雪地帯、人の往来もまばらな秘境ゾーンを、時間の制約をあまり気にせず、自転車で旅することができた。
獣たちのテリトリーと目される場所に、簡易ながらも舗装された国道、ダムやスノーシェッドなどの巨大建造物が整備されているのを見ると、その執念の力に圧倒されるというか、気の遠くなるような思いがしたり。
一方、難所を越えると必ず人里があり、ホッとさせられたが、地方に共通した問題で、商店街などは既に活気が失われつつあり、10~20年後はこれら美しい人里はどうなっているのだろうと思いにふけったり。
そんなことを取り留めなく考えながら、ペダルを漕ぎ続けた2日間だった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様でした。
時間を気にせずに走れるツーリングは
いいですね。
レポは、BRM905前半の参考になります。
天気がもう少し安定してくるといいですね。

テクセラ | URL | 2015-08-12(Wed)21:25 [編集]


Re: タイトルなし

テクセラさん
今回は600kmの試走という位置づけではなかったのですが、参考になれば望外の喜びです。
9月になれば多少涼しくはなるのでしょうか。ただ、動物たちの活動も活発になるので、熊鈴等の用意は必要かと思われます。

yama | URL | 2015-08-15(Sat)06:01 [編集]


グランツーリスモ

このコース、良いですよね。越後湯沢に行くときのルートでも検討しましたけど、ちょっと遠いので、諦めましたけど。
こうやって繋げると、日本の山と町をめぐるグランツーリスモ的な感じが素敵です。
ちょっと、厳しいところもあるけど、変化に富んでるし、名物もあるし。蕎麦は残念でしたけどね。
今後、心配なのは、地方がちゃんと活気を持って残れるかですね。

ふつうのパパ | URL | 2015-08-29(Sat)14:57 [編集]


ちゃんと1泊して

今日話してたのはこれですか!
更新が途絶えがちだったので、見過ごしちゃいました(^_^;)
ちゃんと一泊しての余裕あるツーリングはいいですね~。きれいな写真を見て、また行きたくなりました。
秋がいいかなぁ~(^^)v

へばな | URL | 2015-09-05(Sat)15:47 [編集]


Re: グランツーリスモ

ふつうのパパさん
そうなんですよ。特に紅葉の季節は絶景です。
ただ、天候が悪いと「進むも地獄、退くも地獄」状態になりそうですけど。

yama | URL | 2015-09-05(Sat)22:37 [編集]


Re: ちゃんと1泊して

へばなさん
自転車に乗れていないので、更新が全く進みません(涙)。
もうすぐ紅葉の季節ですね。ブナは心なしか黄変が始まっているようでした。
ロッジの管理人さんと話したのですが、9月下旬~10月初旬が見頃だそうです。

yama | URL | 2015-09-05(Sat)22:39 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。