山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BRM512宇都宮300km 勝手試走編

GW前半は天気に恵まれるらしい。とすれば、自転車にかかわることは前半に片付けねば。
ということで、急に思い立って、5月12日の300kmブルベの勝手試走(無認定試走)をしてきた。
コースはご覧の通り。宇都宮~大子~北茨城大津港~塙~常陸大宮~宇都宮の8の字ルート。
本来は宇都宮森林公園発着となるのだが、そこは無認定試走なので簡略化し、ろまんちっく村のところからコースインし、復路も同ポイントでコースアウトすることにした。
map201203.jpg

PC1(セブンイレブン大子池田松沼店)まで
自宅を7:25頃出発。天気は快晴、風も弱い。絶好のサイクリング日和。
里山の木々が芽吹いており、実に爽やかだ。
s20120428-001.jpg

八溝グリーンラインを走っているとコマ図(4/26版)NO.14のところで見覚えのある後ろ姿を発見。
へばなさんだ。今日2名の賛助会員が試走されているのは知っていたが、へばなさんも試走されているとはビックリ。コマ図のポイントごとに入念にチェック、メモされていた。邪魔をしてはいけないので先行させていただく。
s20120428-002.jpg

馬頭を経由し、大子市内に入る。常陸大子駅前(NO.27)を左折する。駅の構内にはSLが展示されている。
s20120428-005.jpg s20120428-004.jpg

久慈川にかかる松沼橋を渡り、右折するとすぐにPC1だ。10:17着。
s20120428-006.jpg s20120428-031.jpg

PC1には試走されている賛助会員のお二人が休憩されていた。1名は女性だ。すごい!
店内では、スタッフのI塚さん、S藤さんが買い物されていた。あいさつするとビックリされていた。
今日は、既出のスタッフ3名の他、B東さんも8時スタートで試走されているとのこと。
軽く補給し、先行させていただく。

PC1~PC2(大津港 仁井田浜公園)
この区間は、一昨年の300kmで使ったルートとかなりの部分が重複する。落車・骨折したのもこの区間だった。今回は落車したポイントは通らないものの、忌わしい思い出がよみがえる。今日は慎重に行こう。

まずは県北北部広域農道にチャレンジ。「広域農道」と名付けられた道は、アップダウンの波状攻撃にさらされると覚悟しておいた方が間違いない。
アップダウンをやり過ごすと、NO.36手前で豪快なダウンヒルが楽しめる・・・はずだった。
が、路面が荒れており、ところどころ大きな穴があいている。穴に突っ込めば、良くてもパンク、悪くすると落車やホイールトラブルになりかねないので要注意だ。

写真は県道22号線に左折するポイント(NO.37)。
s20120428-007.jpg

県道22号線は鄙びた山里を通り、雰囲気があるのだが、この区間の最高標高ポイントがあり、地味につらい。
写真は最高地点通過後のNO.38にある「牛の像」。手前からはブラインドで見えにくい。
s20120428-009.jpg

実に気持ちのよい天気だったが、小山ダム付近に差し掛かると急にガスがかかってきた。一昨年の300kmでも天気が急変したのはこの辺り。雲が通る道でもあるのだろうか?
s20120428-010.jpg s20120428-011.jpg s20120428-012.jpg

小山ダム堰堤を過ぎるとすぐにNO.39の左折ポイントがある。この先は県北東部広域農道で登りが続く。下りはガスっていることもあり、とても寒い。ウィンドブレーカーを持って行った方が無難だ。
s20120428-013.jpg

華川小学校を過ぎ、坂を登ると左手に運動公園が見え、すぐに右折ポイント(NO.42)。「大津港」という地名が初めて現れる。右折せず県道10号線を直進すると、忌わしき落車地点に至る。
この辺りまで来るとガスも消え、晴れ間が戻ってきた。
s20120428-015.jpg

おさかなセンターなども見え、海に近付いている気配が強まる。
PC2へのアプローチにあるランドマーク(NO.44)。
s20120428-016.jpg

PC2到着。13:18。
写真はPC2として使用される予定のあずまやと周辺の風景。
s20120428-017.jpg s20120428-018.jpg s20120428-019.jpg s20120428-020.jpg

PC2~PC3(ファミリーマート道の駅はなわ店)
PC2を発ち、NO.48の仁井田交差点付近にあるセブンイレブン北茨城関南町店に寄り補給。
NO.50までは往路のコースを逆走することとなる。途中で、認定試走に参加されている方々とすれ違う。
NO.50を過ぎたあたりで、軽快に下ってきたへばなさんと遭遇。エールの交換をする。
s20120428-021.jpg

この後は、県道153号線、県道27号線を塙方面に向けてひたすら西進。
写真は松沼ダムの風景。華川とか花園渓谷とか、「花」にちなんだ地名が多いだけあって、見事な風景だ。
s20120428-022.jpg

NO.51、NO.52およびNO.52の目印となる「花園橋」の写真。
s20120428-023.jpg s20120428-024.jpg s20120428-025.jpg

花園渓谷の清冽な流れ。ここの紅葉は有名らしい。だらだらと登りが続くが、斜度はそれほどでもない。
s20120428-026.jpg s20120428-027.jpg

「花園渓谷終点」の看板があるNO.53。
登りもここで終わりかと思いきや・・・。
s20120428-028.jpg

登りの本番はこれからだった。道幅狭小、荒れた路面に加え、滝ヶ原峠を彷彿とさせる勾配。
花園渓谷は終わったが、「花園傾斜苦」はまだまだ続く。最高点と思われる箇所に差し掛かっても、その後地味な登り返しが待っており、脚を消耗させる。

きついヒルクライムから解放され、NO.54のポイントに。後は・・・・・5/12の本番に参加される皆さん、お楽しみに。
s20120428-029.jpg

16:14、PC3到着。おなじみの「道の駅はなわ」だ。
s20120428-030.jpg

PC3~PC4(セイコーマートえびね)
この区間は、おもに国道118号を通り、下り基調。楽できるかと思っていたが、ずっと向かい風。お願い、鯉のぼりよ、こっちを向いてくれ~!
加えて、交通量の多さ。PC1の前を再び通過し、暫くすると袋田の滝入口があるのだが、この辺りは要注意。
PC4の手前で日没となった。PC4には18:45着。
s20120428-032.jpg

PC4~ゴール(自宅)
今回の試走、最大の失敗はヘッドライトを忘れたこと。サイクルメーターはもちろんのこと、コマ図も全く見えない。
それでも、最終区間のルートはすべて走ったことのある道なので、「動物的勘」を働かせならが進む。ライトが犬を刺激するのか、猛烈に吠えられる。
最終区間は追風基調となり、脚が軽く感じた。無事、22:15ごろ自宅に辿りついた。

コースの印象:PC2~PC3の渓谷美とその後に待ち受ける急坂が出色。雨に降られたりすると、難易度がはね上がりそう・・・・・。ここを2週間後もう一度走ると思うと、ちょっとウンザリかも。

今日の距離:313km(月間累計:1,383km)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

脱帽です。

一日300㎞とは… どうすればそんなに走れるようになるのですか?
私も昨日は市貝、茂木方面を走ってきました。木々も芽吹き始め、これから1か月位は最高の自転車日和なので走りこみたいと思います。

naoy | URL | 2012-04-29(Sun)09:05 [編集]


Re: 脱帽です。

naoyさん

> 一日300㎞とは… どうすればそんなに走れるようになるのですか?

それはですね、いったん遠くまで出かけてしまうと、いやでも自転車で帰ってこなくてはならないからです。

益子の陶器市、市貝の芝桜と、この季節見所がいっぱいですね。風が強くなければ、この季節はサイクリングに最高ですよね。

yama | URL | 2012-04-29(Sun)10:38 [編集]


お疲れ様でした。

試走お疲れ様でした。
毎度の事ですが土地勘が無い場所を走るので事前情報はありがたいです。

それにしてもスタッフ試走は情報収集しながらですから頭が下がります。
そして女性も試走に参加しているとは。
びっくりしましたが積極的にブルベに参加してもらいたいです。

ロンリーH | URL | 2012-04-29(Sun)17:51 [編集]


Re: お疲れ様でした

ロンリーHさん

厳しいコースで、勝手試走してしまったことを後悔しています(本番でもう一度走らねばならぬことに対して)。
が、挑戦し甲斐があるコースであることは間違いなしです(太鼓判!)。
しかし、よくこういうルートを発掘しますよね~。

yama | URL | 2012-04-29(Sun)18:59 [編集]


練習を始めようかと思っていた矢先…
このブログを読んで、怯む自分がいます・・;

abe | URL | 2012-04-29(Sun)21:04 [編集]


さすがに

お会いできてうれしかったです。試走は少人数なので、一人でも多いほうが楽しいですからね(^_^)v
それにしても、速いな~。PC4では私より2時間45分も先に通過してたのね~。 yamaさんがお家に着いた頃、私はまだ烏山に向けて、真っ暗な山の中を走ってました(T_T)

へばな | URL | 2012-04-29(Sun)22:25 [編集]


写真を

すみません、私の写真、頂きました<(_ _)>

へばな | URL | 2012-04-29(Sun)22:37 [編集]


Re: タイトルなし

abeさん

この記事に嘘はありませんが、若干の「誇張」はあります。
坂がきつかったのは事実ですが、昨秋の「大芦川渓谷」程度と思っていただければ。

山あり、海ありで楽しいコースでしたよ(笑)。

yama | URL | 2012-04-30(Mon)04:27 [編集]


Re: さすがに

へばなさん

お会いできてうれしかったと同時に、大変ビックリいたしました。

認定試走はコース情報の収集・記録というミッションを帯びていますが、勝手試走は気楽なものですので、多少速かったのはそのせいではないでしょうか。

あの時刻にPC4ということは、ゴールは29日ということですね?お疲れさまでした(礼)。

P.S. 写真の件、了解です。

yama | URL | 2012-04-30(Mon)04:33 [編集]


質実剛脚?

お疲れ様でした。
この記事見て、メールで届いていた事にきずきました。
コマ図だけでは分からなかった、勾配のきつさ?
ん~、怖いような、登りたいような?
今回はabeさんと一緒に走しろかな?でもコースが複雑そうで、心配事が尽きません。
一番ビックリなのがYamaさんでさえも、帰宅は真っ暗闇?
あっ、ライトを忘れたからか…。
いや、けっこうな時間“夜間走行”ありますよね?
迂闊だった!もっと考えてから申し込むべきだった…。

アルマー | URL | 2012-04-30(Mon)23:41 [編集]


Re: 質実剛脚?

アルマーさん

今回の試走では、GPSはログ録りだけで、コマ図に基づいて走行しました。途中、分かりにくい箇所は1箇所だけで、あとは問題なくコースをトレースできます。

ナイトランの装備は重要ですね。15~16時間で走り切るとしても3~4時間以上は夜間走行となりますので。特に常陸大宮~烏山の山中は自分の掌も見えないくらい真っ暗でした。

辛いけれど、走り甲斐のあるコースであるのは請け合いです。

yama | URL | 2012-05-01(Tue)06:36 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。