山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2か月ぶり

ブログの更新を随分怠っていて、先週、2か月ぶりの更新をしたのだが、間が空いた理由は「自転車に乗っていなかった」から。
10月の第1週に、勤務先のイベントの関係で、矢板市の県民の森までの往復に自転車を使って以来、ほぼ2か月間、自転車に触れてもいなかった。
「仕事が忙しくて」というのも理由の一つだが、もう一つは願掛け。超自然的なものを信じている訳ではないので、非科学的というか、シャーマニックというか、そういうものに頼るのは信条に反するのだが、人の力だけではどうにもならない事柄に対しては、祈る気持ちがあるのも事実。一番好きなことを断つことによって、願いが叶うならという気持ちになった次第だ。
念願が完全に成就したわけではないのだが、一定の区切りがついたと思われるので、久しぶりに自転車に乗っても良いかなという気持ちになった。

昼食後、14時過ぎに出発。16時半には暗くなってしまうので、小来川コースがギリギリのところ。
完全な冬装備で出かけたつもりだったが、シューズカバーを忘れたことに途中で気付く。
まあ何とかなるだろうということで、そのまま進む。
マラソンの練習で、ランのトレーニングは欠かさなかったためか、心肺系は問題ないのだが、ちょっとした坂で太腿の筋肉がイッパイイッパイになるのが悲しい。

黒川神社に達したころには、既に日は大きく傾いていた。


シューズカバーを忘れた報いは、下り坂でてきめんに現れる。足の指先が痛さを通り越して、感覚がなくなってきた。
沿道の広葉樹はほとんど落葉しており、黒川沿いはほぼ冬の風景。
石灰質の白い岩が寒々とした雰囲気を増幅する。
a1-DSC_0079.jpg

赤行橋から眺めた日光連山。雪を頂き、既に冬の装いだ。
a1-DSC_0082.jpg

16時を過ぎ、薄暗くなってきたので、大谷街道を自宅に向けてひた走る。
残照が消えるころ、なんとか帰還した。
本日の距離:60km

PageTop

秋晴れ

シルバーウィーク2日目、天気が良いので、久しぶりに自転車に乗ってきた。
台風18号に伴う大雨被害で、宇都宮森林公園、小来川、会津西街道など定番の練習コースは、走行不能になっている箇所があるので、今日は復旧の情報が得られた「琴平峠」方面に出かけてきた。

10時ごろに出発という遅い起動。
宮環から羽生田街道、国道121号、県道172、221号を経て栃木市入り。
合戦場、総合運動場、皆川を経由して琴平峠のアプローチに取り掛かる。
柏倉付近の田んぼは稲刈りが終わった所も多く、土手には曼珠沙華が花盛りであった。


柏倉側は土砂が流れた後があったものの、路面はきれいでストレスなく登ることができた。
葛生側は小枝が散乱しているので慎重に下る。
ブラインドカーブの出口で、道路の真ん中に寝そべるトラ猫を危うく轢きそうになった。

ちょうどお昼になったので、壱番館の近くにあるセブンイレブンで軽く補給する。
次は唐沢山へとも考えたが、万一通行止めだったりするとショックが大きいので、琴平を登り返して帰ることにした。
帰路は向い風気味であったが、爽やかな秋風で気持ちがよかった。
秋晴れの空のもと、約4時間のサイクリングを楽しめた。

(本日の距離:90km)

PageTop

ソロツーリング奥只見行(2日目)

5時に起床。
ホテルの窓から見えた日の出。
方角的には奥只見方面だ。あの山を越えてきたわけね。
a1-DSC_1063.jpg

出発準備を整えたDeda号。今日もよろしく!
a1-DSC_1064.jpg

本日のルート。六十里越を経て、只見町、駒止峠、会津田島、山王峠を越えて、宇都宮に帰還する。


6時少し前に宿を発ち、途中、国道252号沿いのセーブオンで、軽く朝食。
只見線の越後須原駅で、大白川発小出行きの一番列車に出遭う。
只見線、1日4往復くらいしか走らないので、列車が走っている姿はなかなか見られないのだ。
a1-DSC_1066.jpg

大白川駅前を過ぎると、いよいよ峠道本番。なにせ、6里(24km)くらいの距離しかないのだが、峠越えの過酷さを評して「六十里」と言わしめるほどの難所なのだ。
陽射しが強くなることも加味すると、相当な苦労を強いられると覚悟してかかった。
が、国道252号は、直射日光を遮ってくれるスノーシェッドの連続、山方面から涼しい風も吹き下ろしており、救われた。
スノーシェッドを出ると山岳風景が目に飛び込んでくる。
a1-DSC_1070.jpg a1-DSC_1072.jpg

ピークは県境で、六十里越トンネルがある。8時半ごろ通過。
このトンネルは、暗くて怖かった。
a1-DSC_1075.jpg

トンネルを抜けると快適な下り。
回廊風のスノーシェッドが素敵。
a1-DSC_1080.jpg

下る途中のビューポイントで田子倉湖を望む。紅葉の季節はさぞかし美しいことだろう。
a1-DSC_1081.jpg a1-DSC_1083.jpg

ダムサイト上部から見た田子倉ダム本体と、麓から見上げた巨大な堰堤。典型的な重力式ダムだ。
a1-DSC_1087.jpg a1-DSC_1092.jpg

標高を下げるごとに暑さが厳しくなる。
只見町のコース沿いにはコンビニがないので、「只見ショッピングセンター」なる地元スーパーで、補給食を調達。
レシートの時刻は9:40だった。出発してからの走行距離は70km。
ここは5年前の400kmブルベでもPCとして利用したところだ。

国道289号を伊南川沿いに南下する。日がジリジリと照付け、酷暑の域に達してきた。
駒止峠の麓、道の駅「きらら289」で小休止。11:20ごろ。沿道の気温表示は35℃だった。

意を決して駒止峠に向かう。自転車では二度通っているが、それほどキツイという記憶はなかった。
が、暑さのためか出力が上がらない。
スノーシェッドはあるのだが、半透明のプラスチック(ポリカーボネート?)造り、温室ハウスのようで却って暑い。
やっとの思いでピークの駒止トンネル入り口。時刻は12時ちょうど。
a1-DSC_1096.jpg

駒止トンネルから直滑降で田島方面に駆け下りる。
途中、田島から登ってくるホンダジャージの一団とすれ違った。合宿なのかな?

会津田島のセブンイレブンで、ガリガリ君を食し、身体を冷却。ここでの補給は軽めに済ませた。昼食は12km先の「かいなり蕎麦」でと決めてある。昨日、目当ての蕎麦屋で食べられなかったのが尾を引いており、完全に蕎麦モードだ。

が、2日目も目的の蕎麦屋が閉まっていた・・・。
しかたなく、ヤマザキストアでおにぎりを調達。お昼時を過ぎていたせいか、総菜・弁当類も品数がまばらであった。

2日間最後の峠越え。団子3兄弟と山王トンネル。14時ごろ通過。
a1-DSC_1097.jpg a1-DSC_1100.jpg

県境を越えると、一目散に我が家へ。
とにかく早くシャワーを浴びたい!冷たいビールにありつきたい!
という一心で、17時前には自宅に無事たどり着くことができた。

今回、日本でも屈指の豪雪地帯、人の往来もまばらな秘境ゾーンを、時間の制約をあまり気にせず、自転車で旅することができた。
獣たちのテリトリーと目される場所に、簡易ながらも舗装された国道、ダムやスノーシェッドなどの巨大建造物が整備されているのを見ると、その執念の力に圧倒されるというか、気の遠くなるような思いがしたり。
一方、難所を越えると必ず人里があり、ホッとさせられたが、地方に共通した問題で、商店街などは既に活気が失われつつあり、10~20年後はこれら美しい人里はどうなっているのだろうと思いにふけったり。
そんなことを取り留めなく考えながら、ペダルを漕ぎ続けた2日間だった。

PageTop

ソロツーリング奥只見行(1日目)

4年に一度のパリ・ブレスト・パリ(PBP)を走りたかったものの、仕事の関係でそれに合わせた休みが取れず、今年の夏休みは8月7日~13日と相成った。
PBPの敵討ちという訳ではないが、ロングツーリングに出かけたいなあと考えていたところ、思い浮かんだのが今回のコース。
5年前に400kmブルベで強烈な印象を与えてくれたそのコースを、時間を気にせず2日間で回るというもの。

まずは1日目(9日)のルート。
会津西街道を北上し、栃木・福島県境を越えた直後に国道352号に転進、檜枝岐、尾瀬(御池)、奥只見湖、枝折峠を経て、宿泊地の魚沼(小出)を目指す。


5時半に自宅を出発。
今日のお供はDeda号だ。装備はオルトリーブの大型サドルバッグと「熊鈴」のみ。
途中、高徳のファミリーマートで、県境の山王トンネルまでの補給食を調達。
龍王峡駅でトイレ休憩。この時点で7時半。薄曇りで、涼しく快適だ。
五十里湖を越え、三依の手前で、男鹿川を見下ろす。水がとても清らかだ。
a1-DSC_1001.jpg a1-DSC_1002.jpg

上三依の丁字路でパワージェルを食し、山王峠越えに取り掛かる。
9時ちょうどに県境通過。ゆっくり目のペースだ。
a1-DSC_1006.jpg

峠を下った所にあるヤマザキストアで、尾瀬(御池口)までの補給食を調達。
日が高くなり、暑くなってきた。

次の峠、国道352号の中山峠に取り掛かる。ピークまではそれほど長くないが、手前に勾配がきついところが2か所ほどある。
峠手前では現在供用中の橋の隣に、新しい橋が架設工事中だ。向かって左が工事中の新しい橋。橋脚の対比が面白い。
a1-DSC_1010.jpg

峠は標高975m。10時に通過。
ここではトンネルの新旧揃い踏み。左側の新しい方は、まだ供用開始となっていない。
a1-DSC_1013.jpg

峠を下ると高原らしい爽やかな風景と空気を楽しめる。
これは前沢の曲家集落入口。大内宿と異なり、見学するのに入場料が必要なので、遠くから眺めるだけでパス。
a1-DSC_1014.jpg

檜枝岐の手前、伊南川沿いにそびえる屏風岩。写真だと量感が出ない。
a1-DSC_1016.jpg

実は、今回のツーリングは、正午ごろに檜枝岐村にたどり着くように時間設定したのだ。
その理由は、「山びこ山荘」という民宿兼お蕎麦屋さんで、裁ち蕎麦を食すため。以前、ドライブで立ち寄った際に、美味しさに感銘を受けたお店だ。
が、入口に「今後は民宿のみの営業となります」との張り紙が・・・。う~ん、残念。

気を取り直して、御池口に向かう。
気温が高くなる一方、ボトルの水の残量に不安を覚えたので、七入のキャンプ場で管理人さんから水を分けてもらう。
御池のロッジを少し越えたあたりが、本日のチマコッピだ。標高はおおよそ1,500mくらい。
途中の「橅坂の清水」。
a1-DSC_1021.jpg

峠に向かっている途中で雲行きが怪しくなってきた。
九十九折が終わり、ブナ林の中を直登する箇所で、雨粒が落ちてきた。木陰に入り、雨宿りしようとすると、スズメバチがやって来て威嚇される。テリトリーを侵害しているのかも。少し進んで、別の場所に停まっても、まだ、追ってくる。
なので、良いペースで御池のロッジにたどり着いた。時刻は13時。
雨脚は強くなり、雨音がうるさいほどだ。その中を、登山客満載のバスが行き交う。

売店で補給食と水、アイスバーを調達し、売店前のベンチでしばし雨宿り。
峠を登ってきて身体が火照っていたため、アイスを所望したのだが、食した後は、肌寒いくらいだった。
休憩している際、脚をアブに食われた。
a1-DSC_1023.jpg

30分くらい休憩しているうちに、雨が弱まってきた。意を決して、リスタート。
峠を過ぎ、魚沼側に下ると、路面はドライ、雨が降った形跡もない。
少し下ると、日も差していた。山の天気はとても難しい。
a1-DSC_1027.jpg

福島・新潟県境に架かる金泉橋。数年前に台風に伴う豪雨で橋が流され、新たに架け替えられたものだ。
新潟県らしく、県境看板にはトキのイラストが。
a1-DSC_1028.jpg

国(酷)道352号の御池から小出の区間は「樹海ライン」と呼ばれ、人家がほとんどない、秘境地帯を往く。
携帯電話もドコモが通じる箇所が1か所あるのみで、圏外が続く。
持参した熊鈴の音量を全開にして進む。

この道は、ダム湖である奥只見湖を取り囲む山肌を縫うようにして走っている。
地形から沢水も多いのだが、沢水は橋を作って道路の下を通すのでなく、「洗い越し」と称し、道路の上を横切らせている。
川を横切らせている部分は、アスファルト舗装ではなく、コンクリート舗装で丁寧に窪みが付けてある。なので、二輪車が全速で突っ込むと危険だ。
これが名物の「洗い越し」。今回は水の量が少なかったが、雨の後などは、無数の洗い越しが出現する。
a1-DSC_1036.jpg a1-DSC_1038.jpg

奥只見湖を取り囲むセクションでは、2つと半、峠越えがある。距離は短いが勾配がきついので難儀する。
加えて、アブの攻撃。アブが止まるくらいの速度(Vab≒8km/h)しかでないので、格好の標的となる。
高所で奥只見湖を眺めながら一息。
a1-DSC_1040.jpg

洗い越しだけでなく、秘境ルートは普段はなかなかお目にかかれない風景にも出くわす。
遠方の山腹に見える横スジは、国道352号の法面。
「まさか、これからあの崖道に行くんじゃないよなあ」と思っていると、そのまさかだった。遠目にも勾配のきつさが分かる。
a1-DSC_1042.jpg

銀山平に至ると、民宿やお店などが現れ、ようやく人の活動領域となる。自販機でコーラと、目的地までの飲料水を調達。
本日の最後の峠越え、枝折峠だ。
実は、この日、枝折峠ではヒルクライムレースが行われており、15時まで交通規制が行われていた。
枝折峠に取り掛かった時点で16時を回っており、交通規制の影響はなかった。
レースが行われる小出側と異なり、奥只見側はいたって勾配が緩やか。
峠手前には巨大な赤いスノーシェッドがある。登り龍のようだ。
a1-DSC_1046.jpg

枝折峠ピークを通過。16時半。
魚沼側を眺めると、雨雲がかかり、ところどころ強い雨が降っているようだった。
a1-DSC_1047.jpg a1-DSC_1051.jpg

ヒルクライムが行われた道をひたすら下る。進行方向左側は断崖絶壁だ。
麓に「枝折峠は転落事故多発。初心者は迂回願います」旨の警告看板があったが、なるほど。
長い九十九折が終わり、大湯温泉に差し掛かるころ、激しい雷雨に遭遇。峠で見た雨雲は、この辺りに懸かっていたようだ。
峠からの下りで雨に遭わなかったのは、むしろ僥倖といえるかもしれない。

大湯スノーシェッド内で雨宿り。17時から約1時間半の大休止。行き交う車もほとんどなかった。
宿泊先に到着が遅れる旨を連絡。
a1-DSC_1054.jpg a1-DSC_1056.jpg

小降りになってきたのを見計らって、出発。
少し下ると、路面はハードウェットではあるものの、雨は完全に止んでいた。
見事な日没を眺めることができた。
a1-DSC_1058.jpg

本日の宿は小出駅駅前のホテルオカベ。19時着。
親切なホテルで、自転車を会議室のスペースで預かっていただいた。
宿の窓から小出駅を望む。駅の周辺ではあるが、人の気配は乏しく、地方都市共通の課題に悩んでいるようだ。
a1-DSC_1061.jpg

フロントで紹介された駅前の食堂で夕食。ビールとミソカツ定食を堪能。
女将さんに「自転車ですか。今日は人がたくさん集まったみたいですね。お疲れでしょう?」と声を掛けられた。
ヒルクライム参加者と勘違いされたようだが、否定するのも何なので、「ええまあ、くたびれました」と曖昧に返事した。
あれっ、ジャージから普通のTシャツに着替えていたのに、なぜ自転車乗りだと分かったんだろう?

食堂でのビールに加え、ホテルで缶酎ハイを注入。アルコールも手伝って、随分早い時間に寝落ちしたようだった。

PageTop

ソロツーリング奥只見行

8月9日~10日、奥只見湖方面にツーリングに出かけてきた。
5年前に400kmブルベで走ったのとほぼ同じルートで、決定的に違うのは、ちゃんとした宿に一泊したこと(笑)。
5年前も強烈なインパクトを与えてくれたコースだったが、2度目の今回も、とても印象深かった。
まずは、撮ってきた写真から。詳報は後日。

<1日目>
龍王峡駅で小休止。


清らかな男鹿川の流れ。
a1-DSC_1001.jpg a1-DSC_1002.jpg

山王峠。
a1-DSC_1006.jpg

中山峠手前の新旧の橋と、ピーク。
a1-DSC_1010.jpg a1-DSC_1013.jpg

前沢の曲家集落入口。
a1-DSC_1014.jpg

檜枝岐付近の屏風岩。
a1-DSC_1016.jpg

御池に向かう途中の「橅坂の清水」。
a1-DSC_1021.jpg

御池のロッジで雨宿り。肌寒いくらいだった。
a1-DSC_1023.jpg

魚沼側に下ると、路面はドライ、陽が射している。山の天気は難しい。
a1-DSC_1027.jpg

福島・新潟県境の金泉橋。
a1-DSC_1028.jpg

国(酷)道352号名物の「洗い越」。
a1-DSC_1036.jpg a1-DSC_1038.jpg

奥只見湖を展望。
a1-DSC_1040.jpg

遠方の山腹にあるスジは、これから向かう崖道。
a1-DSC_1042.jpg

枝折峠手前にある長大なスノーシェッド。登り龍のようだ。
a1-DSC_1046.jpg

枝折峠ピークと魚沼側の眺望。強い雨が降っているようだ。
a1-DSC_1047.jpg a1-DSC_1051.jpg

案の定、大湯温泉手前で雷雨。大湯スノーシェッド内で雨宿り。約1時間半の大休止。
a1-DSC_1054.jpg a1-DSC_1056.jpg

宿に向かう途中で日没。
a1-DSC_1058.jpg

ホテルから小出駅を望む。
a1-DSC_1061.jpg

<2日目>
ホテルの窓から見えた日の出と、出発に備えるDeda号。
a1-DSC_1063.jpg a1-DSC_1064.jpg

只見線、小出行きの一番列車に出遭う。
a1-DSC_1066.jpg

六十里越はスノーシェッドの連続、涼しくて助かった。スノーシェッドを出ると山岳風景が目に飛び込んでくる。
a1-DSC_1070.jpg a1-DSC_1072.jpg

ピークは県境。
a1-DSC_1075.jpg

回廊風のスノーシェッド。
a1-DSC_1080.jpg

下る途中のビューポイントで田子倉湖を望む。
a1-DSC_1081.jpg a1-DSC_1083.jpg

田子倉ダム。
a1-DSC_1087.jpg a1-DSC_1092.jpg

只見経由で会津田島に向かう。駒止峠ピーク。
a1-DSC_1096.jpg

2日間最後の峠越え。団子3兄弟と山王トンネル。
a1-DSC_1097.jpg a1-DSC_1100.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。