山ッチの自転車漂流記

ブルベをはじめ自転車にまつわる雑多なことを書き散らします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ソロツーリング奥只見行(1日目)

4年に一度のパリ・ブレスト・パリ(PBP)を走りたかったものの、仕事の関係でそれに合わせた休みが取れず、今年の夏休みは8月7日~13日と相成った。
PBPの敵討ちという訳ではないが、ロングツーリングに出かけたいなあと考えていたところ、思い浮かんだのが今回のコース。
5年前に400kmブルベで強烈な印象を与えてくれたそのコースを、時間を気にせず2日間で回るというもの。

まずは1日目(9日)のルート。
会津西街道を北上し、栃木・福島県境を越えた直後に国道352号に転進、檜枝岐、尾瀬(御池)、奥只見湖、枝折峠を経て、宿泊地の魚沼(小出)を目指す。


5時半に自宅を出発。
今日のお供はDeda号だ。装備はオルトリーブの大型サドルバッグと「熊鈴」のみ。
途中、高徳のファミリーマートで、県境の山王トンネルまでの補給食を調達。
龍王峡駅でトイレ休憩。この時点で7時半。薄曇りで、涼しく快適だ。
五十里湖を越え、三依の手前で、男鹿川を見下ろす。水がとても清らかだ。
a1-DSC_1001.jpg a1-DSC_1002.jpg

上三依の丁字路でパワージェルを食し、山王峠越えに取り掛かる。
9時ちょうどに県境通過。ゆっくり目のペースだ。
a1-DSC_1006.jpg

峠を下った所にあるヤマザキストアで、尾瀬(御池口)までの補給食を調達。
日が高くなり、暑くなってきた。

次の峠、国道352号の中山峠に取り掛かる。ピークまではそれほど長くないが、手前に勾配がきついところが2か所ほどある。
峠手前では現在供用中の橋の隣に、新しい橋が架設工事中だ。向かって左が工事中の新しい橋。橋脚の対比が面白い。
a1-DSC_1010.jpg

峠は標高975m。10時に通過。
ここではトンネルの新旧揃い踏み。左側の新しい方は、まだ供用開始となっていない。
a1-DSC_1013.jpg

峠を下ると高原らしい爽やかな風景と空気を楽しめる。
これは前沢の曲家集落入口。大内宿と異なり、見学するのに入場料が必要なので、遠くから眺めるだけでパス。
a1-DSC_1014.jpg

檜枝岐の手前、伊南川沿いにそびえる屏風岩。写真だと量感が出ない。
a1-DSC_1016.jpg

実は、今回のツーリングは、正午ごろに檜枝岐村にたどり着くように時間設定したのだ。
その理由は、「山びこ山荘」という民宿兼お蕎麦屋さんで、裁ち蕎麦を食すため。以前、ドライブで立ち寄った際に、美味しさに感銘を受けたお店だ。
が、入口に「今後は民宿のみの営業となります」との張り紙が・・・。う~ん、残念。

気を取り直して、御池口に向かう。
気温が高くなる一方、ボトルの水の残量に不安を覚えたので、七入のキャンプ場で管理人さんから水を分けてもらう。
御池のロッジを少し越えたあたりが、本日のチマコッピだ。標高はおおよそ1,500mくらい。
途中の「橅坂の清水」。
a1-DSC_1021.jpg

峠に向かっている途中で雲行きが怪しくなってきた。
九十九折が終わり、ブナ林の中を直登する箇所で、雨粒が落ちてきた。木陰に入り、雨宿りしようとすると、スズメバチがやって来て威嚇される。テリトリーを侵害しているのかも。少し進んで、別の場所に停まっても、まだ、追ってくる。
なので、良いペースで御池のロッジにたどり着いた。時刻は13時。
雨脚は強くなり、雨音がうるさいほどだ。その中を、登山客満載のバスが行き交う。

売店で補給食と水、アイスバーを調達し、売店前のベンチでしばし雨宿り。
峠を登ってきて身体が火照っていたため、アイスを所望したのだが、食した後は、肌寒いくらいだった。
休憩している際、脚をアブに食われた。
a1-DSC_1023.jpg

30分くらい休憩しているうちに、雨が弱まってきた。意を決して、リスタート。
峠を過ぎ、魚沼側に下ると、路面はドライ、雨が降った形跡もない。
少し下ると、日も差していた。山の天気はとても難しい。
a1-DSC_1027.jpg

福島・新潟県境に架かる金泉橋。数年前に台風に伴う豪雨で橋が流され、新たに架け替えられたものだ。
新潟県らしく、県境看板にはトキのイラストが。
a1-DSC_1028.jpg

国(酷)道352号の御池から小出の区間は「樹海ライン」と呼ばれ、人家がほとんどない、秘境地帯を往く。
携帯電話もドコモが通じる箇所が1か所あるのみで、圏外が続く。
持参した熊鈴の音量を全開にして進む。

この道は、ダム湖である奥只見湖を取り囲む山肌を縫うようにして走っている。
地形から沢水も多いのだが、沢水は橋を作って道路の下を通すのでなく、「洗い越し」と称し、道路の上を横切らせている。
川を横切らせている部分は、アスファルト舗装ではなく、コンクリート舗装で丁寧に窪みが付けてある。なので、二輪車が全速で突っ込むと危険だ。
これが名物の「洗い越し」。今回は水の量が少なかったが、雨の後などは、無数の洗い越しが出現する。
a1-DSC_1036.jpg a1-DSC_1038.jpg

奥只見湖を取り囲むセクションでは、2つと半、峠越えがある。距離は短いが勾配がきついので難儀する。
加えて、アブの攻撃。アブが止まるくらいの速度(Vab≒8km/h)しかでないので、格好の標的となる。
高所で奥只見湖を眺めながら一息。
a1-DSC_1040.jpg

洗い越しだけでなく、秘境ルートは普段はなかなかお目にかかれない風景にも出くわす。
遠方の山腹に見える横スジは、国道352号の法面。
「まさか、これからあの崖道に行くんじゃないよなあ」と思っていると、そのまさかだった。遠目にも勾配のきつさが分かる。
a1-DSC_1042.jpg

銀山平に至ると、民宿やお店などが現れ、ようやく人の活動領域となる。自販機でコーラと、目的地までの飲料水を調達。
本日の最後の峠越え、枝折峠だ。
実は、この日、枝折峠ではヒルクライムレースが行われており、15時まで交通規制が行われていた。
枝折峠に取り掛かった時点で16時を回っており、交通規制の影響はなかった。
レースが行われる小出側と異なり、奥只見側はいたって勾配が緩やか。
峠手前には巨大な赤いスノーシェッドがある。登り龍のようだ。
a1-DSC_1046.jpg

枝折峠ピークを通過。16時半。
魚沼側を眺めると、雨雲がかかり、ところどころ強い雨が降っているようだった。
a1-DSC_1047.jpg a1-DSC_1051.jpg

ヒルクライムが行われた道をひたすら下る。進行方向左側は断崖絶壁だ。
麓に「枝折峠は転落事故多発。初心者は迂回願います」旨の警告看板があったが、なるほど。
長い九十九折が終わり、大湯温泉に差し掛かるころ、激しい雷雨に遭遇。峠で見た雨雲は、この辺りに懸かっていたようだ。
峠からの下りで雨に遭わなかったのは、むしろ僥倖といえるかもしれない。

大湯スノーシェッド内で雨宿り。17時から約1時間半の大休止。行き交う車もほとんどなかった。
宿泊先に到着が遅れる旨を連絡。
a1-DSC_1054.jpg a1-DSC_1056.jpg

小降りになってきたのを見計らって、出発。
少し下ると、路面はハードウェットではあるものの、雨は完全に止んでいた。
見事な日没を眺めることができた。
a1-DSC_1058.jpg

本日の宿は小出駅駅前のホテルオカベ。19時着。
親切なホテルで、自転車を会議室のスペースで預かっていただいた。
宿の窓から小出駅を望む。駅の周辺ではあるが、人の気配は乏しく、地方都市共通の課題に悩んでいるようだ。
a1-DSC_1061.jpg

フロントで紹介された駅前の食堂で夕食。ビールとミソカツ定食を堪能。
女将さんに「自転車ですか。今日は人がたくさん集まったみたいですね。お疲れでしょう?」と声を掛けられた。
ヒルクライム参加者と勘違いされたようだが、否定するのも何なので、「ええまあ、くたびれました」と曖昧に返事した。
あれっ、ジャージから普通のTシャツに着替えていたのに、なぜ自転車乗りだと分かったんだろう?

食堂でのビールに加え、ホテルで缶酎ハイを注入。アルコールも手伝って、随分早い時間に寝落ちしたようだった。

PageTop

ソロツーリング奥只見行

8月9日~10日、奥只見湖方面にツーリングに出かけてきた。
5年前に400kmブルベで走ったのとほぼ同じルートで、決定的に違うのは、ちゃんとした宿に一泊したこと(笑)。
5年前も強烈なインパクトを与えてくれたコースだったが、2度目の今回も、とても印象深かった。
まずは、撮ってきた写真から。詳報は後日。

<1日目>
龍王峡駅で小休止。


清らかな男鹿川の流れ。
a1-DSC_1001.jpg a1-DSC_1002.jpg

山王峠。
a1-DSC_1006.jpg

中山峠手前の新旧の橋と、ピーク。
a1-DSC_1010.jpg a1-DSC_1013.jpg

前沢の曲家集落入口。
a1-DSC_1014.jpg

檜枝岐付近の屏風岩。
a1-DSC_1016.jpg

御池に向かう途中の「橅坂の清水」。
a1-DSC_1021.jpg

御池のロッジで雨宿り。肌寒いくらいだった。
a1-DSC_1023.jpg

魚沼側に下ると、路面はドライ、陽が射している。山の天気は難しい。
a1-DSC_1027.jpg

福島・新潟県境の金泉橋。
a1-DSC_1028.jpg

国(酷)道352号名物の「洗い越」。
a1-DSC_1036.jpg a1-DSC_1038.jpg

奥只見湖を展望。
a1-DSC_1040.jpg

遠方の山腹にあるスジは、これから向かう崖道。
a1-DSC_1042.jpg

枝折峠手前にある長大なスノーシェッド。登り龍のようだ。
a1-DSC_1046.jpg

枝折峠ピークと魚沼側の眺望。強い雨が降っているようだ。
a1-DSC_1047.jpg a1-DSC_1051.jpg

案の定、大湯温泉手前で雷雨。大湯スノーシェッド内で雨宿り。約1時間半の大休止。
a1-DSC_1054.jpg a1-DSC_1056.jpg

宿に向かう途中で日没。
a1-DSC_1058.jpg

ホテルから小出駅を望む。
a1-DSC_1061.jpg

<2日目>
ホテルの窓から見えた日の出と、出発に備えるDeda号。
a1-DSC_1063.jpg a1-DSC_1064.jpg

只見線、小出行きの一番列車に出遭う。
a1-DSC_1066.jpg

六十里越はスノーシェッドの連続、涼しくて助かった。スノーシェッドを出ると山岳風景が目に飛び込んでくる。
a1-DSC_1070.jpg a1-DSC_1072.jpg

ピークは県境。
a1-DSC_1075.jpg

回廊風のスノーシェッド。
a1-DSC_1080.jpg

下る途中のビューポイントで田子倉湖を望む。
a1-DSC_1081.jpg a1-DSC_1083.jpg

田子倉ダム。
a1-DSC_1087.jpg a1-DSC_1092.jpg

只見経由で会津田島に向かう。駒止峠ピーク。
a1-DSC_1096.jpg

2日間最後の峠越え。団子3兄弟と山王トンネル。
a1-DSC_1097.jpg a1-DSC_1100.jpg

PageTop

久しぶりの実走、久しぶりの更新

ゴールデンウイーク後、何かと忙しく、6月に入ってからは、自転車には全然乗れずにいた。
最後に自転車に乗ったのは、5月31日という始末。こんなに自転車に乗れていないのは、5年前に落車・骨折して以来のことではないか?
で、今日(6月28日)、4週間ぶりに自転車に乗った。
雨は降っていないものの、雲行きが怪しいので、遠出はあきらめ、小来川を時計回りコースへ。
久しぶりの実走だったせいか、文挾手前の短い坂で足が攣るという体たらく・・・。

周回コースでは反時計回りの多くのサイクリストとすれ違った。
峠やゴルフ場の上り坂では息が上がり、情けない思いをしたが、汗をかき、風を切る感覚はやはり気持ち良い!
約2時間半のライドを楽しみ、お昼前に自宅に戻った。
午後は、家族サービスの予定。

PageTop

自転車搬送

今日は、川崎で独り暮らしを始めた息子に、自転車を届けてきた。
もちろん、自走で。

対象の自転車はMTBジャイアント号。妻、二女が一時期使用していたが、ほったらかしになっていたものだ。

今日の予定ルート。


8時ごろ自宅を発ち、田川サイクリングロードを南下する。途中、土手沿いに芝桜の植え込みを発見。
田川CRは久しぶりだが、前は芝桜なんてなかったよな。


道の駅しもつけの側を通過。
a1-DSC_0863.jpg

下野市付近の風景。雑木林に新緑が芽吹き、すがすがしい。
いつの間にか、春本番である。
a1-DSC_0864.jpg

小山、結城、古河、境と駒を進める。
境大橋から利根川下流方面、上流の関宿城方面を眺める。
a1-DSC_0867.jpg a1-DSC_0869.jpg

千葉県に入ってすぐのファミリーマートで小休止。ここは先般の600kmブルベでPCとして利用したところだ。
a1-DSC_0870.jpg

実は、この後、スマホのカメラが不調となり、道中の写真がない。
それだけでなく、この道中、トラブル満載であった。
まず、結城市付近で、車軸トラブルが発生。先日、素人メンテしたのが裏目に出たようだ。
騙し騙し走り続けたが、ガタが無視できない程度となり、与野駅近くの自転車店「人力車」さんに立ち寄り修理。
ハブのワンが緩んでいただけでなく、何とベアリングが1個不足していた!

風にも翻弄された。終始強い南風が吹き付け、MTBの太いタイヤと相まって、進まないこと、進まないこと。
加えて、都内の信号峠にも脚を削られた。

135kmを8時間以上かけて、ようやく息子のアパートに。
着く直前にLINEで連絡したのだが応答なし。そのころ、息子はスマホ水没というトラブルに見舞われていたのだった。

自転車の引き渡しは無事終了。息子にシャワーを借り、サッパリしたところで、帰路につく。
もちろん、帰りは電車だ。

新宿から湘南新宿ラインに乗り、ようやく人心地つく。
車中、スマホにリセットを掛けたら、カメラの機能が復活した。
記念にアルコール燃料の写真をパチリ。
a1-DSC_0871.jpg

自宅に戻ると、獲れたてのイチゴが待っていてくれた。
疲れているせいか、とても美味しゅうございました。
a1-DSC_0872.jpg

本日の距離:135km

PageTop

今年初実走

昨年の11~12月、週末はラン中心のメニューで、そのせいか膝を痛めたりして、自転車にはほとんど乗れずじまいだった。
加えて、大晦日の夜、実家の掘りごたつでうたた寝している際に腰を痛め、正月休みにも自転車に触れることさえ叶わなかった。
で、今日(1月10日)、ようやく今年の初乗りが叶った。
10時ごろ自宅を発ち、目指すは佐野の唐沢山。
合戦場、大平下、岩舟、犬伏経由で唐沢山にアプローチ。
大平下~岩舟は吹き曝しの向い風で、サイコンを見ると15km/hとなることもしばしば。自転車を置いて、電車で帰ろうかとも真剣に考えたほどだ。
が、初乗りでDNFというのも縁起が悪いので、我慢しながら唐沢山入口まで辿り着いた。

鳥居のところから斜度が増していく。久しぶりの実走なので微妙にきつい。
九十九折に至り、視界が開ける。途中、東京方面を望む。写真では判らないが、スカイツリーも視認できた。


唐沢山の西麓にあるセブンイレブンで小休止。カロリー値の高いコッペパンで補給し、琴平峠を目指す。北西の風が強く、20km/hくらいでチンタラ走る。
葛生の壱番館でトイレ休憩。ここで久しぶりにkymさんにお会いした。1年ぶりくらいでしょうか?
kymさんいわく、「琴平で今、へばな上人が回峰の鍛錬をされている。柏倉側は追い風で漕がなくても40km/hオーバーで行ける」。貴重な情報ありがとうございました、

琴平峠を登り始める。カーブNo.30付近で、kymさんの情報どおり、へばな上人に遭遇。上人は新しいミニベロに乗られていた。
a1-DSC_0603.jpg

新年の挨拶や近況交換、新しいミニベロのことなど、しばし話し込む。上人の鍛錬の邪魔をしては罰が当たるので、別れの挨拶をして先に進む。
柏倉側は情報どおり、追い風を受け、40km/h超の快適なクルージングを楽しめた。途中、向い風を受け必死に漕ぐローディ1台とすれ違ったが、追い風と向い風とで、こうも違うとは・・・。

帰路も北西の風に苦しめられたが、区間によっては助けられたりして、15時前には帰宅することができた。

本日の距離:104km

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。